自動車の燃費測定方法が2018年10月から変わるようです。

新しい燃費測定方法「WLTC」とは

WLTCとは、Worldwide harmonized Light duty Test Cycleの略で国連でまとめられた世界基準となる燃費測定方法です。

なぜ燃費測定方法を全世界共通の基準で行うかと言うと、自動車メーカーのグローバル展開によって同一車種でも国によって表示される燃費が違う問題や、排気ガスによる大気汚染や地球環境問題などに対応するためだそうです。
前者はメーカーにとっても一度のテストで全世界的に販売ができるメリットがありますし、後者については年々厳しくなる排気ガス規制への対応を全世界的に展開する為にはそもそもの基準を統一しなければ不可能だという事でしょう。

現在日本で使用されている「JC08」は、2011年以前に使用されていた「10・15モード」があまりにも実態を反映していない事により切り替えられました。
今回の「WLTCモード」はそれとは異なる理由によるものですが、JC08モードより更に実態を反映しているので消費者にとっては歓迎されるべき変更でしょう。
結果として実態を反映するので、WLTCでの測定値はJC08の測定値より低くなる傾向があります。

「WLTC」の中身について簡単に

WLTCは日本、米国、欧州、印度、韓国の5地域の走行実態をベースに策定されているため、日本の実態よりも高い速度・加速度も使用されています。

WLTCの測定方法は、車両をPWR(Power Mass Ratio(W/kg))と最高速度に応じてClass1、2、3a、3bの4つのクラスに分けていますが、日本で販売されている乗用車は基本的にClass 3bに分類されています。

WLTC、JC08、10・15を簡単に比較すると、
  WLTC
 クラス3b 
   JC08    10・15  
 平均速度 
(km/h)
36.5724.4122.7
最高速度
(km/h)
97.4081.6070
運転時間
(s)
1,4771,204660
走行距離
(km)
15.018.1725.165
アイドリング
(%)
15.429.7--

と、この表の様になります。WLTCモードの測定の流れについて、非常にわかりやすい動画がYouTubeにありましたのでご紹介します。

WLTCとなりより実態を反映する変更として
  • 試験車両重量が実際の重量に近くなった
  • 風洞室内で走行状態を作り出す為、机上で算出した空気抵抗ではない
  • 100%冷間始動となる
  • アイドリングストップの時間が相対的に短くなり平均速度が上がった
  • 最高速度が上がった
  • ハイブリッド車や電気自動車に専用の測定プログラムが用意された
JC08モードでは特定のグレードだけ重量区分を1つ下げて燃費表示を稼ぐ手法が横行していますが、WLTCでは重量区分も細分化されるのでこの方法は難しくなるでしょう。
しかし、今のところWLTCではJC08と同様にエアコンや電装品等は考慮されていません。表示される燃費は参考程度なのですから、少なくてもエアコンはONの状態で計測して欲しいと思います。

「WLTC」の燃費表示について

10・15モードやJC08モードでは燃費の表示が1種類でわかりやすかったのですが、WLTCでは走行状況に応じた3種類が新たに表示され合計4種類(日本における運用)となります。
  • WLTCモード
    → 以下の各モードの平均的な使用時間で構成した数値
  • 市街地モード
    → 信号や渋滞の影響を受ける比較的低速な走行状況
  • 郊外モード
    → 信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行状況
  • 高速道路モード
    → 高速道路等での走行状況
c7bfee9e
(出典 : 経済産業省「燃費の表示方法が変わります!」資料より)

先日、マツダ(CX-3 SKYACTIV-G 2.0(公式HP))が他社に先駆けてWLTCモードの認可を受けた数値を発表しましたが、その数値を見ると、
  • JC08モード   : 17.0km/L
  • WLTCモード : 16.0km/L
     市街地モード  : 12.2km/L
     郊外モード   : 16.8km/L
     高速道路モード : 18.0km/L
とこの様に4種類のモードが表示される事により、私達にとっては日常の使用目的に合った車選びができるという利点があります。
例えば、都会に住んでいる人は市街地モード、北海道に住んでいる人は郊外又は高速モードの燃費に着目するとより参考になるでしょう。



参考資料