引越して2ヶ月、いよいよ趣味部屋も手を付け始めました。
【関連記事】引越し先を決めてきた

PC用の追加モニタが欲しい

引越し前は1LDKと部屋が狭い事もあり、基本的にはノートPC単体で仕事を含め様々な作業を行っていましたが、illustratorやPhotoshopなどを使用する際は追加のモニタとして「TOSHIBA REGZA 19A1」というテレビを使用してきました。

そんな中、先日実家のPCの調子が悪くなったことで、私の追加モニタは当面仮設PC(Mouse-Computer m-Stick MS-NH1)用モニタとして使用される事になりました。
元々追加モニタを使用する頻度はそれほど高く無かったものの、SONY VAIO Tap11をメイン機種として使用している身としては、Adobe系ソフトを使用する時には作業性の面で必ず必要なモノです。

購入するモニタの条件を色々と考えてみる

実は無くてもなんとかなる事は横に置き、PCモニタを購入するチャンスが到来と脳内変換する事に成功しました。
幸運な事に我が家では嫁への説得という作業は不必要なのですが、残念ながら金銭的にもスペース的にも無限では無いので、必要最低限のスペックを精査する事にしました。
  • 設置に関する条件
    ▶おおよそ19~21型程度
    ▶ディスプレイアームを使用するので、VESAマウントがある
設置予定箇所については、DIYで制作する棚の中にPC作業台があるイメージなので、あまりディスプレイの大きさに拘る必要はありません。しかし、大きすぎるディスプレイはかえって邪魔になるので、これまで追加モニタとして使用していたテレビと同等の19インチ程度で充分です。
但し、作業台の奥行きがあまり無いので、ディスプレイアームの使用は絶対条件となります。
  • 性能に関する条件
    ▶HDMI接続
    ▶アンチグレア液晶
PCゲームを全くしないので、応答性などを気にする必要はありません。Adobe系のソフトを使用するものの、色の再現性なども簡易的な作業では重要ではないので今回は考慮しません。
PCとの接続は所有するHDMIケーブルで行いたいとの、個人的に画面に電気が反射するのが嫌いなのでアンチグレアだけは絶対条件とします。

今回は画質やパネルの種類・性能にほぼ縛られる事が無いので、とにかくコストパフォーマンスに優れた製品を探すことにしました。

ヨドバシカメラに見に行った結果

View Sonic VX2263Smhl

DSCF1344
条件を念頭に置いてヨドバシカメラで実機を見に行ってみましたが、残念ながらモニタの商品数が極端に少なく、取り扱いメーカーはEIZO・IOデータ・Acer・LG・DELLとView Sonicだけでした。また、売り場のほとんどはEIZOとIOデータのモニタでしたので、ヨドバシカメラ札幌店では実質的にこの2メーカーからの選択になります。
【追記 180618】
記事公開から3年以上経過したものの、現在でもヨドバシカメラ札幌店のPC用モニタの品揃えはあまり良くありません。ハイエンド商品がやや勢力を伸ばし、安価な製品はあまり店頭には置いていない印象です。
あまりに選択肢が無いので横のDEPOツクモ札幌駅前店に行こうと思いましたが、わずかな距離の移動が面倒だったのと、今回のモニタは正直何でも良かったので結局ヨドバシカメラに展示してある中から選んだ結果、View Sonic VX2263Smhlになりました。

DELL製などは比較的安価な製品があったものの、見た目が良い機種ほどVESAマウントが無かったり光沢液晶だったりと、条件に当てはまる機種がありませんでした。

View Sonicはアメリカでは割とメジャーなメーカーらしいのですが、今年日本市場に本格参入したばかりだそうです。海外居住時もこのメーカーが目に止まった事はありませんでしたが、なんとなく大丈夫だろうと適当な感じで購入したのは、価格が21,800円だったからです。

帰宅後すぐに開封してみましたが、消去法で購入することになったView Sonic VX2263Smhlの初見の感想は「微妙」という以外にありません。
DSCF1347
デザインが優れているDELLやLGの23インチ液晶と見比べると、正直「何だコレは??」と言ってしまうほど安っぽく感じます。
全体的なデザインについては職場で使用しているEIZOなんかも特別良いわけではないのですが、View Sonicは素材の見直しなども含めてもう少し頑張って欲しいと思います。

今回は筐体の見た目をあまり気にせず、条件にピッタリと合った想定通りのモノを購入できたので、個人的には全体として割と満足しています。
DSCF1349

View Sonic VX2263Smhlの評価

設置して2時間程度使用した印象です。ディスプレイアームを使用しているので、純正の足を付けてガタガタ言うかなどは不明です。

いいねヽ(=´▽`=)ノ
  • 発色は自然で綺麗だし自分好み(比較対象はTOSHIBA REGZA 19A1)
  • ベゼルが狭いので、スマートな印象
  • 消費電力が少な目でECO
  • HDMI接続ができる
  • 本体が軽いので、ディスプレイアームに装着する時に楽
う~ん(´・ω・`)
  • とにかく見た目が安っぽい
  • 視野角178°は無い、が真正面からしか見なければ問題無し
  • HDMI端子の差込口の工作精度が悪い
  • 15,000円くらいならお得感がある
特に何も調べず購入したものの、結果として普通に使う分には充分だと思いました。

【追記180618】 まだ使用中

記事公開から約3年が経ちましたが、View Sonic VX2263Smhlは常設では無いものの未だ現役で稼働中です。

記事作成時点では常設の2ndディスプレイとしての運用しか想定していなかったものの、割とすぐ後に私の趣味部屋を別の用途で使用する事になり、以降は必要時に使用する感じになっています。

その中で、幾つか良い点・悪い点などがありました。
  • サイズが小さく本体が軽いので、別の場所に持ち運んで使用する事が容易
  • 画面のチラツキなど劣化を感じさせる現象が無い
  • 純正モニタ-スタンドは少しガタガタする
  • 純正モニタ-スタンドの調整機能が無いに等しい
元々考えていた使い方では無いところで感じた不満なのでフェアではありませんが、ディスプレイの角度調整機能の使い勝手がよくありません。スタンド自体もガタガタ言うので、ディスプレイアームに取り付けて使用することをオススメします。

View Sonicは記事公開からこれまで特に大きく立ち位置を変えているようには見えませんが、液晶ディスプレイのラインナップはかなり充実しています。
デザイン面でもかなり頑張っていると感じるので、再びPCモニタを買う時はView Sonicは筆頭候補として考えたいと思います。






(Last Editing Date : 2018 / 06 / 18)