今年のキャンプ用品アップデートは、憧れの2バーナー!!

AlpenOutdoors FlagshipStore

ちょうど1年前、札幌に北海道初上陸となるアルペンアウトドアーズフラッグシップストア札幌発寒店がオープンしました。

札幌には、秀岳荘や好日山荘、また既存のアルペンやゼビオといったスポーツショップなど大型のショップだけでも結構な数が存在します。
しかし、約1,000坪の売り場、300ブランド、商品数7万点という道内最大級の規模を誇るアルペンアウトドアーズフラッグシップストアは、少なくても我が家の様な「たまにキャンプに行く程度」の一般家庭にとって、一箇所で全てが揃うという点で非常に素晴らしいお店であると言えます。

子どもを連れて行ってみた

今回は後述の目的を達成するため、一家揃ってアルペンアウトドアーズフラッグシップを訪れました。このお店、店内にそこそこの規模のキッズスペースがあるため、子どもが飽きることなくお買い物に付き合ってくれるので、本当に助かります。
IMG_8751
また、店内には様々なアウトドア用品が展示されており、多くの物は実際に触って使い勝手などを確認することが可能ですが、それらも子ども達にとっては遊具の1つとなるので、大人もしっかりとモノを確認しながら買い物をする事ができます。
IMG_8746 IMG_8738

今回訪れた目的とは

我々がアルペンアウトドアーズフラッグシップを訪れた理由は、今年度の我が家のキャンプ用品アップデートにおいて、ついに2バーナーを導入することにしたためです。

実は、2バーナーに関しては一昨年あたりから購入を検討し始めました。キッカケは、試練のキャンプ時の朝食です。
大人だけでキャンプをする場合、朝飯に多少時間をかけたとしても、それ自体が楽しい時間となります。また、子連れでも子どもが小さければ誤魔化して時間稼ぎができていましたが、一昨年は嫁さんが不在だったこともあって、いかにして素早く朝食を用意するかを問われました。
MVIMG_20190707_072711



そこで昨年1年間様々なトライをした結果、2バーナー導入が最も正しい選択だろうという事に落ち着き、2021年のキャンプシーズンを前についに導入することになりました。

テント泊後の朝に革命は起きるのか

UNIFLAME ツインバーナー US-1900

2バーナーという製品は選択肢が結構ありますが、我が家が購入したのは、UNIFLAME ツインバーナー US-1900です。
DSC_0031

US-1900な理由

UNIFLAME ツインバーナー US-1900は、キャンプ用品の本に必ず載っているほどの定番品で、実際に使用している方も非常に多い製品です。

我が家の場合、というかUS-1900を購入した方の大半は同意見でしょうが、
  • カセットボンベ(CB缶)が使える(ランニングコストが安い)
  • 3,900kcalの高出力(レギュラーガスだと3,000kcal)
  • パワーブースターによりドロップダウンが起きづらい(らしい)
  • 使い勝手が良い(はず)
  • 見た目が抜群に良い
といった理由により、US-1900を選びました。SOTOのレギュレーター2バーナー GRID ST-526も検討しましたが、火力でUS-1900に軍配が上がった形です。

US-1900は、火力調整のツマミを回してガスを出した状態で、点火装置をカチッカチッと操作して火をつける仕様ですが、その辺は慣れが必要かなと思います。ただ、ガソリン式の2バーナーの場合、ポンピングなどひと手間かかるため、比較的運用が楽であることには変わりません。

嫁さん目線で言うと、汁受け部がステンレス製でお手入れが楽そうな事と、汁物がはねた場合だと汚れが前に集まってくれるので良さそうだとの事でした。

2バーナーを買ったらテーブルもいるよね?

という事で、US-1900の購入と同時にキッチンテーブルも購入しました。キッチンテーブルも、コールマンのオールインワンキッチンテーブルというスタンダードな物となりました。
DSC_0027
このキッチンテーブルは、何より収納時の大きさがとてもコンパクトでありつつ、広げた時の大きさは充分にあるのが魅力です。また、価格もキッチンテーブルの中では安価ですし、見た目も悪くありません。

US-1900と組み合わせてみると、すぐにでもキャンプに行って使ってみたいと思ってしまいます。
DSC_0033

新しいキャンプギアにテンションが上がる子ども達

息子①はすでにキャンプ好き、まぁ息子②はよくわかっていないと思いますが、我が家の新兵器に2人ともテンションが上がります。

息子①が「US-1900はかなり格好良い!!」と言っており、「これで色々な料理が出来るね!!」とも言っていたので、これらを何のために購入したかを理解しているようです。今年のキャンプでは、息子①にも何かを作ってもらいましょう。
IMG_8778 IMG_8781

US-1900に期待すること

今年のキャンプは、おそらく5月下旬から月1~2回のペースで9月中旬まで数回程度だと思いますが、その中で我が家初のキャンプカレーをはじめ様々なメニューに挑戦する年となりそうです。

すでに嫁さんとはその辺りの打合せを始めており、クッカーその他キッチン周りで必要な物については、今月後半~来月前半あたりにアルペンアウトドアーズフラッグシップに再び訪れて揃える予定です。

US-1900は、朝食問題の解決のみならず、我が家のキャンプ飯全体に強い影響を与えてくれるでしょう。使い勝手や性能という点では、ずてに多くの方が愛用している定番品であるため、現時点では全く不安を感じていません。

一緒に買っちゃったもの...

アルペンアウトドアーズフラッグシップでは、他にもクレイモア ウルトラだったり、薪を入れる袋だったりを買ってきました。買った後に嫁さんに言ったのですが、そんなにランタン集めてどうするの?と不思議な顔をされましたが、テーブルが増えたらランタンも増えますよね?
DSC_0040
また、これまでは薪を裸で持ち歩いていましたが、いつも置き場所に困っていたこともあり、専用の袋を買いました。 約22kgの息子①を入れても破れない、とても頑丈な袋です。
IMG_8788
我が家の2021年のアウトドアシーズン開幕まであと僅かとなりましたが、今年はテントを新調し、2バーナーも導入した事で、本当に楽しみで仕方ありません。