1歳直前の息子を連れて、地元のお祭に行ってきました。

嫁の実家から私の実家へ直行

先日公開した息子の従兄弟を見に道東へ行った帰りに、ちょうど樽前山神社例大祭が執り行われている、私の地元に行ってきました。
当初は自宅に戻る予定でしたが、ジジババ(私の親)が最近孫の顔を見ていないと文句を行ってきたので、急遽予定を変更しての地元入りとなりました。

すぐにお祭り会場へ!!

そんな事情もあってバタバタしましたが、せっかくなので私の地元では有名なお祭りに行かない手はありません。嫁の実家を昼頃に出発したので、私の実家には夕方到着する事ができていたので、すぐに息子を甚平に着替えさせてお祭りに繰り出します。
IMG_2618
毎年提灯が飾られる道を上がっていきますが、時間帯的にも丁度人が多くなる頃で、思いがけない人混みの中を歩いていきます。
IMG_2634
ようやく樽前山神社の巨大鳥居をくぐると、数多くの屋台の存在を感じさせないほどの人々が目に入りました。私の地元で普段このような人混みを経験する事は無く、一体みんなどこに住んでいるのだろうと毎年不思議に思う光景です。
IMG_2638

ビクビクしながら周りを観察する息子

まだ1歳に満たない息子は、100%事態を理解できていないと思います。これほどの人混みに入ることもありませんし、祭りの活気を感じることも人生初の出来事ですから、明らかに怖がっているのがわかり少し人のいないエリアで様子を伺います。
IMG_4272
ジジババも息子のご機嫌を取ろうとコミュニケーションを図ります。私も嫁も交代で抱っこしますが、すでに長距離移動で疲れており、さらに祭り会場に圧倒されている息子のご機嫌は中々回復してくれません。

なんとかお祭りを楽しみました

お祭り(屋台)が大好きな嫁が必死に息子をあやし続けると、ようやく息子の顔にも笑顔が戻り、緊張が少し解けてきたようです。それを見計らって、嫁がどうしてもグルっと廻りたいというので幾つかの屋台を巡ってきました。
IMG_2653

息子、人生初めてお神輿を見る

私自身も地元に住んでいた時には(夜まで出歩けなかったため)ほぼ見たことが無い神輿ですが、せっかくなので今年は見て行くことにしました。まだまだ活気がある中で神輿が登場し、会場のボルテージも上がっていきます。
IMG_2655
お祭りの最後となる神輿渡御を見るために、20時前後になっても本当に多くの人々が会場に残っており、信じられないくらいの熱さを感じます。
IMG_2728
1歳に満たない息子がこの光景を覚えている事は無いでしょうし、場の空気感に慣れてからは寝たり起きたりしていますが、なんとなく雰囲気を楽しめつつあるのかなとは感じました。

中々このような丁度よい規模のお祭りを体験する事はできませんし、これから毎年の様に参加できれば良いなと思います。息子もきっと数年後にはクジを引いたり、屋台で何かを買って食べたりするのでしょうが、今はまだその姿を想像する事はできません。
IMG_2773
結局最後までお祭り会場にいたので、松明の火に見送られながら帰路を急ぎました。また来年、その時の息子はどうなっているのでしょうか。
IMG_2763