今季初めての本格的な雪遊びをしてきました。

羊ケ丘スノーパークとは

羊ケ丘スノーパークは、クラーク博士像で有名な観光地であるさっぽろ羊ケ丘展望台敷地内で2020年1月10日~3月8日(期間中10:00~16:00)まで開催される、雪遊び体験イベントです。
kiji1Img
(出典 : たびらい 北海道

今冬は、これまで少雪の影響で雪遊びの幅がかなり制限されてきましたが、1月中盤~2月に入ってから降った大雪のおかげで、街中も公園も例年通りの雪景色となりました。

そこで、今年は雪が少なすぎてわざわざ定山渓から雪を運んで開催にこぎつけた羊ケ丘スノーパークに、初めて参戦してきました。

▼少雪の影響についてはコチラ▼

羊ケ丘スノーパークでできること

羊ケ丘スノーパークでは、さっぽろ羊ケ丘展望台への入場料以外に遊びにかかるお金は無く、小さな子どもを持つ家庭には助かるイベントです。

羊ケ丘スノーパークでは、
  • 歩くスキー
  • チューブすべり(1人乗り、2人乗り)
  • スノーストライダー(2~5歳限定)
  • ミニ雪だるま作り
  • かまくら
  • スノースライド
の6つの遊びが体験できます。基本的に持参するのは防寒具のみで、上記の遊びのために必要な道具類は全て現地で無料貸し出しがあります。

いざ、真っ白な雪原へ

羊ケ丘スノーパークで半日遊んでみた

札幌市中心部から車で20~30分の所、具体的に言えば札幌ドームの横にある羊ケ丘展望台に、お馴染みのA君一家と建国記念の日(昨日)の朝10時半に集合です。
祝日なので相当の人混みを覚悟して来ましたが、意外とそれほどでもなく、レストハウス近傍に車を停めることができました。
DSC_0657
事前に羊ケ丘展望台のレストハウス内にキッズルームが完備されているとの情報を得ていたので、息子②も連れ立っての参戦となりました。気温も低すぎず、天候には非常に恵まれた中での雪遊びにワクワクが止まりません。
DSC_0637

すぐに遊び場へ向かうと言う息子①

A君一家が渋滞のため少し遅くなるとの事なので、一足先に遊びに行きます。羊ケ丘スノーパークの会場は大きく2~3つに分かれていますが、今回はオーストリア館および羊ケ丘レストハウス裏に設営された、チューブ滑りとスノーストライダーが楽しめるエリアに集中する事にしました。
DSC_0638
息子①がまずはチューブ滑りをやりたいと言うので、私と2人でチューブを借りて滑ります。見た目はそれほど傾斜も無く、とても短い坂ですが、滑ってみると中々面白く息子①は大喜びです。

人が少なかった事も幸いし、いちいちチューブを返却して待機列に並ぶ必要が無かったので、連続で5回くらい滑ってきました。
DSC_0640

A君と合流後、スノーストライダーで遊び倒す

チューブ滑りを楽しんでいると、A君一家が到着し合流しました。早速息子①とA君は何やら楽しそうに喋りながら、先程までいた雪遊びエリアに歩いていきます。
息子①が0歳の頃からの付き合いですが、4歳前後になって急に2人だけで意思疎通をして遊ぶ事が増えたりと、毎回子どもたちの成長を感じさせてくれます。

息子①はA君の遊びたいモノで遊ぶ方針らしく、A君がスノーストライダーを手に取ると息子①もそれに追随します。2人ともすでにキックバイクから自転車に移行しているため、雪上でも上手にバランスを取る事ができ、初っ端から楽しそうに遊んでいました。
DSC_0655
そして、これも人が少ない事を良いことに、なんと1時間もスノーストライダーを乗り回しました。ほぼ傾斜が無いストレート一本、私から見れば何が楽しいのかわからないコースを端から端まで2人とも汗だくになって往復し続けました。

彼らとしては、スノーストライダー自体の面白さに加え、私がガソリンスタンド、A君パパがご飯屋さんという設定が楽しさを加速させたようです。私は何度彼らのスノーストライダーに給油を行った事か.....
DSC_0649

その頃息子②はと言うと....

息子①とA君が外で遊んでいる間、息子②と1歳を過ぎたAくんの弟(と嫁さん達)はキッズルームで遊んでいました。ここのキッズルームは、広さはそれほどでは無いものの、玩具もそこそこ充実し、黒板があってお絵かきができたりするので、結構時間を潰す事は容易だそうです。

いつか、今度は子ども4人で思いっきり雪遊びができる事を楽しみにしています。
IMG_5528

少し遅い昼飯を食べ、再び雪遊びへ

スノーストライダーで頭から湯気が出るほど遊んでいる子ども達を粘り強く説得し、最終的にはアイスで釣って、昼もとうに過ぎた頃にようやく昼ご飯です。

昼飯は羊ケ丘レストハウスにあるレストランで、我が家は3人で特選ラム・ジンギスカン食べ放題です。ここのレストランは、ホールの人員が明らかに不足している様子で、値段も大人1名2,980円と観光地価格に近くやや高価ですが、味はそれなりに美味しかったので満足しました。
何より、かなり腹をすかせていたらしい息子①が、大人と同じ量のご飯をほぼ一杯、肉もかなりの量食べてくれたので良かったです。
DSC_0658
昼ご飯でお腹を満たし、少しだけ皆でキッズルームで遊び、再び雪と戯れに外に向かいます。歩くスキーや他の遊びにも興味がありましたが、A君がまたスノーストライダーで遊びたいと言うので午前中遊んだエリアに向かいます。

それからまたしばらく間スノーストライダーで遊んだり、チューブ滑りを何回かしましたが、さすがに息子①が飽きたようなので、除雪で出来た雪山に登って滑り降りる遊びをする事にしました。

ちなみに、すでに大きく子ども達によってお手製の滑り台と化しており、息子①達が使用する前に私が試して最低限の安全性を確認しましたが、この遊びは公式に提供されているものではなく、自己責任での遊びとなるので注意してください。
とは言え、遊びというのは用意された安全すぎるものだけでは、ツマラナイ。私が子どもの頃は、裏山から滑り落ちて全身裂傷を負ったりもしましたが、そういうスリルのある遊びは現代でも「幅」として我々大人は容認するべきだと思います。

ただ、当初は息子①は極端に保守的な性格なので、明らかに整備されていない雪山に登るか半信半疑でしたが、私が登ってるのを見て安全だと思ったのか頑張ってよじ登る事ができ、尻滑りで降りることができました。多分、1年前の息子①ならやってなかったと思います。

また、A君がその後で合流し、A君が果敢に雪山に登っているのを見て、息子①もよりアグレッシブに挑んでいました。
DSC_0673
単に雪山に登って下るだけですが、子ども達はチューブ滑りよりも楽しく感じたようで、30分くらいはただただ上り下りを繰り返していました。

高価な玩具よりダンボールで作った玩具の方がウケが良かったり、有料遊戯エリアより公園の方が楽しそうだったり、今回もそうですが子どもは何がウケるかは実際やってみないと中々わかりません。
DSC_0677
結局15時過ぎまで外で遊び、キッズルームで着替え、少し遊んで16時前に羊ケ丘展望台を後にしました。5時間近く遊んだ計算ですが、ずっと楽しく過ごせたので本当に時間が経つのが早く感じ、息子①ももっと遊びたかったと名残惜しそうでした。

羊ケ丘スノーパークは規模感もちょうど良く、これは確実にリピートするイベントとなりました。今年はもう時間が無く難しいと思いますが、来年以降は息子②が大きくなるまで毎年参戦したいと思います。