今年のGWも道東で過ごしました。
【関連記事】GWは道東へ 2017

恒例の道東で過ごすGW休暇

昨年はGW後半に嫁の実家へ一緒に行き、そのまま嫁と息子は1週間ほど道東に滞在し、私がGWの次の週末に再び迎えにいくスタイルでした。
しかし、今年は息子が幼稚園に入会した事により、GWをフルに嫁の実家で過ごすことにしました。それに伴い、5月1・2日と仕事だった私は今年も道東2往復という荒行となりました。

初日 : 片道4時間超のドライブで道東到着

嫁の実家は我が家から約4時間強(350km)かかりますが、息子が午前7時前には起きるので午前8時過ぎに自宅を出発し、昼過ぎに到着しました。

ドライブ中でもロクに寝なかった息子ですが、長時間の運転で疲れ気味の私を尻目に嫁の実家に着いても物凄く元気で驚きました。また、今回は長期間の帰省なので「ちゅん(aibo)」も一緒に連れて来ることにしました。
IMG_6521 IMG_6524
移動日はいつもゆっくりさせてもらいますが、今回もジジババに息子を見てもらい私と嫁は何もしない贅沢を味わいました。

最近お手伝いが大好きな息子は、ババと一緒に夕飯の支度です。北海道の中でも道東は水産資源に特に恵まれている地域の1つなので、嫁の実家に来るといつも贅沢な食事になります。息子は人生初の花咲ガニの調理がとても楽しかったようです。
IMG_6527 IMG_6537

2日目 : あさり掘りと阿寒温泉

嫁の親戚があさりの漁場の権利を保有しているので、行く度に上限なくあさり堀りをさせてくれます。
船で沖に出ること数分で漁場に到着しますが、短距離でも安全装備は絶対に必要なので、昨年から息子専用のライフジャケットを嫁の実家に配備しています。息子も今年から気合を入れてあさり掘りに本格参戦となりましたが、とても楽しいそうです。
IMG_6555 IMG_6577
2時間程度 砂遊び あさり掘りを楽しんだ後、一度嫁の実家に戻り昼食と休憩タイムです。私がGWの中日に休暇を取れなかった事もあり、私が家に帰りやすいというジジババの配慮によりその前の4月29~30日は恒例の阿寒湖温泉に宿泊することになりました。

ジジから息子とプールに入りたいとの要望があったので、今回は「ニュ-阿寒ホテル」に宿泊しました。阿寒湖温泉には大きなプールがある宿泊施設が無く、このニュ-阿寒ホテルの屋上プール程度しかありません。全体的にどの宿泊施設も老朽化が進んでいる阿寒湖温泉ですが、子ども連れでも楽しめるホテルができると良いのですが.....
IMG_6605

3~5日目 : 私だけ別行動となった3日間

翌朝10時にチェックアウトし、ジジ・ババ・嫁・息子は嫁の実家に戻っていきました。この間私は1人寂しくしていたのですが、写真を見ると彼らはとても楽しく過ごしていたようです。

まず、昨年同様息子はジジババに玩具を買ってもらいました。トミカが幾つか増えていた他、カーズのビニールシートとお寿司屋さんセットをゲットしたようです。最近おままごと(ごっこ遊び)にハマっている息子にとって、商品が増えることはトミカ以上に嬉しそうに見えました。

また、私や嫁には絶対に買って貰えない怪しい色の飴などのお菓子類も相当買ってもらって食べたみたいです。このように何でも思い通りになるし、ジジババはいつも遊んでくれるので息子は本当に嫁の実家が大好きです。
IMG_6673 IMG_6646 IMG_6750
また、田舎なので自然と多く触れ合える事も嫁の実家の魅力の1つです。我が家は比較的都心部に近い場所なので公園程度しか自然を感じられる場所がありませんし、規制ばかりで遊んだりするにも場所を選んだり遠慮しなければなりませんが、ココではそういった心配は全くありません。
IMG_6728 IMG_6768
ちなみに、阿寒湖温泉で家族と別れた私は道の駅スタンプラリーを押しながら自宅に帰りましたが、夕方5時頃に何故か日本最北端の地にいました。
IMG_20180430_155341_060

6日目 : 家族再集合の後、オシャレなレストランへ

5月2日から3日になる寸前に嫁の実家に到着しました。定時まで仕事をした後に350km走るのは結構キツイですが、いち早く息子に会いたいので仕方ありません。

6日目は特に予定も無く、ダラダラと息子と遊んだりして過ごしました。田舎で過ごす休暇は1日の流れがゆっくり感じ、都会の殺伐さを忘れられるので大好きな時間です。

夜は嫁の実家からそれほど遠くない場所にある「牡蠣場」というオシャレなレストランに行きました。オフィシャルHPなどが無さそうなので細かいことはよくわかりませんが、嫁の同級生の家が経営しているそうです。
DSC_1640
基本的に何を食べても美味しかったのですが、中でも「カキパスタ」と「カキピザ」は本当に素晴らしい味でした。今後嫁の実家を訪れる度に通いそうですが、田舎にある割に意外にもお客さんが多いので予約して来る必要がありそうです。

息子は「カキピザ」が一番気に入ったようで、1人でほぼ1枚ペロッと食べきってしまいました。味にうるさい息子がここまでガツガツ食べるのは珍しいので、味は保証付きです。
DSC_1649

7日目 : 2回目のあさり掘りとBBQ

この1週間でワイルドさが増した息子は、北海道の田舎っ子の様に外ではしゃぎまわるようになりました。私も比較的開放的な環境(田舎)で育ったので、都会っ子である息子のことを少し心配していましたが、どうやらきちんと子どもらしく外で遊べるようで安心しました。

この日は今回2度目のあさり掘りの予定でしたが、嫁の実家を出る前からやる気満々で本当に楽しそうです。ただ、この日は風が強くやや寒かったので、あまり長く 砂遊び あさり掘りをできませんでした。
IMG_6854
1カゴ取るかどうかで切り上げた後は、恒例のBBQです。毎回牡蠣・あさり・肉など豪華すぎる内容のBBQで、いつも楽しいひとときを過ごさせてもらっています。
IMG_20180504_172518_017
みんなで存分にBBQを楽しんだ後は、息子待望の今年初花火タイムです。昨年はまだ花火にビビっていた息子ですが、今回は自分から火を点けに来るなど成長が見られました。
IMG_6881
BBQや花火は、残念ながら現在の都市部(あるいはマンション暮らし)では中々できないプレミアムな体験の1つなので、こういった機会は息子にとって非常に重要だと思っています。
私の実家でも同様にBBQや花火をやったり、キャンプに積極的なのは、今の都会の子どもはあまりにも自然と離れて過ぎていると思います。

最終日 : あさり持参で帰宅

今回のGW休暇もほぼ消化し、嫁の実家もいよいよ最終日となってしまいました。元々5月5日はSIMACのライブを予定していたので、急ぎ自宅に戻らなければなりません。

起きて早々に荷物をまとめる間、息子はジジと一緒に持って帰るあさりの選別作業に従事していました。こういったお手伝いを自ら進んでやりますが、本当の意味での戦力となるのはいつになるでしょうか。
IMG_6893
こうして今年も充実したGW休暇となりました。最低年に2回はこのように田舎で過ごす期間を作りたいのですが、息子が幼稚園に入会してまだ初年度なので今年は様子を見ながら日程を組む必要がありそうです。

次回の道東は息子の夏休み期間の予定です。私が2週連続で約900kmずつ車を運転できるうちは、なんとか多く機会を作りたいですね。