北海道とは言え、たまにプールで遊びたい程の気温にはなります。

7月とは思えないほどの高温の中で

2017年7月前半の北海道は、これまで経験した事が無い程の暑さが続きました。今年はGW明けくらいから暑い傾向でしたが、札幌では7月10日に最高33.2℃を記録、さらに14日には34.9℃を記録するなど本当に記録的という言葉がピッタリの夏を迎えています。
【札幌の最高気温記録】

2017年7月14日に記録した34.9℃は、札幌における最高気温ランキングで第7位にランクイン気温でした。ちなみに、第1位は1994年8月7日の36.2℃となっています。
(参考)札幌の最高気温ランキング(goo天気)
気温が上昇するに従って、外で息子を遊ばせる時は水場に連れていく比率が高くなります。有り難いことに噴水や小川がある公園が行ける範囲に結構あるので、嫁も色々な場所に息子を連れて行って連日遊んでいるようです。
息子もプール教室に行っているおかげで水遊びが本当に好きなので、黙っていたら2~3時間程度は熱心に遊んでいるとのことです。

公園とは言え着替えや簡易テントを持参して息子を外に連れ出す嫁の手間は相当ですが、マンションではプールを設営する事ができません。
ただ、それほど離れていない実家であれば庭にプールを設置する事が可能なので、水遊びを少しだけ気軽な行為にできると感じていました。

プールを買って遊んでみた

今回プールを購入するにあたり元々実家に設営するつもりだったので、実家近くのトイザらスで購入しのした。
季節商品なので本当に多くの種類があり迷いましたが、最終的にはジジババから大きいものが良いという意見(というかゴリ押し)があり、ホエールプレイセンタープールを購入しました。
IMG_5407
INTEXという米国ブランドの製品で、特に近年はトイザらスやコストコだけではなくイオンなどでも多く見られるようになりました。
パッケージを見た時点で日本向け製品ではない事は明白ですし、一軒家でもこれを置ける庭がある家は田舎しかないだろうというモノです。
IMG_5400
画像でもわかるように、幅が3m弱、奥行きが2m弱もあるとにかく巨大なプールです。この製品はそこそこ大きなプールが2つ繋がっている様な形状で、間には滑り台が付いています。最近滑り台が大好きな息子はかなり喜んでいましたが、プールが大きすぎてやや持て余していた印象です。

息子は2歳前としては結構大きい方なので、このプールの大きさが際立ちます。
しかし、来年このプールを使う時はもしかしたら小さく感じるかもしれません。1つは幅・奥行きはかなり大きいもののプール自体の深さはそれほどでも無いこと、更に滑り台に関しては現時点で適正なサイズ感である事が理由です。

この日は1時間程度×2回ほどプールで遊びとても楽しかったようです。お昼寝は大丈夫か?生きてるか?というくらい熟睡していました。
IMG_5421

設置に1時間、撤去に30分

製品自体はとても魅力的で、設置できるスペースがあれば導入をオススメできます。しかし、もしこれからプールを購入する為にこの記事をご覧になっている方でしたら、バッテリーエアーポンプは絶対に購入してください。

私はこのプールを購入する際に、手動ポンプでもなんとかなると思っていました。
IMG_5409
結果的には小タイトルの通り、設営に1時間もかかりました。プール本体がかなり大きく、部分毎に空気穴があり順序を間違うと入れづらいところも出てきます。
説明に際し手動ポンプ1本で2人がかりで1時間もかかっていると、子どもはその間に全く別のモノに興味を持ってしまい、プールで遊ぶテンションではなくなる可能性がかなり高くなります。

私が購入した製品の公式HPを確認すると電動ポンプ推奨と記載されており、手動と比較しても数百円程度の差なので絶対に電動ポンプを購入してください
もう少し小さい製品でも電動ポンプは必需品だと思いますし、手動ポンプで充分だと思うのは多分本当に小さいものだけだと思います。

また、ホエールプレイセンタープールの様に付属品が多いプールは、非常に掃除がしにくいというデメリットがあります。
プールの1つには屋根が付いており、当初はこれがあるが故に熱中症の危険性を小さくできると思いましたが、よくよく考えればプールの上にタープを設置する方が簡単で時間もかかりません。

以上の点により、気軽に水遊びをする為に購入したプールでしたが、結果的により面倒になった気しかしていません。
もし私がこれからプールを購入しようと思うならば、INTEXのフレームプール(Google検索)にすると思います。


最近はしゃぼん玉で遊ぶこともできるようになりました。
IMG_5504