札幌コンベンションセンターで開催されたプラレール博に行ってきました。
IMG_3230

1歳児がプラレールに興味を持つのか

普段は車と音の出るおもちゃを好んでいるのですが、プラレール(対象年齢3歳~)は今後通る道だと思い息子をプラレール博に連れていきました。

息子は特に好きなキャラクターとかは無い様子ですし、電車関係では地下鉄に数回程度乗ったことがあるだけでトーマスにも特段の反応はありません。
ですから、プラレールを見た反応は動くモノをただ見つめているだけでした。幼児期ですから、プラレールがどうというより動くものに対する興味があるのでしょう。

プラレール博ではこのような印象を受けましたし、積極的に欲しがる様子も無かったのでやはりまだ早いと感じ、会場ではプラレールを購入する事はしませんでした。

嫁の親がプラレールを買い与える

ところが、嫁が自分の親にプラレールが欲しいと言い急遽購入することになり、どうせならという事でそれなりに揃っているセットを購入してもらいました。
20160827_214502
私自身子どもの頃にプラレールで遊んだことがないので、レールを組むのは嫁の仕事となりました。プラレールはとにかく場所を取りますが、アイデア次第で色々とできそうなので面白そうです。

一通り完成したレールで走らせてみましたが、肝心の息子はレールを繋げて走らせるといったプラレール本来の遊び方は当然できません。組んで走らせるのは親の役目、それを壊すのが息子の役目(まるでゴジラ)といったようにプラレールをどうして良いかわからない様子です。

正規の遊び方は当分できないでしょうが、とりあえず電車単体を持って遊んでいます。例えば、トミカ的に手転がしで遊んだり、フローリングの上をプラレールが自由に走り回っていたり、ジジジジ・・・と言いながら何かに押し付けられるプラレールの音が響いたりしています。

20160827_221105
プラレールの良いところは、パズル要素がありブロックのように考えながら遊ぶ事にあると思いますが1歳児にそんな芸当ができるわけがありません。
今は息子の思ったように遊べば良いのでしょうが、なんとなくレールに乗せて遊ぶんだという事を理解しつつある気もするので、意外に早く本来的なプラレールの遊び方をマスターできるかもしれません。

今後の展望

感覚的には3歳になるまで現在のセットで必要十分以上ですが、おそらく3歳の時点では自動車・電車・飛行機のどれかに興味が集中している気もします。

仮に電車に興味が出た場合は、きっと1部屋まるごとプラレールが現実となるでしょうが、子どもがハマる前に自分がハマらないように気をつけなければなりません。
プラレールやトミカは大人がハマりやすいので本当に注意が必要です。おもちゃだけあって目が飛び出るほど高いわけでもないので、毎月少しずつ拡張しようと思えばできちゃうんですよ...