札幌コンベンションセンターで開催されたプラレール博に行ってきました。
IMG_3230

1歳児がプラレールに興味を持つのか

普段は車と音の出るおもちゃを好んでいる息子ですが、プラレール(対象年齢3歳~)は今後必ず通る道だと思いプラレール博に連れていきました。
IMG_3234
1歳になったばかりの息子は、地下鉄に数回程度乗ったことがある程度なので電車と言っても良く知らないですし、現時点で特に好きなキャラクターは無くトーマスにも反応はありませんでした。

プラレールを見た反応は、動くモノをただ見つめているだけと言うのが適切な表現です。幼児期ですから、プラレールがどうというより動くものに対する興味があるのだと思います。
プラレール博ではこのような印象を受けましたし、積極的に欲しがる様子も無かったのでやはりまだ早いと感じ、会場ではプラレールを購入する事はしませんでした。

ところが、家に帰ってから入場時に貰った車両を与えると、結構楽しそうに遊びます。特に連結した車両を力づくで外す遊びが好きなようで、一生懸命何回もガチャガチャやっていました。
IMG_5133
連結したプラレールを外すのに数分はかかるので、その間私はソファに寝転がって様子をただ見ているのですが、上手に外れるとかなりの笑顔で私を見て連結しろと言ってきます。
プラレール自体への興味かどうか微妙なところですが、息子はこの玩具は面白いと認識しているのは間違いありません
IMG_5143
しばらく様子を見ていて思ったのは、プラレールは少なくても1歳児がきちんと遊べるような代物ではなく、プラレール以外の何かで充分代用可能な遊びしかできないという事です。

そんな中、嫁さんが何やら不穏な動きを....

嫁さんの親がプラレールを買い与える

嫁さんが何やら一生懸命息子の写真を撮っているのは知っていましたが、さも遊んでいる風な写真を厳選し、自分の親に送っているのは知りませんでした。
当然の流れの様に、「そんなに楽しそうに遊んでいるなら買おう」という事になり、どうせならという事で嫁さんの親が我が家に遊びに来た際、トイザらス限定の「いろいろ作れる! レールと情景いっぱいセット」を購入してもらいました。
20160827_214502
【追記19.01】
現在「プラレールをはじめよう! ベーシックレールセット」の上位版だったトイザらス限定の「いろいろ作れる! レールと情景いっぱいセット」は販売が無いようです。こういったセット商品は意外と短いサイクルで入れ替わってしまい、もし現在同じ境遇になったとすれば「プラレールトーマスがのぼりおり!くみかえアクションレールセット」にすると思います。

どうして良いかわからない親子

せっかく手に入ったプラレールのセットですが、私自身が子どもの頃にプラレールで遊んだことがないので、1歳の息子と同レベルにレールを組むのに難儀しました。いざ組み立てようとしても息子にパーツを持っていかれるアクシデントもあり、遅々として進みません。
IMG_5542
プラレール経験がある嫁さんがそんな状況を見かねて、手伝ってくれてなんとか説明書通りのコースが出来上がりました。プラレール初体験の私も最後の方はなんとなくパーツについて理解ができ、かなり楽しくなってきました。プラレールはとにかく場所を取りますが、アイデア次第で色々とできそうなので面白そうです。
20160827_221054
一通り完成したレールで走らせてみましたが、肝心の息子はレールを繋げて走らせるといったプラレール本来の遊び方はできません。組んで走らせるのは親の役目、それを壊すのが息子の役目(まるでゴジラ)といったようにプラレールをどうして良いかわからない様子です。

正規の遊び方は当分できないと思っていましたが、想像以上にプラレールのハードルは高そうです。とりあえず、現在は電車単体を持って手転がしで遊んだり、フローリングの上をプラレールが自由に走り回っていたり、ジジジジ・・・と言いながら何かに押し付けられるプラレールの音が響いたりしています。
また、よくよく観察しているとプラレールをコース走らせている時は、間違いなく動いているプラレールしか目に入っていません。狩猟本能が目覚めたのか、動いているプラレールを取りたくてコースを壊して歩いている感じです。
20160827_221105
プラレールの良いところは、パズル要素がありブロックのように考えながら遊ぶ事にあると思いますが1歳児にそんな芸当ができるわけがありません。
今は息子の思ったように遊べば良いのでしょうし、なんとなくレールに乗せて遊ぶんだという事を理解しつつある気もするので、いつ普通に遊べるようになるのか楽しみです。

今後のプラレール展望

プラレールの事を全く知らない私が言うのも何ですが、感覚的には3歳になるまで現在のセットで必要十分以上だと思います。
おそらく3歳の時点では自動車・電車・飛行機のどれかに興味が集中している気がするので、仮に息子の興味が電車に向けば、きっと1部屋まるごとプラレールが現実となるでしょう。

しかし、今回初めてプラレールに触れて思ったのは、これは子どもがハマる前に自分がハマらないように気をつけなければならないという事です。
特に私の様な理系男子にとって、現実・空想問わず何かを再現できるプラレールやトミカといった玩具き、本当にハマりやすいので注意が必要です。おもちゃだけあって目が飛び出るほど高いわけでもないので、大人なら毎月少しずつ拡張しようと思えばできちゃうところも悩みですね。
【追記19.01】
当ブログにおけるプラレールに関する記事は、タグ「Plarail」をご参照ください。


(Last Editing Date : 2019 / 01 / 21)