定番玩具の1つ「粘土」を買ってみました。

何かを「作る」という体験

2歳2ヶ月になって手先が器用になってきたのか、ブロックを自分の好きなように組んだり、お絵かき帳に何かを書いてみたり、そういった事が少しずつですが目に見えてできるようになってきました。
そこで、製作体験玩具として最もメジャーな存在である「粘土」を息子に買って遊ばせてみることにしました。

ねんDo! ねんどきほんセット

IMG_0860
ねんDo!にした理由は、パッケージに記載されている「安全」「柔らかい」「いろがきれい」の3つが大切だと思ったからです。
ねんDo!には幾つかのセットバリエーションがありますが、今回購入したきほんセットが最もバランスが取れた内容だと思います。


また、後々粘土を買い足したい場合でもねんDo! ねんど12色セットが販売されているので安心です。

素材は小麦と塩!?

私の幼少期は粘土のバリエーションなどそんなに無かったのですが、現在では様々な素材の製品が販売されており、特に食品由来の粘土は誤飲やアレルギー等に対して安全だと言われ、その中でも小麦粘土は割とメジャーなもののようです。

小麦粘土はSeriaやダイソーといった100均でも取り扱っているらしいので、一度100均製品で試してから色々な製品を見る方が良かったかもしれません。

2歳児には適した柔らかさ

2歳程度だと力が無いので紙粘土の様に硬いものではなく、弱い力でも粘土を潰したり・混ぜたり・切ったりする事ができるような柔らかい粘土が必要です。

但し、大人が扱うには柔らかすぎると感じました。繊細な細工はしやすいですが、大雑把に形を作りたい時は結構大変です。

子どもが喜ぶ鮮やかな色

DSC_0415
息子は黄色がお気に入りのようです。赤や青もかなり鮮やかなので、何を作ってもポップな印象になります。
なんとなくもったいなくてまだ混色はしていないのですが、ねんDo! は基本の3原色(マゼンタ・青・黄)さえあれば最多で24色も作ることができるようです。

息子受けはかなり良い

息子にとって粘土遊びはとても楽しいらしく、毎日のように粘土で遊びたがります。息子が特に何かを作るわけではない(作っているがよくわからない)のですが、私が作る車でごっこ遊びをするのが今のところ一番反応が良いです。

また、きほんセットには様々な道具が入っているので、それらを使って楽しそうに粘土を伸ばしたり切ったりしています。

但し粘土遊びは準備と片付けが他の玩具より手間がかかる上に、必要なスペースが広くなりがちなので大人にとっては面倒な玩具だと思います。

気になるところ

基本的には素晴らしい玩具だと思いますが、遊んでいると粘土がより柔らかくなってベタベタし始めてしまいます。
特に赤色(マゼンタ)はその傾向が強く、割とすぐにベタベタになって指に貼り付いてしまい製作どころではなくなります。更に道具にもべったりと付着してしまうので、思ったようなモノをが作りあげる事はかなり難しくなります。

また、とても乾燥しやすいのできちんと容器に入れて密閉をしておかないといけません。ただ、仮に硬くなってしまっても復旧させる方法がある事と、そもそも粘土自体がそれほど高価ではないのが救いです。