2020年から小学校ではプログラミングの授業ができるらしい。

プログラミングの授業って何!?

プログラミングの授業が必修となるらしいという話を聞きました。背景にはIT産業の人材不足の常態化があるのだと思いますが、確かに海外では幼少期からプログラミングを学んでいるところもあるみたいです。

これまでの経緯を整理すると、
  • 2012年
    ▶中学校の技術家庭科に「プログラミングによる計測・制御」が必修化

  • 2013年
    プログラミング教育(義務教育段階からのIT教育)が政府の成長戦略に入る
    ▶小学生向けのプログラミング教育サービスが増加

  • 2016年
    ▶文部科学省が小学校でのプログラミング教育必修化を検討
    ▶総務省が2025年までにIT人材を100万人育成する方針の発表
このように、ここ数年でプログラミング教育の推進に舵を大きく切った日本政府ですが、私くらいの年代だとプログラミングって興味があればやる程度のものだったので結構な違和感があります。

確かにコンピュータやスマートフォンがこれほど普及した現在では、プログラミングというのは非常に身近な存在だと言えます。
食べ物の大切さを理解するのに農業体験をやったり、電気を理解するのに実験をしたりするのと同じようなことが必要になってきたとも言えるのだと思います。

必修化されるなら少しでも先行していたい

子どもがやる前に先生がちゃんとできるのかという疑問はあります。それでも大抵の親なら考えることでしょうが、どうせ小学生になってやるのならそれまでにプログラミングの仕組み程度を教えておいてあげたいと思いました。

英語と同様にプログラミング、つまり機械語も習得するなら早いに越したことはありません。ただ、耳から入る人間が使う言葉とは違い、機械語は視覚に頼る所が大きいので2歳児では到底理解をする事はできません。

ですが、何かしらの体験を通じてプログラミングをする上で必要な考え方を身につける事は可能だと考えています。
2020年から始まる小学校におけるプログラミングの授業では実際にプログラミングをするわけではなさそうなので特に心配はいらないのでしょうが、息子が小学校高学年になる頃にはもう少し進んだものになっていると想像されるので、念のため準備は必要だと感じます。

プログラミング教育玩具市場

すでに小学生向けのプログラミング教室市場は2013年頃から活性化されているそうですが、現在では幼児期からプログラミングの考え方を体験を通じて学習する玩具市場も規模を拡大しています。

例えば、Amazonにおいて「プログラミング学習玩具」と検索すると74件もヒットします。

今回メインの話題となるコード・A・ピラーもそのうちの1つです。



コード・A・ピラーで何ができるのか

DSC_0544
オフィシャルには「子どもの問題を解決する力」「計画し準備する力」「客観的に考える力」を育くむとあります。

コード・A・ピラーは、頭の後ろに前進・右折・左折・サウンドなど役割が決められたパーツを繋げるとその通りに動いてくれる玩具です。
これはプログラミングを行う上でも必要な考え方の1つだと思いますし、実際プログラミングは目的(ゴール)を達成する為に様々な要素(パーツ)を繋げていくのでやっている事は同じ事です。
また、ゴールに向かうまでの手段は特に決められているわけではなく、様々な方法(ルート)が考えられる中でどの手段がベストかを見つけるというのも同じ事だと思います。

実際に遊ばせてみた結果

DSC_0546
遊び方自体はパーツを繋げていき、頭のパーツについているボタン押すだけなので非常に簡単です。繋げるパーツには文字が無く、色と形(矢印など)によって役割が示されています。

結論から言えば、2歳3ヶ月ではパーツを繋げる事はできるものの原理は理解できていないようです。パーツを繋げる事によって動作が変わるという事もいまいち理解していないようですが、ボタンを押して音を発しながら動く様子を見るのはとても楽しいみたいです。

2歳児に大人が考えた遊び方はマッチしないようで、ただただウロウロするイモムシを追いかけて、壁に当たれば「事故った~~」、股をくぐらさせて「トンネル~~」といって喜んでいます。

まぁ、現時点ではこれが最大限だと思いますし、この玩具はもう少し大きくなってからの方が深く楽しめるので、しばらくはこちらから遊ばせる事はしなくても良いのかなと感じました。




走行能力は高く、カーペット上でも走りますし少しの段差なら乗り越えます。
DSC_0550