またしてもボーネルンド アウトレットで良いものを見つけました。

いつ行っても発見があるボーネルンド

夏にAquaPlayを購入して以降足が遠のいていたボーネルンド セレンディピティストアですが、先日レラに行った際に寄ってみました。
【関連記事】AquaPlay Super Set
DSC_0458

ボッシュ ミニワークセンターを見つけた

息子は、私がたまにDIYをやったりプラレールの電池を交換する際にドライバーを使ったりするのを見ているせいか、工具で何かをする事に興味があるようです。
しかし、ドライバーとは言え先端が尖っている物もありますし、私は基本的に電動工具を使用するのでとても2歳児に触らせられる様な代物ではありません。

そんな事を考えていた矢先、ボーネルンドでボッシュ ミニワークセンターを見つけたので即決で購入しました。


ボッシュ ミニワークセンターは期待通りの製品だった

帰宅して早速ミニワークセンターを組み立てましたが、値段相応の造りというか、昔よくあった海外製のプラモデルの用にひん曲がっているパーツもありました。
全てがこのようなクオリティではないと思いますが、所詮プラスチックなので熱湯に入れて曲げてやればだいぶマシになるので個人的にはそれほど気になりませんでした。

セット内容は、下の写真の様にかなり充実しています。これだけ揃っていれば大人と同じようなもので遊べるので、息子もかなり楽しいんじゃないかと思います。
DSC_0524
ノコギリや万力などほぼ100%使用しないと思うものまでありますが、特に電動ドライバーはBOSCHのIXO5とデザインが似ているので、親子コーデをしても良いかもしれません。



そして、このミニワークセンターに付属する電動ドライバーは、なんと回転方向の切り替えやトルク調整機能まで付いています!!!これには本当に驚きました。
DSC_0543
これさえあれば私のDIYを邪魔されずに済むわけですが、ここで疑問が湧いてきました。そもそもこれは何を作るために存在している玩具なのか、と。

このセットにはプラスチックの板が2枚入っていますが、逆に言うとそれを付けたり外したりする以外にできることがありません。

ボッシュ ミニワークセンターで何を作るの?

調べてみると元々この製品を製造しているklein社のホームページには、工具だけでも驚くほど多くの種類がありました。中にはミニワークセンターで遊べる玩具も売っているようで、本来はこれも手に入れないと活用は難しいと思いました。

そこでAmazonで調べてみると、同社から発売されている玩具の中で現在ではボッシュ サービスステーションしか正式に日本に入っているものは無さそうです。


ただ、ボーネルンドで取り扱っているのでお値段も中々高いものになっており、パーツを取り替えて遊んだりといった遊び方では無さそうなので購入を躊躇していました。

他に遊べそうなものは無いか!?

ヨドバシカメラの玩具売り場を見ていると、こういった工具を使った玩具は幾つか種類がありましたし、まるで規格でもあるかの様にボッシュの工具を使用できそうなネジの形状をしていたので、メーカーの違いはあまり気にしなくても良さそうです。

中でも、セガトイズから発売されているくみたてDIYシリーズ(アンパンマン)は非常に有力な候補の1つでしたが、アンパンマンが好きな時期は限定的なので微妙だなと感じました。



そんなこんな売り場をグルグルしていると、CAT® MACHINE MAKER™なるものを発見し、車好きの息子には丁度よい製品だなと思ったことと、パーツの組み換えで3種類の建機を作れるセットがあり楽しそうだと思い購入する事にしました。



CAT 組み立て入門マルチセット

DSC_0623
このセットをインターネットで検索してもヨドバシにしか無さそうなので、もしかしたらヨドバシの専売品の可能性があります。だとしたらヨドバシで探したのは、とてもラッキーでした。

早速開封すると思っていたよりパーツ点数が少なく、パーツ1つ1つが大きいので2歳児にはちょうど良さそうだと感じました。
DSC_0625
実際、一度組み方を教えると(ほぼ)自分で電動ドリルを駆使して作ることができたので、いまの息子に丁度よい玩具だと思います。
DSC_0628
基本的にはレゴに代表されるブロックと同様の遊びなのでしょうが、自分の手ではなく工具を使用するという点で大きく違います。

進化の中で道具を使って何かをするというのは非常に大きなステップの1つだと思いますが、まさに2歳児にとってはそれと同様なのでしょう。
まだ自分1人で工具を完璧に使って、自分が考えてパーツを組み替える段階には至ってはいませんが、息子は近いうちにそこまで進化できそうです。