今年もトミカ博に行ってきました。
【関連記事】トミカ博に行ってきた

今年も空いていたトミカ博

今年は開幕日の1月6日の昼頃に行きました。天候の心配があったので会場であるアクセスサッポロの第一駐車場に停める為に並ぶ覚悟をしていましたが、結局10分程度並んだだけですんなりと駐車できました。入場口でも昨年同様5分程度待っただけで入場できたので、やはりトミカ博はプラレール博ほど人気があるわけでは無さそうです。

客層は昨年同様に子どもの年齢層は3歳~小学校低学年がコアでした。息子はちょうどトミカにハマり始めているところなので、今年は物凄く楽しそうにしていました。
DSC_0916

展示内容はやはり微妙

昨年も書きましたが、プラレール博と比較するとトミカ博の展示は正直しょぼいと感じます。息子はボール投げや給油遊びなどが気に入っていたようですが、もう少し展示にこだわってほしいです。
DSC_0918
ジオラマは多くの車が坂を滑り降りてくるものがメインでしたが、期待ほどの迫力はありませんでした。プラレールとトミカを共存させるアイデアが欲しかったのですが、やはり家の中だとスペース的に難しそうです。
DSC_0924
実際、プラレールを用いたジオラマを作るよりトミカの方が難易度は高いでしょう。トミカシステムもプラレールほどの柔軟性は無いので、レイアウトの自由度が低いのでしょう。
レイアウトの自由度が低いとコンパクトに製作するのが難しいので、結局現在のところ共存させる事は諦めています。

有料のゲームは結構遊べた

写真ではかなり混雑している様に見えますが、有料のゲームは最大で30分程度の待ち時間でした。回転が良いので実際は表示時間ほど待たなかったと思います。
DSC_0927
今年の息子はトミカ博に対してかなりのモテベーションで挑んでいたので、待ち時間もとても良い子で幾つかのゲームはヘルプ無しで遊ぶことが出来ました。
最も楽しそうだったのは「トミカ釣り」です。これはさすがにヘルプが必要で、あまり取れなかったのが悔しかったか2回もチャレンジしました。
DSC_0934

今回のトミカ博で感じたことなど

昨年同様、展示のクオリティには否定的な印象でした。ただ、今年は息子が本当に積極的に動き回り、ゲームも楽しそうだったので私も楽しかったです。

現在プラレール博とトミカ博は別々に開催されていますが、出来ることなら「プラレール&トミカ博」として年2回札幌で開催してくれるともっと楽しそうです。開発自体が全く違うグループでやっていると思うので難しいでしょうが、この2つはもっと積極的にコラボして欲しいです。

トミカにハマり中の息子は、あまりにはしゃぎ過ぎて途中1時間程寝ていましたが、結局昼過ぎに着いたのに16時くらいまで会場で遊んでいました。
長くいた分お金も結構使い、ゲームで貰ったトミカや会場で貰ったり購入したトミカは全部で20台ほどになりました。
DSC_0937


トミカがどこまで増えるのか私にも見当がつきません。
DSC_0941