息子の秋冬用長靴を購入しました。

たまたま見つけたTNFの長靴

息子用にと夏前に購入した14cmの長靴が小さくなり、秋から冬のはじめに向けて新たな長靴が必要だと思っていた矢先、札幌ファクトリーに入っているTHE NORTH FACEに立ち寄った際に良さそうな長靴を見つけました。

北海道の場合、子どもが使用する雨用と雪用のブーツは別々のモノを用意している方が多いかと思います。雨ならば防水性のみでOKですが、雪の場合は防寒性が必要となりますし、防寒性を重視したブーツを秋に履かせると暑くて嫌がってしまいます。

今回見つけたTNFの「ベースキャンプブーティー 」は探していた用途にピッタリのものですが、デザインは良いものの高価(約8,500円!!!)なので即決とはなりませんでした。

しかし、これまで新しい靴を試す事を嫌がっていた息子が何故か積極的に試着すると言い、結果的にそこまで欲しいなら仕方ないと思い購入することにしました。
DSC_0283 DSC_0287

確かに魅力的なTNFの長靴

私も降雪期はTNFのブーツを愛用していますが、防水性や軽さに優れておりとても気に入っています。唯一の欠点は価格が高いことですが、パフォーマンスを考えればブランド代と割り切る事ができるギリギリの価格設定だと思います。

今回購入した「ベースキャンプブーティー」は、TNFの中では定番アイテムです。インナーにはTNFオリジナル素材のTEKWPROOFが使用され、内部の湿気を排出しつつも外からの浸水はシャットアウトしてくれます。
また、靴底が一体成型されている事によって子どもがガチャガチャしても破損する心配が少ないという事もポイントとして挙げられます。
【外側の素材はよくわからない】
触った感じも強度に優れ防水性も確かだと思いますが、素材はシンセティックとしか書かれていないのでよくわかりません。シンセティック(symthetic)とは、"合成の"という意味なので合成の何だろう??とふと疑問に思いましたが、Google先生に聞いてもよくわかりませんでした。

今シーズンを乗り越える為のサイズ選択

ベースキャンプブーティー(キッズ)のサイズ展開は15cm~22cmと幅広く、息子の様に2歳台からカバーできるかと思います。
息子は現状で15cmがピッタリサイズですが、数ヶ月で1~2cmは大きくなると思われるので16cmと17cmを試着させてもらいました。ただ、17cmでは一見して歩きづらそうでしたし中に綿を詰めて無理矢理使って今シーズンを過ごしても、次の冬に使える保証が無い(自信も無い)ことから今回は16cmを購入しました。
DSC_0288

見た目はシンプルで、機能性は確かに高い

まず見た目は本当にシンプルで、TNFのロゴ以外は差し色が入っている程度です。よく売っている柄物と違って、これならば色々な場面でも履かせていく事ができます。
DSC_0295
また、非常に軽量なので息子はとても歩きやすそうで、転倒する事もほぼありません。
写真でも表面のツルツルした感じが伝わると思いますが、汚れがついてもサッと拭くだけでOKですし、当然ですが防水性も全く問題ありませんでした。

息子は手足によく汗をかくタイプなのですが、これまでの靴と比較して内部の湿気は上手に排出されているらしく、これまでのところ蒸れて脱ぎたがる事はありません。

機能性は価格なりに感じますが、やはり1シーズン限定でこの靴を選ぶのはお財布事情により中々ハードルが高いように思います。


<Goldwin Store on Amazon>

製品としては非常に優れているので、価格的に問題が無ければかなりオススメです。