体重管理の為に、新しい体重計を買いました。

体重の推移をデジタルで管理したい

今年初めに体調を思いっきり崩して5kg減量してから、その痩せた状態を維持するべく食事管理や運動など可能な限り気をつけるようにしてきましたが、実際は全く管理できず、結局体重を維持する事ができませんでした。

私の体重維持の手法は、自分のその日の体重を記録し、その増減によって食事量や運動量を調整するだけというかなり原始的な方法です。
所謂レコーディングダイエットですが、私の場合、測定した体重をExcelで作成し印刷した表に手書きで記入し、毎月それをデジタル化してグラフにしていました。

しかし、ある程度を境にしてダイエットをしても目に見えて痩せる事も無くなり、1ヶ月や2ヶ月記録しても変化が全く無く段々とやる気がなくなり、やる気が無くなると当然続かなくなり、気づいたらジワリジワリと右肩上がりになっていました。

そう、意思の弱い私にとってはダイエットや体重維持に効果的とは言えません。

いかにして「楽に」体重を「見える化」するか

現状を簡単に言えば、「体重計に乗って記録する」という作業自体が負担となり数値を見える化できない状況に陥っています。

そこでインターネットで色々と探してみると、体重計に「乗る」行為の省略は残念なが不可能ですが、「記録する」行為の省略は可能な時代になっている事を認識しました。

ここ数年の間でデシタルガジェットがかなり進化を遂げ普及もしており、現在ではスマートフォンと接続する事が可能な体重計が存在し、いちいちペンで髪に記入いるという煩雑な作業をせず体重をデジタルに管理する事が可能となっているようです。

我が家の体重計もそろそろ10年選手となるので、買い替えても良いかな。と悪魔の囁きが聞こえました。

どの体重計を買うべきか

体重計に関してメーカーのこだわりが無いので、何でも良いと言えば良いのですが、購入にあたり
  • 煩雑な作業が必要無く、使い勝手が良さそうなもの
  • AndroidとiPhoneの双方で利用が可能な事
  • 体重だけではなく様々な項目が記録できる事
という3つの条件を設定しました。

紙で記録する行為を自動化(デジタル化)したいために購入するのですが、せっかくですからとにかく使い勝手が良く「楽」なモノでなければいけません。
また、私と嫁さんが使用するにあたり、それぞれAndroidとiPhoneを使用しているので、最低限その2つのOSに対応しているアプリがリリースされている事も必須条件です。
さらに、日常的な健康管理に必要な幾つかの項目が表示されればベストで、将来的に拡張性があるような仕組みだとなお良いと思いました。

候補1 : TANITA

最近は体重計の様な商品よりタニタ食堂やTwitterでの活躍が印象に残っている会社ですが、計器メーカーとしては抜群の信頼感があります。
  • RD-800、902、903、906、907の計5機種
  • 性能と価格のバランスを考慮すると、RD-906がベストチョイスか?


スマートフォンにHealth Planetというアプリをダウンロードし、体重計と連携するだけの簡単仕様が魅力です。また、乗るピタという機能により、ただ乗るだけで登録者の中から誰が計測しているのかを体重計自体が自動で見分けてくれます。
体重計という工業製品としての品質は、最新の機能と専業メーカーとしての測定の正確性に一日の長がある為、安心して使える製品です。
【追記_2002】
ここに記載の情報は、2017年6月時点のものであり、最新の情報については、タニタの公式ホームページをご参照ください。

候補2 : NOKIA(旧Withings)

Amazonでよく見るWithings社(Amazon)はNOKIAに買収されましたが、現状ではまだWithings時代の製品が普通に販売されているようです。
【追記_2002】
NOKIAはWithingsの買収で得たデジタルヘルス事業をわずか2年ほどで売却し、現在は旧Nokia HealthがWithingsという状態です。ここに記載の情報は、2017年6月時点のものであり、最新の情報については、Withingsの公式ホームページをご参照ください。
  • Body Cardio、Body+、Bodyの計3機種

WIFI経由でサーバにデータが転送されるので、いちいちスマートフォンと連携をしなくても最新データが確認できますが、スマートフォンにNokia Health Mateというアプリを入れて初期設定をする必要があります。
タニタの乗るピタ機能と同様の機能を有しており、測定できる項目も必要十分なものです。Withingsを使うメリットは、周辺機器の多さや他社製アプリによる拡張性の高さにあります。
またタニタの場合はデータがスマートフォンに蓄積されますが、こちらはクラウドに蓄積されるという点が最も異なるポイントです。

候補3 : オムロン

様々な健康に関する機器を作っているオムロンも信頼感が高いメーカーです。
  • HBF-255Tのみ
条件に該当する機種は(おそらく)1機種のみで、タニタと比較すると計測できる項目が少ないものの安価です。AndroidではNFC接続でデータをやり取りし、iPhoneの場合はBluetooth経由となります。
【追記_2002】
ここに記載の情報は、2017年6月時点のものであり、最新の情報については、オムロンの公式ホームページをご参照ください。

この3つのメーカーから選択するとなると...

実際のところ、上の候補の中から選ぶとなると「タニタ RD-906」 or 「NOKIA(Withings)Body Cardio」 まではすぐに絞れます。

ガジェット好きの視点からすると、周辺機器を含めた拡張性の高さ故にWithingsがとても魅力的ではありますが、最終的にタニタを選択した理由はタニタのTwitterのファンだからという機械とは別のところでの話しでした。

新しい体重計は凄かった

TANITA RD-906

TANITA RD-906に決めて、早速ヨドバシアプリで午前11時50分に注文し、同日午後3時30分に届きました。ちなみに、価格は14,110円です。
IMG_20170601_205357_860
体重計とは思えないデザインで、リビングなど人が行き交うところに積極的に置きたくなります。ただ、本体が思っていたより大きく、実際に設置できる箇所はかなり限定されると思います。

事前に少しは調べたかいもあって、スマートフォンとの接続や各種設定は非常に簡単で、実際に使用しても体重管理がここまで「楽」に記録できるのかと感動しました。

追記_数週間使用した感想

TANITA RD-906をリビングから風呂場に移動する途中に設置し、気がついたら体重を記録するようにしています。
ただ、体重計はフローリングなど硬い面に設置しなければ性格な数値を測定できませんが、風呂場の手前にある洗濯機などを設置している場所の床が柔らかく、一番理想的な場所に設置できていないため毎日記録する時もあれば、1週間以上記録しない時もありますが、体重記録と管理に対するハードルが著しく下がったと実感しています。
Screenshot_20170719-095641 Screenshot_20170719-095714 Screenshot_20170719-095724
今のところの大きな問題としては、設置場所の他にスマートフォンのアプリから体重計を起動させる際に度々通信が上手くいかず、面倒になって体重を記録しない日があることです。iPhoneだと不具合が確認できていないので、体重計というよりはXperiaの問題でしょうか。
Screenshot_20170719-095624
まぁ、極端にストイックに体重管理をする必要は無いので、あまり気負わず気軽に体重計を利用していければ良いなと思います。


(Last Editing Date : 2020 / 02 / 19)