息子①、幼稚園の上靴は今年も「瞬足」が良いようです。

なんでも良いわけでは無いらしい

息子①は、普段から自分が身に付ける衣料品に対して、結構なこだわりを見せるタイプです。それは靴に対しても同様で、私なんかより遥かにお洒落に気を使っていると思います。
しかし、息子①が通う幼稚園には指定の制服とジャージがあり、あまりお洒落に気を使う場面はありません。ただ、靴を除いて。

私なんかは3歳児や4歳児が屋内で履く上靴なんて何でも良いだろうと思うのですが、息子①本人にとっては意外と大きな問題らしく、年少児に上がる前に色々と見て回りました。
幼稚園側が設定する上靴の条件は、単純明快に自分で着脱が可能である事のみで、品番や色などの指定は一切ありません。

昨年、息子①の心をつかんだ赤い靴

昨年の3月、進級を前にして買った靴が「瞬足」でした。速く走る事ができる事で有名な靴だそうですが、上靴としてはどうなんだと思いつつ、当時大好きだった赤色がメインでカッコ良いという理由から息子①は頑なに「瞬足」を推してきました。
IMG_20190310_201750_078
昨年、進級前にこの靴を買ってから幼稚園が始まるしばらくの間、息子①は毎日家の中で「瞬足」を履いていました。どうやら新しい靴にありがちな、足が痛くなったり違和感を感じるといった事は皆無だったようです。
IMG_5857
そして、今年の2月(コロナウイルスの影響で3月はほぼ登園が無かった)までの約1年間、息子①はこの赤い「瞬足」と共に年少クラスを文字通り駆け抜けてきました。

「瞬足」が持つ本来的な機能を発揮した場面があったかは不明ですが、お友達からもカッコ良いと言われたりもしたそうで、本人はボロボロになるまで使ったこの靴に深い愛着を抱いていました。
DSC01981

年中児を共にする靴も「瞬足」が良いらしい

サイズアップのために上靴を買い替える

約1年の間履き続けた「瞬足」ですが、誰がどう見ても履きつぶした状態で、かつ身体の成長とともにサイズアップを余儀なくされました。
息子①は上靴の買い替えに難色を示したものの、サイズアップのためなら仕方ないと、先月私と2人でABC-MARTに行って新しい上靴を購入してきました。

「瞬足」以外の選択肢はあまりないのかな?

個人的には、幼児期に愛用していたNIKE ダイナモフリーが最も上靴に適していると思うのですが、息子①の選択は今回も「瞬足」でした。

靴を買い換えると決断した時から、頑固な息子①が「今のやつの大きいのにする」と言い続けていたので当然の結果ですが、何がそんなに気に入ったのか未だに謎です。
ただ、確かに売り場を見渡してみても、「瞬足」は最も男の子の心をくすぐるデザインだと思いますし、機能性は文句をつけようがないので反対する理由もありません。

今回は、「瞬足」シリーズの中でも最も軽量(ポップに書いてあった)らしいCODE ZEROという種類になりました。これは軽量を追い求めた結果ではなく、単純に息子①が一番カッコ良いと思った種類だったためです。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200314184651937_COVER
サイズは、何種類か試してみて18.0cmを選択しました。ピッタリサイズだと17.5cmでも良いのですが、少なくても1年間は使って欲しいので、息子①が試して動きづらいと感じない最大サイズです。

本人は新しい上靴をかなり気に入ったようで、昨年同様購入からしばらくの間は家の中でも試し履きをしていました。前の「瞬足」より断然軽く、動きやすいそうです。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200314203021382_COVER
私が心配なポイントは、耐久性がどこまで犠牲になってこの軽さに繋がっているかです。上靴なので外靴ほどのダメージは無いと思いますが、地面より板の間からの方が靴への入力は高い気もするので、前のよりボロボロになるのが早いかなしれないな、と思っています。