夏用の無線イヤホンを購入しました。

夏にヘッドホンをしたくない理由

通勤用ヘッドホンとして以前当ブログにも書いたSONY MDR-1000Xを愛用していますが、夏が近づいてくるとオーバーヘッドは暑くて使用したくないのが本音です。
【関連記事】SONY MDR-1000X
旅行など限られたシーン以外では、通勤時にしかヘッドホンを使用しないので社会人として見た目も気になる事があります。
秋から春にかけてアウターを着用する時は、MDR-1000Xを使用しても違和感を感じないのですが、クールビスの期間に特に筐体の大きいヘッドホンを使用すると学生気分が抜けていないようなスタイルになってしまいます。

よって、通勤時の音楽鑑賞ヘッドホンを着用せず、スマートフォンに付属のイヤホンを使用する期間がおよそ半年間に及びます。

音楽との距離が離れる夏場

どうしてもMDR-1000Xの音や使い勝手がベースとなってしまうので、スマートフォンに付属するイヤホンに対しては非常に大きな不満が生まれてしまいます。

通勤時の音楽鑑賞は音より使い勝手が優先される

私は音に関する専門家でも無ければ、音についてそれほど強い拘りがありません。幼少期からSONY製品から発せられる音を聞いているのでSONYの音は親しみがあるし、BOSEやJBLなんかも割と好きですから、スマートフォン付属のイヤホンでも音質は良しとできます。

スマートフォン付属のイヤホンについて不満に思う事は主に使い勝手についてです。
1つ目は、ノイズキャンセルではない事です。通勤時に地下鉄に乗車している間は、騒音が大きくなるので音を大きくしたいのですが、音漏れが気になって一定程度までに制限されてしまいます。
2つ目は、ワイヤーがとても邪魔な事です。MDR-1000Xでワイヤーが無くなる開放感を知ってしまったまで、特に気になります。

大きくはこの2つの理由により、今年の夏は通勤時の音楽鑑賞をしなくなりました。

夏場の通勤でも快適に音楽を楽しむ為には

年間を通じて音楽を楽しむために必要な機能は、
  • ノイズキャンセル
    → 通勤で地下鉄に乗るのでノイズキャンセルは絶対に必要
  • ワイヤレス(Bluetooth)
    → 完全ワイヤレス(左右独立型)が理想
の2つの機能です。

現状では大手メーカーから左右独立型の完全ワイヤレスタイプでノイズキャンセル機能が搭載されている機種はほぼ無いに等しいと思います。また、そのような製品があったとしても結構な値段がするのでお気軽感はありません。
ちなみに、AppleユーザーはAirPodsが選択肢になるでしょうが、ノイズキャンセルに対応していない時点で候補からは除外されます。
【追記 : 2017年10月04日】

最近SONYやBOSEから左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンが発表されました。ワイヤードは確実に残っていくでしょうが、これからのメインストリームはやはりこのタイプとなりそうな気がします。
ただ、SONYのWF-1000Xは約25,000円と非常に高価ですし、私の様に通勤時のみに使用(しかも夏期のみ)するという人には少し手が出しづらいと感じます。

しかし、先日Amazonを何気なく見ていて"SoundPEATS Q16"を見つけました。
サウンドピーツというメーカーをAmazon以外で見たことが無いのですが、2010年暮れに中国の深セン市で設立されたオーディオ機器メーカーだそうです。
今ではお馴染みとなったAnkerを見るまでもなく、近年の中華メーカーはデザイン性に優れているだけではなく品質にも問題を感じる事は少なり、その上で同等性能の製品と比較すると非常に安価なものが多くなってきました。(Ankerは元Googleの人だけど)
【中華メーカーについて】

私も以前は中華メーカーに対してある種の偏見を持っており、どんなに安くても結局は安物買いの銭失いになると決め込んで購入する事はありませんでした。
しかし、最近ではとりあえず使ってみるかと色々なメーカーの色々な製品を自分で使うことによって、中華メーカーでも良い製品を送り出している事に気づきました。

SoundPEAS Q16

私がQ16を購入した時点での価格は約5,000円と左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンとしては破格の価格でしたが、早速届いた商品を開けてみるととても高級感のある外箱ですし、キャリーケースの品質も日本メーカーより良さそうな気がします。 
DSC_0236
同封物も充実しており、別に何かを購入する必要はありません。説明書は日本語に対応していませんが、特に難しい事もないですしAmazonの製品ページを見れば日本語で色々と書いてありますので気にする事はないでしょう。

充電はUSB経由で行う必要がありますが、現在ではこのような充電方法が主流といっても良いので違和感はありませんが、途中で2つのmicroUSBに分岐している特殊なケーブルになっています。
DSC_0238
サイズ等の基本スペックはSoundPEATS Q16をご参照いただきたいのですが、ワイヤレスイヤホンの基本的な性能を全て抑えつつ、Bluetooth4.2、ノイズキャンセリング、防水性能、マイクなども搭載されています。少なくても私にとってスペック上はこれ以上なくマッチした製品です。

またAmazonのページによると、充電時間は2時間で使用可能時間は6時間との事ですが通勤で使用するには充分です。逆に、この筐体でワイヤレス機能とノイズキャンセル機能が同居しているのに6時間も使用できる方が驚きです。
DSC_0237
Q16はご覧の通りイヤーフック型なので、完全独立型ワイヤレスイヤホンとしてはボディサイズがかなり大きめです。しかし、スポッと耳に入れるタイプだと地下鉄内や歩行時に落とす可能性があると考えたので、このタイプにしました。
最初に使用した時は装着感に少しだけ違和感を感じたものの、慣れれば眼鏡を使用しながらでも問題なく使用できます。

左右独立型なので両方で音量調整など各種操作が可能ですが、ペアリング自体は右のイヤホンを利用するので注意が必要です。

少しややこしいペアリング方法

Q16の欠点の1つはペアリングがやや面倒なところです。SONY機器を常用している身としては、NFCで一発設定をしたいところですが、価格的に厳しいのかそこまでやっている中華メーカーを見ることはありません。

Q16のペアリング方法は、
  1. 右イヤホンの真ん中のボタンを長押し
    →「Power On」と音声が流れるが、ボタンを押し続ける
    → 本体裏のLEDが赤青点滅となる(ペアリングモード)

  2. スマートフォンのBluetooth設定からQ16を見つけタップ
    → これでペアリング自体は完了

  3. 左イヤホンの真ん中のボタンをLEDが青く点灯するまで長押し
    → これで左右のイヤホンが繋がる

意外な事に音質は及第点

音楽を聞くための機器なので、個人的にはあまり気にしていないとは言え音質についても書きたいと思いますが、端的に言えば割と良いです。
中高音域に強く、低音がやや弱いのですがバランス自体は取れているのでどんなジャンルでも許容できる音質です。ただ、この音質をチープだと言う人も少なからずいるとは思います。

ノイズキャンセル機能は必要十分程度で、SONYと比較するとやや弱いというか粗いですが、地下鉄乗車時に音量を高めなくても普通に聞こえるので問題はありません。

SoundPEAS Q16 総評

この機能とこの音質でこの価格は、大手メーカーにとっては非常に脅威となるでしょう。特に完全独立型ワイヤレスイヤホンは、音を探求している人よりは気軽に音を楽しみたい人をメインターゲットとしているでしょうから、コストパフォーマンスは重視されるべきです。
また、左右独立型であり最大で10m程度離しても利用できるので、例えば高校生カップルが2人で同じ音楽を楽しむといったシチュエーションには良い選択となるでしょう。

使い勝手は改善の余地があります。左右独立型だから仕方ないのですが、まず片方の電源を入れさらにもう片方の電源を入れる必要があるので一手間多いです。

とにかく小さい事に拘りがある方には向いていませんが、割と良い音質や十分な駆動時間に加えて魅力的な価格なので完全ワイヤレスの入門機として最適だと思います。

使用していて気になった点は、たまに左側の音が途切れる事です。他のサイト様にも同様の記載が散見されていますが、製品自体の仕様だと割り切るしかないと思います。
ただ、途切れると言っても長くて1~2秒程度なので通勤時に気軽に使用している私にとっては大きな問題ではありません。