アクセス数が多い記事の続きです。
【関連記事】
 ① SONY VAIO Tap11という駄作について
 ② 駄作ではなくなったSONY VAIO Tap11
 ③ SONY VAIO Tap11 「Bluetooth」と「WiFi」が途切れる問題への対処

前回評価が好転したTap11のその後

関連記事②では「まぁまぁ買い」と評価したSONY VAIO Tap11ですが、実は当ブログの中で特に読まれているのがSONY VAIO Tap11の関連記事です。その為、Tap11に関して有意義なコメントも幾つかいただいており、今回はそれらについて検証をしました。

個人的にはTap11とこんなに長く付き合う事になるとは思っていませんでしたが、残念なことにTap11に代わるような魅力的な製品が無く、トラブルに都度対処しながら使い続けています。

今回はTap11に関して総集編という感じでまとめてみたいと思います。

最大の問題はやはりキーボード

これまでも幾度となく書いている様に、Tap11は周辺機器を全て無線で繋ぐ使い方がベストなPCとして設計されています。
しかし、独自規格・Bluetooth・WIFI・NFCといった全ての無線形式で諸々問題が頻発し、中でもキーボードの接続の不安定さがPCとして使うに当たって致命的な欠陥となっていました。

発売当初はキーボードと本体の接続が途切れた際に、関連記事①内に記載してあるペアリングツールを使用してキーボードを再接続するといった方法しか無く、これがまた非常に不便でした。
接続が途切れる頻度が数分に1回と有り得ないペースだったため、私はペアリングツールをショートカットでデスクトップに配置していました。

その後、関連記事②に記載してあるレジストリ-変更プログラムの公開により状況がかなり改善しました。このプログラムを導入して以降ペアリングツールを使用したのは1回ないし2回程度で、キーボードは普通に使うには問題のないレベルまで改善しました。
【注意】
関連記事②に記載したレジストリ変更プログラム(2014年8月6日付)について、2015年9月10日に再度アップデートされており、当該記事からリンクしているものも新しいバージョンになっています。また、このアップデートプログラムはVAIO Updateに対応しており、多くの方は自動的にインストールされているものと思います。

直近の関連記事③の記載を適用し、BluetoothやWIFIの接続の問題もある程度改善されました。

これまでにいただいたコメントを検証してみた

前回の記事までを時系列で振り返ると確かに改善はしていますが、他のSONY VAIO Tap11ユーザーの皆様のお声をいただき、そのいただいたコメントを読むとやはりキーボード接続の不具合が実はまだ根深いものであると知りました。

確認できた点としては、
  • キーボードの接続の問題は、私のSONY VAIO Tap11だけではない
  • 関連記事②の対処をしても特定の場面において文字入力が難しくなる
  • VAIO Updateを当て続けると、キーボード接続に不具合が再発生する
といったところで、特に問題なのはキーボード接続に不具合が再発生するという事象だと思います。

私ができる範囲で再度チェックをしてみようと思い、見逃しているUpdateは無いかをチェックし、様々なソフトウェアで文字入力に不具合が生じるかを確認してみました。
あくまで私のTap11という環境、そしてソフトウェアも一般的によく使用されているものにプラスしてAdobe関連のソフトウェアの検証です。ちなみに、タッチパッドは依然として使いものにならないためBluetoothマウスを使用しました。

結果としては、
  • キーボードの接続に問題があるのは、PCを立ち上げて(再起動やスリープからの復旧を含む)Windowsのパスワードを打ち込む時に1文字目は100%ロストする程度
  • しばらく放置していると何故かCTRLキーが押しっぱなしだと認識される
その後、ネット上で不具合が話題になっていないかと思い検索しましたが、少なくても価格.comや2chなどの口コミサイトでも特に祭り状態になってあらず、これ以上の検証は断念しました。

おそらく、それぞれの状況によってキーボード接続が不安定になる場面が違うのだと思いますが、キーボードについては当ブログでこれまで紹介してきた対応策以外ほぼ情報がない状態です。
但し、SONYにキーボードだけ送ったら新品になって返ってきて調子が良くなった例があるとの事なので、リカバリしたり各種アップデートプログラムを適用してダメならSONYに凸電が正解かもしれません。
おそらく、私を含め一般の人が対応できる範疇は当ブログでこれまで紹介してきた対応策程度の事だと思います。それでダメなら潔く諦めてメーカーに頼むしかないというのが結論でしょう。

また、VAIO Updateを当て続けるとキーボード接続に不具合が発生する事については、Windows Update → VAIO Updateの順番でやってしまったという可能性が考えられるのと、配布されているアップデートプログラムが壊れている(前科あり)可能性があります。ただ、いかんせん私のSONY VAIO Tap11で再現性があるわけではないので、検証はできませんでした。

SONY VAIO Tap11の現在の評価

SONY VAIO Tap11は「結果的に駄作」です。

理由としては、キーボードが100%まともに使える日が来るとは思えないからで、やはりこの問題によって駄作認定されるのは仕方ないかと思います。

【MEMO】VAIOの初期セットアップ方法

VAIO使いにとっては半ば常識ですしスタートガイドにも記載されているのですが、VAIOは昔から少々独特なセットアップ方法を採用しており、おそらく正しくやっている人はほぼ皆無ではないかと思います。
ちなみに、私のSONY VAIO Tap11も正規の初期セットアップ方法ではないので、PCの初期化を行って正しい初期セットアップを行う必要はあるかもしれません。
一般的なPCだと、初期セットアップの方法なんかに拘らなくても問題なく使用できます。しかし、ここまで不具合が多いと全ての不安要素を潰す必要を感じています。

幸いSONY VAIO Tap11のSSD内に保存しているファイルはなく、全てクラウドや外付けHDDなどデータを保存しているため初期化をするハードルが低いのですが、普通にPC内部にデータを保存していたら非常に面倒でしょう。

VAIOの正しい初期セットアップ方法は、ソニーショップ★テックスタッフさんのブログとVAIOのスタートガイドを参考にしました。リカバリディスクの作成は、VAIO Careから行います。容量が大きい為、32GBのUBSメモリ(USB2.0)が必要になります。
  1. 初期設定でのネットワーク接続をスキップ
  2. PC名、ユーザー名を半角英数字にする(Microsoftアカウントはまだ登録しない)
  3. 初回起動後にワイヤレスネットワークを接続
  4. VAIO Updateを開始
  5. Windows Updateを開始
  6. Microsoftアカウントを登録
  7. (必要であれば)WindowsストアアプリよりWindows8.1へアップデート
  8. VAIO Updateを開始
  9. Windows Updateを開始
  10. 各種ソフトウェアのインストール
少し時間に余裕ができたら一度完全な初期化を行い、1から環境を再構築していきたいと思います。環境を再構築する過程で色々と気づくこともあると思うので、何かあればまたUPして情報を共有していきたいと思います。 

ここからは愚痴になるのでスルー推奨

これは、SONY VAIO Tap11の無線関連だけで発売から現在までにリリースされたアップデートプログラムです。

SONY印終盤に発売されたVAIOは、総じてBluetooth・WIFI・NFCに関連した問題が発生しており、詰まるところSONYは無線に関連する技術が不足していたのではないかと推察します。

確かにどのメーカーのPCでもアップデートは行われていますが、Tap11は設定がかなりおかしい状態で発売されていたのは疑いようが無く、アップデートプログラムを適用すると状況が改善するのが事実であることから、誰しもがわかる不具合を放置したまま発売を強行したSONYの責任はかなり重たいと言わざるを得ないとSONY党としては非常に残念な結論となりました。

是非Tap11を開発したチームの方とじっくりとお話をさせていただきたいのですが、中々そういう機会もないので、今のところSONYという会社全体の問題(サポートセンターの対応の悪さも含め)だと認識しておきます。