SONY VAIO Tap11のBluetoothとWIFIが「よく」途切れる問題への対処方法です。
【関連記事】
 ・SONY VAIO Tap 11という駄作について
 ・駄作ではなくなったSONY VAIO Tap 11

Bluetooth

Bluetooth接続のマウスを使用している為、頻繁に接続が切れると非常にイライラします。ただ、これはWindows8.1が搭載されているPCにおいて全般的に起きている事象のようです。
この方法を試す以前にBluetoothのドライバーを入れ替えたりしてみたのですが、余計に状況が悪化しました。いきなりBluetoothの機能自体が消える事もあったので、自動的にドライバーが更新されないように設定する事をオススメします。

WiFi

  • Bluetoothと同じく、WiFiの電源管理で勝手にオフにならいようにする

以上、2014年11月に記載した内容です。

【追記】Windows10をインストール後の状況

  • Tap11にWindows10を入れてから、Bluetoothに係る問題は出ていない
マウスが使えなくなるという事は1度も発生していないのでUpdateで対処された可能性があります。元々、Windows8.1搭載の様々な機種で確認されていた不具合だっただけに、Microsoft側のアップデート(タイミングは不明)で修正されたものと思います。
  • WiFiに関しては、やはり10~15分くらいすると途切れる
  • WiFiは勝手にオフにならない設定だが、何かが影響してオフになってしまう様子
  • WiFiは通知上は接続されたままなので、いつ途切れてるかが全くわからない
WiFiに関しては例えばYoutubeを見ていたり、ネットを見ていたりしても急に途切れてしまうため、大きなファイルのアップロードなどはかなり神経を使います。
Windows10へのアップグレードも、この問題の為にかなり時間がかかりました。

【追記】無線LAN親機買い替え後の状況

WiFiの接続に関しては、無線LAN親機にも問題があったようで、そちらを更新したら頻度は低くなりました。ただ、完全に常時接続されているわけではないので、まだ何か問題が残っているようです。