SONY VAIO Tap11を絶対に買ってはいけません

冒頭から大きな文字で失礼いたしました。

私が昨年末から使っているSONY VAIO Tap 11について、インターネット上ではあまり情報がないので忘備録も含めて書いておきますが、後半はほぼ愚痴になります。

VAIOがSONYでは無くなることもあり、今からTap11を手に入れる方はほぼ皆無でしょうが、もしあなたが購入を考えているならば、いますぐに他のPCを探してください。

なぜTap11を買ってしまったのか

1612
愚痴ばかりになる前に SONY VAIO Tap11についての概要を紹介します。

Tap11は、カタログ上で見る限り価格・性能・見た目のバランスが非常に良かった上、大好きなSONYの製品であるという理由から特に不具合情報などは調べもせずに購入してしまいました。

新しいPCを購入する際に条件としたのは、
  • 予算15万円以内
  • 持ち運ぶ用なので11~13型
  • 性能自体はそこそこで良い
で適合する製品の中から、
  • 最近のSONYのデザインで、Xperia Z1などと親和性がある
  • 身の回りがほぼSONY製品であるため、SONYの方が何かと楽
  • SONYが大好き
という理由によりTap11を選定しました。

Tap11を適切に表現するなら、ノートPCというよりはキーボード付きのWindows8タブレットと表現した方がしっくり来るでしょう。昨年12月に購入しているので、私のTap11はマイナーチェンジ前のオーナーメイドモデルとなります。

タブレット型なので性能的にはインターネットやメールなどちょっとした事を処理をする程度です。サイズ感はMacBook Air 11と大体一緒くらいで、デザイン的にはAir11よりTap11の方が良いと個人的には思います。
5d3b1249
Tap11の最大の特徴は、画面とキーボードが離れていて無線(独自規格)で繋がっている事です。この機構が魅力的でTap11を購入した方も多いかと思います。

画面とキーボード自体が無線で接続されている事からわかるように、基本的にUSBなど有線で外部機器と接続するというよりはNFC・WiFi・Bluetoothを利用して全て無線でつなぐ使い方がベストなPCとなっています。
元々そういった思想で設計されているためかUSB3.0が1箇所しかないのでUSBハブは必要不可欠で、必要に応じて外付けのDVD(BD)ドライブやHDDも用意した方が良いでしょう。

細々した事は後にして、良し悪しをリスト化

SONY VAIO Tap11の評価リスト

いいねヽ(=´▽`=)ノ
  • 薄型軽量で仕事で持ち運ぶには最適な性能とサイズ
  • イラストレータやフォトショップも動く
  • 何より見た目が良い
  • 画面が綺麗
  • SSDだし起動も終了も普段の動作も速くてストレスを感じない
  • 他に使っている人を見たことがない
う~ん (´・ω・`)
  • 起動してPassを入力するときに、1度目は必ずエラーになる。多分キーボードの接続の問題
  • 使ってると急にキーボードが使えなくなる
  • 外付けHDD内の写真を大量に選択して他フォルダに移動すると、100%キーボードが使えなくなる
  • Bluetoothのドライバを更新するとBluetoothの機能が削除される(Tap11だけの問題ではないらしい) 
  • 他の機器は問題ないのにTap11だけWiFiが使えなくなる時がある
  • 排熱が悪いのか、高負荷時じゃなくても熱暴走に陥ることがある
  • キーボードの充電の残り具合をパッと確認できない
  • 最近のVAIO全体の問題だが、タッチパッドがどうしようもなく使いづらい
  • USBスロットの位置が本体上部にあるため、周辺機器をつなげると邪魔になる
  • 電源端子の形状の問題だと思うが、ちょっとしたことですぐ電源端子が外れる
このように、問題点を列挙するとこのPCは使い物にならない事が理解していただけるかと思います。

なぜTap11を買ってはいけないのか

とにかくトラブルが頻発しすぎて大変。この一言に尽きます。私は既に購入してしまったので、 なんとかあと1年半は付き合っていければ良いと思っています。

最大の問題は、最大の特徴である分離キーボード

他にどんなに良い点があっても全て相殺されるほど完成度が低い分離キーボードは、3分に一度ペアリングが切れてしまう有様です。
どうやったらこの状態のまま製品化にGOが出来るのか理解に苦しみますが、ネット上でも同様の指摘が多数存在するので個別の問題ではなく「仕様」だと思われます。

最初は何が起こったのか理解不能でした。ペアリングが切れると全くの無反応になるのですが、その他の症状としては、Ctrlキーが押しっぱなしになってしまい他のキーが反応しないような状態になったりもします。

公式ページに紹介されている方法のSTEP4に書いてあるペアリングツールを使用する事で復旧が可能ですが、Tap 11のデスクトップにペアリングツールのショートカットを設置しないとあまりに頻繁に接続が途切れてしまうので復旧も面倒になります。

WordやExcelを使って何か書類を作っている最中、突然キーボードの接続が切れて文字が打てないという状況に置かれる事は仕事をする上であってはいけません。
また、プライベートで何か作業する時でも数分に一回キーボードを本体に接続し直す事の面倒さは言葉にし難い苦痛です。

問題が解決される日は来るのか

Tap11の本体とキーボードは独自規格で接続されており、Bluetoothと干渉していると分析されているブログもあります。ただ、私はBluetooth機器の接続を切ったりそもそもOFFにしても同様の現象が起きたので、電波の干渉というよりはドライバの干渉とかソフトウェア的な問題だと思っています。

SONYに問い合わせてもたいした返事はありませんが、仮に電波の混信だとすると致命的な欠陥となり、確実にリコールになるでしょう。
なぜならタッチパッドが酷すぎる上にUSBも1箇所なので、絶対にBluetoothマウスを使用する事になるのですが、電波が干渉してキーボードが使えなくなるなら外部入力機器を全て諦めなければならないからです。

正直な話、SONY VAIO Tap 11を買うなら間違いなくMicrosoft Surface Pro3やMacBook Air 11を購入した方が幸せになれます。

最近のSONY製品はとにかく完成度が低くリリース直後はトラブルに悩まされる傾向が顕著で、またそのトラブルの解消が遅いまたは完全に放置されています。
そういった点から、Tap11のトラブルは根幹的な問題であるが故に放置される可能性が結構高いのではないかと思っています。




ちなみに、Tap11の一番のお気に入りポイントは吉田カバンの専用ケース 
1613


SONY VAIO Tap11シリーズ
 ・駄作ではなくなったSONY VAIO Tap 11
 ・SONY VAIO Tap11 「Bluetooth」と「WiFi」が途切れる問題への対処
 ・やはりSONY VAIO Tap11は駄作なのか
 ・SONY VAIO Tap11 アップデートプログラム EP0000323846
 ・SONY VAIO Tap11の終焉とブートキャンプ

(Last Editing Date : 2018 / 05 / 09)