LifeLogを使いたいが為に購入したのですが・・・

年齢とともに健康志向になってきた

健康など何も気にしなくても調子悪い日がほぼ無かった20歳迄。アイスホッケ-で身体を鍛えていたおかげもあり、体力や健康に変な自信を持って過ごしていた20代が過ぎ去りました。

30代となり社会人として日々過ごしていく中で、過去と違い調子が良い日があまり無くなったと感じるようになり自然と健康的な生活への憧れが強くなってきました。
これまで特に健康を意識した事は何もしないで生活してきた私にとって、健康的な生活への第一歩である自分の生活習慣を把握する事は非常に難しい作業です。

その難しい作業を遂行するには、日々の生活リズムを「自動的」に記録する必要があります。数値や高度を意識記録(レコーディング)する事により意識を高めていくのは手法として王道ではあるものの、それを手動で行うのはそれ自体に高い意識と意志が必要です。
私の様に堕落した人間は到底達せない域にある「記録」という行為を行うには、SONY謹製の「LifeLog」というアプリを使用して自分の行動履歴が自動でログとしてスマートフォンに保存し、長続きするという概念自体を無くして第一歩を踏み出す事が絶対的な条件です。

というわけで、ログを取るためのガジェットを購入

SONY SmartBand SWR10

名称未設定 1
SONY SmartBand SWR10は、腕に巻いておくだけで自分の行動が記録されていくので、特別何かを入力しなくても自動的に自分の生活習慣がわかる画期的アイテムです。

さて、箱にはセンサー(真ん中の白いやつ)と2つのラバ-バンド(男性用・女性用)が入っています。センサーにはボタンとLEDが3つ付いていますが、直感的にSWR10のLEDがどういう意味を持つかわかる人はいないでしょう。
SONY製品らしく発売当初は最新OS・最新規格じゃないと適合せず、購入してから1~2ヶ月後に降ってきたXperia Z1のアップデートでようやく使えるようになりました。

いざ使い始める時は、スマートコネクトというアプリを入れでNFCで接続し、通知関連だけ自分に合ったものを設定すればOKなので難しい事は何もありません。
但し、私の様にスマートウォッチを持っていると、通知はもちろんのこと音楽プレーヤーやカメラなどの操作もスマートウォッチで行うでしょう。

LifeLogアプリの為だけのSWR10

SWR10に出来てSW2で出来ないのはLifeLogだけなので、逆に言えばスマートウォッチにSWR10の機能が付加されればわざわざ新しいガジェットを購入する必要がなく、左腕にスマートウォッチを装着しつつ、右腕にSWR10を装着している姿は自分自身でもおかしいと思う事は無かったでしょう。

自動的に生活リズムを記録していくのは良いのですが、SWR10は電池容量が少ないので、1つのアプリの為に3日に1度充電しなければならない機器を使うのはやはり面倒だと感じます。この程度の機能しかないのですから、せめて1ヶ月は使用し続けられるような物にできないのでしょうか?

また、そもそもLifeLogアプリの方向性にも疑問があります。
  • LifeLogは健康志向ではなくエンターテイメント志向
  • 複数の端末で運用ができない
使い始めてから気づいたのですが、記録を取っていても「で?どうするの?」という情報が皆無なのでデータを上手に活かす事が困難です。
さらに、クラウドでデータ管理をしているにも関わらず、スマートフォン、タブレット、PCなどでの統合管理が不可能なので、あくまでZ1を使用している時間内でのログとなります。つまり四六時中スマートフォンと行動を共にしなければなりません。

最大の問題はデータに信頼性が無いこと

SWR10を使用していて感じるのは、スマートフォンで何をどれだけ使っているかは割りと正確に知る事は可能ですが、睡眠時間や移動手段などSWR10から転送され記録されるデータの信頼性は全くないと言っていいほどアテにならない事です。

自転車通勤をしてもLifeLog上ではバスと乗り物が半々となり、べ-タ版とは言えあまりにも酷い精度に驚きました。移動で言えば時速1~4km/hまでが徒歩、10~20km/hが自転車、みたいなかなり単純な処理しかしていない気がします。

単純にSWR10からの情報を解析して睡眠、移動などを分析し、そこにスマホの利用状態を付加情報として見せているに過ぎない上に、SWR10からの情報の解析が適当なのでデータを見ても意味が無いと言わざるを得ません。

つまり、当初想定した使い方をする事は非常に難しく、信頼できないデータを知るために過大なストレスの中に身をおくことになります。結果的に、コンセプトも中途半端な上に精度が悪いので、全くもって無駄な買い物になりました。

【追記】Lifelogが全く進化していない件

先日この記事を再編集している時点ではすでにSWR10はもちろんLifelogアプリも使用しておりませんでしたが、どの程度進化しているのか気になったので数日間再度利用してみました。

結果としては、依然として携帯の使用履歴が可視化される以外のデータは信用できないと判断せざるを得ない状態でした。

家にいるのに10分程度自動車を運転していると記録されていたり、歩いていても全く記録されていなかったりとこのアプリの信用性はほぼ皆無だと言って良いでしょう。
但し、SmartBand2などの機器を使っての計測では無いので、その点は差し引いて考える必要はあるかと思います。SONY製スマートウォッチの新型(SWR50の後継機)にwena wrist activeの機能が搭載されれば即購入して再びLifelogアプリも使用すると思いますが、現時点ではこのアプリを積極的に使用する理由はありません。
【関連記事】SONY SmartWatch4 はどうした!?
最新型Xperiaにも標準で搭載されているLifelogアプリですが、残念ながらベータ版から大きな進化を感じることはありませんでした。



(Last Editing Date : 2018 / 05 / 14)