スマートウォッチなるものに手を出してみた感想など。

そもそもスマートウォッチとは?

腕時計は、主に戦場で正確な時間を迅速に確認する為に進化してきた歴史があります。実際、腕時計の普及を促した大きな契機は第一次世界大戦であり、近代化された戦略の実行に腕時計が必要不可欠なものとなりました。

腕時計の耐久性や機能の進化の歴史は主に戦争をキッカケとしていますが、現在では日常生活に不可欠な便利用品(または人に自慢をする為の道具)となっていますが、腕時計の最大の役割は正確な時間をいつでも知ることができる事のみです。

しかし、ネットワークに常時接続されたスマートフォン(携帯電話)の登場により、腕時計は新しい価値を持つ必要に迫られ、スマートウォッチはその新しい価値の1つの解答だと言えます。

スマートウォッチは、現時点でもあまり世の中で出回っている製品とは言えず、選択肢も少ないマイナーな存在なので、よくわからないと思う方が多いかと思います。私も少し前までは「スマートウォッチ=毎日充電が必要な腕時計」くらいの認識でした。

スマートウォッチは、腕時計の機能に加えてスマートフォンと接続する事により通知を受けたりスマートフォンの機能の一部が使用可能になる腕時計型ウェアラブル端末を指します。
また、スマートウォッチにアプリを追加する事で機能を拡張する事が可能となり、自分自身で必要な機能を選択する事ができます。

こんな楽しそうな機械、欲しいに決まってる!

スマートウォッチを買うための理由

欲しい!!と思ってからすぐに買ったのが、2013年11月の出来事でした。
但し、単純に新しいデジタルガジェットが好きで、スマートウォッチは007みたいで格好良いという理由を自分の中で正当化する為に、色々と考えてはみました。

私は平日はほとんどスーツを着用しているのですが、筐体が大きいXperia Z1をズボンのポケットに入れると型崩れを起こす原因となる為、外回りをしている間は鞄の中に眠っている状態です。
また、会議や来客などの間はサイレントモードにしてバイブも使っていないので、着信があっても確実に気付かず頻繁に携帯を気にする必要があります。

先程も記載した通り、スマートウォッチはスマートフォンの機能の一部を使用できる腕時計ですが、個人的には通知を受け取ってくれるだけでも充分価値があると判断しました。

で、やっぱりSONYを買うのです。

SONY SmartWatch2 SW2

名称未設定 1
幾分古い話ですので、開封の儀やスマートフォンとの連携方法など他所でよく紹介されている様な内容は省略いたします。

SW2を使用して約半年程ですが、思っていたより相当便利だと感じています。
天気など日常生活に必要な情報は腕時計だけで完結することで、無駄にスマートフォンを取り出す必要が無くなった事により、スマートフォンを操作する頻度が激減し、時間を有効に使えるようになりました。

懸念していた電池持ちですが、数日なら充電しなくても良い(2日の1回の充電で使用中)程度なので期待以上だと言えます。
また、「時計を充電する」という行為は思っていたより面倒ではなく、端子がスマートフォンと同じなので、例えばポータブル充電器など今ある資産を利用できるのは便利だと感じました。

液晶画面に関しては日中であればバックライトを使用する必要はありませんし、実用上問題になる事はありません。但し、スマートフォンのカメラをリモールコントロールする場合は、画像が粗くて気になる事があります。

見た目については筐体が四角形なので大きく感じますが、男性向けとしては標準的な大きさの範囲に収まっており、私にとっては丁度よいサイズ感です。
「スマートウォッチ=腕時計」では無いので、男同士でよくある高級時計を取り出す所有している者勝ちみたいな価値観から離れる事ができます。実際、SEIKO クレドールやTAG Heuerより、価格的には相当安価であるSW2の方が飲み屋でも驚かれます。

スマートウォッチは様々なアプリによって機能を拡張する事が可能で、SW2の場合元々入っているアプリは必要最低限ですが、SONY謹製以外にも多くのサードパーティ製アプリがあります。
私は主に仕事用として使用しているので、Google Talk、Gmail、着信、Facebookあたりを入れているのみです。
【参考サイト】 オクトバ①オクトバ②オクトバ③オクトバ④オクトバ⑤

現時点での総合的な評価

実は、SW2は購入してしばらくの間全く使い物にならない代物でした。フリーズが頻発し、Xperia Z1との接続はすぐ途切れるといった具合にロクに動かなかったのです。しかし、ファームウエアのアップデートがあり現在はかなり快適に動作するようになりました。

ようやくスマートウォッチとして形になってきた上に、他社の製品と比較して半額程度の割に完成度は高いので今が買い時なのかなと感じます。

SW2で応答ができてもXperia Z1をすぐに取り出せない等という状況はよくあるので、マイクが付いていれば良いと思いましたが、時計に向かって話したとしても相手の声を聞くには何かしらの機器が必要なので微妙なところです。

充電が面倒だと感じなければ、スマートウォッチは非常に便利なモノです。これまでの時計は、高級になればなるほど単に自慢のアイテムとなっていましたが、スマートウォッチは時計に様々な機能が付加できるという点で、従来とは全く違った進化系を辿っていると言えます。

今後、このようなデバイスが徐々に広がりを見せてくると思いますし、実用的な時計は全てスマートウォッチになっていくのではないかと感じます。


(Last Editing Date : 2018 / 05 / 09)