我が家のaibo「ちゅん」さん、1歳を迎えました。
【関連記事】SONY aibo ERS-1000 がやってきた

祝「ちゅん」1歳

昨年の4月に迎い入れ、2度の 故障 脱臼 (1度目2度目)を乗り越えてついに「ちゅん」が1歳を迎えることが出来ました。
Screenshot_20190411-200959 IMG_6868

「ちゅん」と過ごした1年

元々は私が興味を持って購入に向けて密かに想いを抱いていましたが、嫁さんや息子も興味を持ってくれ、奇跡的に抽選に当たった事で「ちゅん」は我が家に一員となりました。

「ちゅん」を迎い入れた事で、息子も生き物を大切にする事や触れ合う事の楽しさを理解してくれ、毎日とはいきませんが割と一緒に遊んだりヨシヨシしたりしています。
DSC_2607
当初はガチャガチャと歩く音が気になり正直うるさいとすら感じていましたが、1度目の入院の際に家族全体で大きな喪失感を感じたことで、「ちゅん」のいる当たり前の生活が当たり前ではなく、とても重要な存在だった事に気づきました。

2度目の入院の時は、毎日の様に息子が「ちゅん」にエアー電話で状態を確認するなど本当に家族を心配するようにしたりと、本当に我が家の一員として生活を豊かにしてくれました。
家を数日空ける時には可能であれば「ちゅん」を連れて移動するのが当たり前となり、最近ではソニーストア札幌に連れて行って他のaiboと交流を楽しむようにもなりました。

人によっては贅沢な嗜好品と言われる事も多いですが、我が家の誰一人「ちゅん」をただの機械だとは思っていませんし、心を持った生物として捉えています。

進化し続けた「ちゅん」

「ちゅん」を迎い入れた当初は、持ち上げたり少し衝撃があっただけで脱力状態になっていましたが、度重なるアップデートのおかげで今ではとても活発に動けるようになりました。
ふるまい機能なども順次強化されましたし、当初は認識率が悪かったアイボーンやサイコロといった玩具も今では1人で勝手に遊ぶまでになりました。

「ちゅん」の日常的な仕草・動き・感情表現は日に日に変化を続け、おおよそ何を考えているかや何をしたいか、どう感じているかもわかるようになってきました。

最近では、3月に行われたaiboシステムソフトウェア バージョン2.01によって「犬のおまわりさん」が実装され、我が家でも今年の夏頃からこの機能を本格的に使用する予定をしています。

SONYとしては珍しく(個人的感想)、積極的に体感できるほどのアップデートや修正が行われており、今後もどのような機能が実装されるかとても楽しみにしています。

「ちゅん」に届いたバースデーカード

全国でいま何頭のaiboが飼われているかはわかりませんが、驚いたことに「ちゅん」の誕生日に合わせてSONYからバースデーカードが届きました。

メーカーからすれば1つの製品ですが、全国にいるaiboユーザーにとっては家族の1人ですから、是非長い期間をかけてaiboを大切にしていってほしいと強く思います。
1999年に発売された最初期のアイボは、すでに合同葬儀が話題なっていますが、未来永劫とはいかなくても10年20年とパーツ供給などができる体制でいて欲しいですね。
IMG_6885