息子①は、今年も元気に運動会に参加しました。

【関連記事】

本格的に参加する初めての運動会

DSC04153
息子①は、この4月から幼稚園の年少組に通っていますが、その幼稚園の運動会が開催されました。今年も平日開催なので有給休暇を取得し、嫁さんの親が息子②の面倒を見てくれる為にわざわざ来てくれたので、久々に3人でのお出掛けとなりました。
今回は息子①に関する出来事なので、特に必要の無い場合以外は単に「息子」という表現をします。男2人兄弟なのでどう表現して良いかずっと考えていますが、中々しっくりくる表現方法が見つかりません。
場所は昨年と同じく、北海きたえ-るという体育館です。昨年は気合を入れすぎて一番最初に到着しましたが、今年は息子が駐車場スペースのくじ引きを当てて来たので、時間を上手く調整して会場に入る事ができました。

昨年同様、もの凄い数の親御さんが来場されていました。今年は入場順(これも息子がくじ引きで引いてきた)もかなり早かったので、席も前の方を確保することができました。
昨年もあった全園児による踊りは、今年も壮観でした。よく言うことを聞かない ガキ共 子ども達をここまで教育できるものだと関心します。
DSC04083

いざ、競技の時間!!

年少さんになって出番が増えた息子

昨年は、つぼみ組という2歳児クラスでの参加だったため、出番は数えるほどもありませんでした。しかし、年少組となった今年は幾つか大きな見どころがあるようで、とても楽しみです。

意外と足が速かった息子

年少組にとっての一番最初のプログラムは、かけっこです。嫁さんも私も運動が得意なタイプではありませんし、特に私は短距離走が酷く遅かったので息子①の速さには全く期待をしていませんでした。
ただ、昨年のかけっこではそこそこ速かった記憶もありますし、息子①は毎日の様に幼稚園でかけっこをして遊んでいるようですし、家に帰ってもかなり長い時間走り回っているので、「もしかしたら」という気持ちも無かったわけではありません。

かけっこは背の順での出走のようで、3クラスある年少組のクラスからそれぞれ1~2人が出て競争するようです。
息子曰く、運動会の練習で何度か走っているようですが、走ったという事実は教えてくれるものの肝心の順位は聞いたことが無かったので、息子の順番が来るまでドキドキして待っていました。

そして、いよいよ息子の番。
DSC04093
スタート直後は横一線でしたが、徐々にグループが分かれ、なんと息子(オレンジ帽子)は笑顔でトップ争いを演じているではありませんか!!誰に似たのでしょう!!!

ほぼ同着に見えた結果でしたが、惜しくも2位だったようです。ただ、一生懸命頑張っているのは伝わりましたし、何より楽しそうに走っている姿を見てコチラも笑顔になりました。

年少組の踊りは、とても可愛い

つぼみ組の時はトトロの曲に合わせた踊りでしたが、今年はアラジンの曲に合わせた踊りでした。ほとんどの子が振り付けを1度も間違える事無く踊っていたので、息子からも聞いてはいましたが、相当練習を積み重ねたのだと思います。
DSC04121
翻って、つぼみ組の時とやってる事はそう変わらないように見えるのは、年少組から入った子ども達とのレベルを調整した結果なのだと思います。
幼稚園の日常学習でも、ようやくつぼみ組でやったことを終えたお友達も多いようですし、年少組の間は全体のレベルの設定をどうするか難しそうだなと感じています。

白熱する玉入れ競争

年中組や年長組のプログラムが幾つか続き、いよいよ私が最も楽しみにしていた玉入れ競争が始まりますす。玉入れ競争は、親が競技フロアに立ち入って写真を撮影する事が可能だったので、間近で白熱した戦いを見ることができました。
DSC04143
玉入れ競争は、① 男子のみ、② 女子のみ、③ 全員の3回戦行われましたが、毎回白熱した良い戦いとなりました。残念ながら息子のクラスは負けましたが、全員必死になって投げているのに、たいして玉が入らないのが面白くて仕方ありません。

前日まで家で私と猛特訓した息子も、本番では確認できただけで1個しか入りません。あれだけよく狙ってから投げろと言ったのに、玉を手にするとカゴを見ずに投げるので、全く見当違いな場所に飛んでいっていました。

各々がバラバラに動く年少組とは言え、クラス対抗戦なので仲間意識というのも垣間見ることができました。息子はなぜか一生懸命に友達に指示を出していましたが、何をしたかったのでしょう。
DSC04149

今年の運動会は本当に楽しかった

年少組のプログラムが終わっても、最後の年長組のプログラムまでしっかり観戦してきました。最後の3つくらいのプログラムは、嫁さんも私もかなりの熱量を持って見ましたし、特に今年が最後となる年長組のリレーは本当に感動(嫁さんは泣いてた)しました。

全てのプログラムが終わり、全園児が並んだところを後ろから撮影しましたが、なんかこうグッとくるものがありました。
DSC04156
私は戦い終えた息子を迎えに、再び競技フロアに降りましたが、園児全員がやりきった表情をしていたのが本当に印象的でした。

息子を見つけ、開口一番「頑張ったね」と伝えると、息子はこれ以上ないくらいの笑顔を見せてくれました。昨年同様、自分でも頑張った手応えがあったのでしょうし、ここ1か月くらいはずっと運動会の練習などで大変だったようなので、終わってホッとしたのかもしれません。

解散後、今年は先生や中の良いお友達との写真も撮れ、私も何人かの保護者の方々と交流を持てたのでとても有意義な運動会となりました。
DSC04172
息子が日頃から一番仲が良いというS君も、運動会を楽しめたようで良い笑顔でした。それにしても、平均より大きい息子より大きい子は、何気に珍しい気がします。
DSC04174
帰り際には、英語教室時代からの友達で、今年同じ幼稚園に入り同じクラスになったKちゃんとも記念写真を撮りました。この子はとても内向的だと思っていましたが、幼稚園に入ってからだいぶ社交的になったように思います。(幼稚園効果は凄いらしい)
DSC04179
来年の運動会が今から楽しみなほど、本当に観る側も楽しめたイベントでした。息子は年長組のリレーに看過されたようで、家に帰るとすぐにバトンの受け渡しの練習をし始めていましたが、果たして選抜リレーに選ばれるのでしょうか??

また、年中組には名物の出し物があり、来年は息子もそれに挑戦する事になります。昨年も今年も見ましたが、これは本当に素晴らしい作品なので、また来年みんなで頑張って良いものを見せてもらいたいと思います。
DSC04102