2人育児ならではの楽しみの1つ。お揃いの服。


さすがに大変さも出てきた2人育児

息子②のハイハイが速くなり、つかまり立ちを始めて動き回るようになると、やはりこれまでとは比べ物にならないほどに注意力と労力がかかるようになりました。
また、そのために私も嫁さんも息子②にかまう時間が絶対的に増え、息子①に寂しい思いをさせる時間が増えたことで、彼の不満はより大きくなっています。

育児におけるコロナウイルスの影響は大きい

世界的に拡大するコロナウイルス感染症は、我が家の育児にもかなり大きな影響を与えています。4月半ばにあった義父の49日法要以降、わざわざ感染リスクの高い都市部にいる必要が無い嫁さんと息子達は嫁さんの実家に置いてきていますが、それ以前は本当にあらゆる事に気を使わなければなりませんでした。

まず、コロナウイルス感染症拡大に伴う幼稚園の閉鎖などにより、外に出る機会が極端に減ってしまい、友達とも遊べなくなった息子①のストレスは極大化しているように見えました。
そして、息子②に関してはBCGの予防接種の日にちが確定せず、また最低限の外出時には必ず連れ出す必要があるにも関わらず、乳児にはマスクを装着することが事実上不可能でかなり気を使う必要がありました。

何より見えないウイルスとの戦いは、私と嫁さんにも過大なストレスとなり、それを100%隠すことはできずに息子達に余計な不安を感じさせている事も事実です。
ともかく、難しくなってきた2人育児の最中に襲ったコロナウイルスは、まさに最悪のタイミングと言わざるを得ません。

こんな時だから、皆で楽しく!!

家の中で楽しむ工夫が必要

コロナウイルスの影響が拡大した3月中旬頃から嫁さん実家に行くまでの間、我が家は仕事がある私以外は必要最低限の外出に留める生活を送ってきており、家族全員がストレスを溜め込んでいる状況でした。

しかし、ただただ家でじっとしていたわけではありません。こんな時ですが、なるべく人のいない空き地で遊んだり、お絵かきやゲームなど家の中での遊びを増やしたり、さらに何かある度に息子①と②にお揃いの服を買ってきたり、と楽しむ工夫はしてきました。

2人育児の醍醐味「おそろい」

色々と工夫した中で、私・嫁さん・息子①の3人が最も楽しくなったのが、息子達のお揃いです。息子②がロンパースからセパレート(80cm)になったのがちょうど先月半ばで、よくよく探すと80~90cmと120~130cmのお揃いを結構見つけることができました。

まずは、H&Mで買ったお揃いの服です。先月半ばくらいですが、この頃はまだ普通に商業施設が開いており、買い物を楽しむこともできました。つい最近までH&Mには入った事も無かったのですが、子ども服に関しては結構ちゃんとしているというか、使えるモノが多い印象です。
IMG_6151 IMG_6266
同じ服を着せて並べ、上から写真を撮影すると4歳と0歳と大きさの差は結構なものです。数値的には、40~50cmくらいの差なはずなのですが....
IMG_6333 IMG_6337
完全にお揃いではありませんが、兄弟揃ってのポロも似合います。基本的に親から見れば子どもが何を着ようとも可愛いですし、似合うと思うものなのでしょうか。今はアウトレットも休業しているため追加購入はできませんが、落ち着いたら再度ポロでお揃いを服を調達したいと思います。
IMG_6372
イオンやアリオなど大型商業施設は、お揃い服を仕入れるのに適した場所です。店舗によっては専門店街の方にも色々とありますが、大抵のイオンでは丸高衣料の製品が数多く取り扱われており、そちらの方がお揃いにできる率は高い気がします。
DSC02194
一番最近になって購入したのは、THE NORTH FACEのTシャツです。4月中旬に私の春コートを買いに札幌ファクトリーへ行った際、見つけました。子どもが誕生するまでは、TNFのお店に立ち入ることもほぼ無かったのですが、いまでは絶対にチェックするメーカーの1つです。
IMG_7037
このような「お揃い」服は、少なくても子どもが2人いなければ出来ず、さらに上と下が同性の場合において最も楽しい遊びだと思います。

我が家の場合は、息子①と②で4年離れており、お下がりもそれほど残してきたわけではないため、ある程度は息子②用の服を調達する必要がありました。そのため、一見無駄と思えるこういった遊びを自分の中で正当化できるのですが、やはり2人育児には相応のお金がかかるため、今後はある程度自重しなければならないかなと思っています。

しかし、全てにおいて自粛が必要とされる世の中、そして何かと不便を強いられる世の中において、こういった小さな楽しみを作り出す事は、我々育児を無理にしている家庭にとっては本当に大切な事だとも思います。