育児って慣れなのかな?


あまり苦労を感じない2人育児

息子①が誕生してすぐの時と、息子②が誕生してすぐの現在とでは、どう考えても現在の方が育児のウエイトは大きくなっているはずです。
しかし、実際の感じ方は、現在の方が遥かに楽をしていますし、心から楽しいと思える日々をしていますし、過ごさせてもらっています。

自分なりにその要因を考えてみると、以下の2つが大きいポイントではないかと思います。
  • 息子②は、とにかくよく寝る
  • 息子①が想像以上にしっかりお手伝いをしてくれる
息子②は、本当によく寝ています。そして、起きていてもお腹が空いている、オムツが汚れている、または眠い時以外に泣くことが稀で、ずっと何かを喋ったり、手をあむあむしたり、たまに機嫌が悪いときでも抱っこをすればすぐに笑顔を見せてくれます。
DSC00837
夜も21時頃に授乳をして眠らせ、その後は数時間おきに授乳をするリズムが完璧に出来上がっており、これがこのまま行けば息子①の時のように、嫁さんにまとまった睡眠時間を確保するために色々画策するといった事はしなくて済みそうです。

また、4歳になった息子①は本当にしっかりしていて、まだ甘えたりグダグダしたりはしますが、私や嫁さんが忙しそうだと自発的にお手伝いをし、YouTubeを熱心に見ている最中でもお願いすれば何でもお手伝いをしてくれます。

私と嫁さんの中では、我々が息子①+息子②の育児をする事になると構えていましたが、実際は息子①が大きな戦力となってくれています

息子②を完全に気に入った息子①

息子②が誕生して数時間で「気に入った」とボソッと言った息子①ですが、約3週間が経過してより気に入り度が増してきているようです。ただ、どう接して良いかは、まだよくわかっていないようではあります。
IMG_0972 IMG_0992
そんな中でも、最近息子①は、息子②の機嫌が悪くなると必ずチューをしてくれます。実は、これは可愛いというだけではなく、息子②の意識を別に逸らしてくれるという部分においてかなり効果がある行為で、ものすごい確率で泣き止んでくれます。

特に平日、私が帰宅して以降は夕飯と風呂の準備などでバタバタしている時間が多くなるだけに、息子①が息子②の面倒を少しでも見てくれるのは、我々にとって本当に助かる行動です。
DSC00816 IMG_0964

意図的に作る息子①との時間

息子②が誕生して以降、想定より息子②の育児にかかる手間がかなり少ないので、代わりに息子①に構う時間を意識して持つようにしました

兄弟のいない私は、彼の気持ちを理解してあげることは到底できませんが、少なからず私と嫁さんを息子②に取られたと感じる場面はあるでしょうから、少しでもその気持ちを和らげてあげる事が目的です。
IMG_0923 IMG_1114
主に私が息子①と遊んだり構う時間が増えたことで、おかげさまで最近では息子①の私に対する評価がうなぎ上りとなり、以前にも増して懐かれています。

風呂に入ったときなどに息子①に色々聞くと、まだまだ甘えたい盛りの4歳なので、やはり私と嫁さんを息子②に取られている感覚はあるようですし、口には出さなくても本当に色々な事を我慢しているのだと思いますが、彼曰く不満を覚えるほどではなく、仕方ない事だと理解はしているようです。

今のところ、物凄く楽しい2人育児

私と嫁さんは、ほぼ毎晩息子たちが寝てからリビングで束の間の休息時間を過ごすのですが、最近の2人のトピックは決まって2人育児が思ったより楽で驚いているという内容です。

むしろ、ほぼ忘却の彼方にあったとは言え経験のある新生児育児と、現在進行系で未知の領域を突き進む4歳児育児では、圧倒的に後者の方に気を使います。
やはり一度新生児育児を経験している事は大きく、先が見えている安心感が我々に余裕を持たせてくれるため、息子②に対してはかなり気楽に接せられていると感じます。

暗中模索する4歳児育児は、そもそも4歳児のレベルがわからない我々にとってイライラさせられる場面もかなりあります。
反面、新生児が現在どの程度のレベルで、今後数ヶ月でどうなるかというベンチマークがある息子②に関しては、イライラする場面は皆無でただただ可愛いと思うのです。
IMG_1066
現状、心身共に考えていたよりも遥かに少ない負担で2人育児を進行出来ており、むしろ以前より良い状態で育児に臨めている実感があります。

これがこのままずっと続いていくとは思いませんが、先が見えている安心感が生む余裕と自信は、我々一家にとってすべての面でポジティブに作用しており、今後良くも悪くもどう変化していくのか自分でも楽しみです。