息子①、3度目のスケート挑戦です。

これまでの挑戦

私自身が3歳頃からスケートを始め、現在でも趣味でアイスホッケーをやっていることもあって、息子①自身もスケートには興味を持つようになり、これまで2回息子①にスケートを挑戦させてきました。

1回目は、息子①がまだ2歳だった頃に挑戦しました。家でスケートを履いたりと段階は踏んでいたのですが、いざスケートリンクに行くと場所見知りが発動して氷に乗ることもできませんでした。



2回目は、息子①が3歳半頃に挑戦しました。この時は私が思っていたより出来たのですが、怖さが先に立って楽しむレベルには行かず、息子①も「もうやらない」と言う始末でした。


3回目の挑戦は無いと思っていました

2回目の挑戦時に「もうやらない」と言っていたので、そこからしばらくはスケートに行こうとは言わずにおり、そうこうしているうちに、息子②の誕生などもあり中々機会が有りませんでした。

先日、おそらくこの先もスケートには行かないだろうし、息子②も含めてアイスホッケーをやることはないだろうと思い、防具を誰かに寄付しようかと思って片付けていました。
すると、それを見た息子①が「スケートまたやってみたいなぁ」と言うではありませんか!! このチャンスを逃す手は無いと、すぐに息子①を連れてスケートに行くことにしました。

無いと思っていた3回目の挑戦。このチャンスを何とか利用して、少なくても定期的に練習したいと思って貰えるか、私にとっても大きなチャレンジとなりました。

いざ、3度目の正直となるか

息子①、3度目のスケート体験

今回スケートにチャレンジするのは、3年前に場所見知りした月寒体育館です。さすがに5歳になった息子①は場所見知りはしないものの、これまであまり上手く行かなかったスケートなので、若干緊張しているようです。
DSC_1607
私もネガティブなことは一切言わないように、また無理してペースを乱すことはしないように心がけながら、息子①用のスケート靴を借りてゆっくりは履かせます。

いざ挑戦のとき

息子①の手を取り、ゆっくりとリンクに上がります。久々のスケート靴に違和感を感じている息子①ですが、氷の上は彼の想像を遥かに超えるほどツルツルしているのか、中々バランスを取ることができません。

最初は壁につかまって立つだけでも一苦労で、自らの意思では一歩たりとも動くことができません。まぁ、それ自体は想定の範囲内なので、私も手を差し伸べながらゆっくり一歩一歩踏み出すごとに褒めていきます。
DSC_1608
非常にゆっくりとしたペースでリンクを半周した頃、製氷の時間となり一度休憩を挟みます。この時、私が持ち上げながらそれなりのスピードで走ったのが楽しかったようで、もっと上手に滑れるようになりたいと言ったのには驚きました。

幼稚園での生活を通じて、努力さえすれば色々な事ができるようになる経験を積んでいるおかげか、今は全然できなくても頑張れば出来るとポジティブに捉えることができるようになりました。
そこで、すでに約1時間も滑っていたのでそろそろ帰ろうかと思っていたのですが、製氷終了後も少しだけ練習を続けることにしました。

再びリンクに上がると、明らかに先程と比較してバランスが取れるようになりました。ヨチヨチですが歩いてもバランスを崩して倒れることもほとんど無くなり、私のヘルプが無くても片手を壁につけていれば前に進むこともできました。
DSC_1635
また、最後の方にはついに手を離して数m程度ヨチヨチ歩きが出来るようになり、約2時間の練習の成果としては期待以上のものとなりました。

中々コンスタントに練習に来ることは難しいのですが、2時間程度の練習でここまで上達するのであれば、息子①自身も楽しいはずです。本人に聞いても思ったより出来た事で自信がついたらしく、「また来ようね」と言っていたので、100点満点の一日になったと思いました。
DSC_1619