業務の都合上、年度末があまりに年度末していたので、ブログを書く時間が全くありませんでした。数年経過後に記事の公開日を2月末などに変更するかと思います。
2歳児クラスの集大成である、発表会を見てきました。
【関連記事】
 ・幼稚園に「入会」した息子
 ・息子、人生初の運動会に参加する

この日のために猛練習した息子

息子は昨年春に幼稚園の2歳児クラスに入会をし、同じクラスのお友達と共に10ヶ月の間一生懸命過ごしてきました。その集大成となるのが、今回(2月末)の発表会です。

我々は事前に何をやるか詳細情報はありませんでしたが、息子と一緒に風呂に入ったり遊んだりしていると断片的に幼稚園で練習していることをやってくれるので、それが最終的にどうなるのか本当に楽しみにしていました。

幼稚園で泣いていた事が嘘のよう

初登園からしばらくは幼稚園や送迎バスで無条件で泣いていた息子ですが、いつの間にか心身ともに成長し、いまでは幼稚園が大好きで休みだと残念がるほどになりました。

約10ヶ月という期間で子どもは本当に大きく成長することを実感しましたが、多分8割くらいは幼稚園のおかげと言っても過言ではないでしょう。
当初、個人的には2歳児クラスから幼稚園に入れる事にほんの少し抵抗感もありましたが、結果的には最も良い選択肢だったと思っています。

息子の頑張りはコチラ

皆、本当に頑張りました

発表会当日は平日だったため、見学するため有給休暇を取得して行きました。観覧する親御さんがかなり多く混雑していましたが、この幼稚園の親は教育に熱心なタイプが多いので、こういった節目には皆さんしっかり参加されます。

会場に入ると、2歳児クラスの子ども達はすでにスタンバイを完了し、お歌を披露していました。
IMG_7625
みんなそれぞれに一生懸命大きな声で歌っていましたが、それにしても2~3歳をここまで統率する幼稚園は改めて凄いと思いました。先生と子ども達とも信頼関係があり、褒められたい!!という子ども達の想いをうまく利用していると感じます。

こういった行事には真面目に取り組むタイプの息子も、見ていて面白いくらい一生懸命です。
IMG_7635

息子は最後の劇に登場

今回の発表会は、週2クラスの子どもたちがダンス、息子を含めた毎日クラスが簡単な劇を披露するプログラムとなっています。
プログラムが進みいよいよ息子が登場するはずです。どうやら先生がレストランの人の役で、毎日コースさんの中で数名ずつ動物に変身して出てくるようですが、息子がなんの動物かは出てくるまでわかりません。

「!!! あまり飛べてないうさぎが来たッッッ !!!」
IMG_7715
最近家でやたらとうさぎの真似をしていましたが、別の子達が担当する別の動物の真似もしていたので「やはりうさぎだったか!!」と嫁さんとニヤニヤしてしまいました。

5匹!?のかわいいうさぎが揃いましたが、全員がとにかく可愛いです。それにどの子も多くの人が見ている中でも、あまり緊張している様子が無く凄いなぁと感心しました。
IMG_7717
息子の隣の子はあまり息子から名前で出てこない子ですが、それでも仲良くやっているようです。私は息子のコミュニケーション能力に不安があったのですが、必要の無い心配だったみたいです。
IMG_7718
5人が揃うと「お腹がペッコペコ!!」と大きな声でセリフを言い、それを聞いたレストランの人(先生)が梅干しおにぎりを作ってくれました。
レストランの人がおにぎりを1人1人に手渡すと、それぞれが「ありがとう!!!」と全力で返します。この幼稚園は挨拶や礼儀にはかなり力が入っているので、みんな本当に礼儀正しい子ばかりです。
IMG_7724
息子の出番はものの5分程度でしたが、3歳児にして①劇を理解し、②動きとセリフを覚え、③本番でも緊張せずできるというのは私の想像を遥かに超える出来事です。

発表会が終わって充実した顔を見せた息子

劇が終わり、最後のご挨拶をすると子ども達が安堵の表情を浮かべました。緊張していないように見えても、やっぱり程よい緊張感の中でやっていたのか、全員が良い顔をしていました。

息子は普段から良く名前で出てくる仲良しの子に挟まれて何やら話したり、キャッキャしたりしています。私自身はどちらかと言うとコミュ障なので、リア充している息子を心から尊敬しました。
DSC03069
息子自身も今回の発表会は相当手応えがあったようで、納得の出来だったそうです。嫁さんはそんな息子を見て泣き、私も息子の成長に感動しました。

家ではまだまだ甘えん坊で調子に乗って怒られる事もよくありますが、息子は彼の世界の中でひたすらに頑張って生きているんだなと感じました。
IMG_5797