息子は無事年少さんになりました。
【関連記事】幼稚園に「入会」した息子

4年保育の2年目に突入

関連記事にも書きましたが、私は息子が社交性を身につけるため出来る限り早く集団生活の中に放り込みたいと考えており、この1年間思惑通りだいぶ揉まれて来ました。
また、当初は全く想定していませんでしたが、息子は幼稚園で「ひらがな」「カタカナ」の読みをマスターし、壁逆立ちやブリッジができるなど文武両面において大きな進化を見せてくれました。

そして、いよいよこの春から正式に幼稚園に「入園」する事となり、4月始めのある日に行われた入園式に参加してきました。
DSC03323

勝手知ったる場所で調子に乗る息子

昨年は幼稚園の入る前に帰りたいと駄々をこねていた息子ですが、この1年で幼稚園が大好きになり、意気揚々と入っていきます。1人で外靴を脱いで所定の場所に収納し、1人で真新しい上靴に履き替えて進んでいく姿はとても3歳には見えません。

2歳児クラスで一緒だった子達は、3つのクラスに分かれたものの、クラスの1/3程度は1年間過ごした学友なので久々の対面を楽しんでいるようでした。
DSC03334

セレモニーでおちゃらける息子

入会式のセレモニーと同様に、入園式のセレモニーも何故かママでは無くパパと参加すると言ったので、再びカメラマンを交代して挑みます。ここ1~2ヶ月の間、以前より増してパパパパする事が多くなって来て、少しママ離れが進んでいるのかなと感じますがどうなのでしょうか。

セレモニーでの息子は、きちんと話も聞き、手遊びなども上手にこなしますが、時折調子に乗って私にちょっかいを出してきます。これも心に相当な余裕があるおかげなのでしょうが、たった1年で変われば変わるものですね。
DSC03340
また、今年から以前習っていた英語教室で一緒だった子も同じ幼稚園に入る事になり、偶然にも同じクラスになったため、息子もより楽しそうにしていました。

幼稚園が楽しみで仕方ない息子

私は毎日息子に幼稚園の様子を聞くようにしているのですが、決まって「覚えていない」という割には幼稚園が本当に楽しいようです。
息子はすでに曜日感覚も完璧についているので月曜日になれば幼稚園に行けると思っているのですが、3連休の時は本当に残念そうにするほどです。

入園式の次の日も満面の笑みで登園していき、嫁さんはかなり複雑な想いを抱いたようです。ただ、幼稚園という集団生活が楽しいという事は、彼の将来にとって素晴らしい事だと思います。
IMG_6859