恒例となった、息子①のハロウィン仮装です。


今年もあった仮装イベント

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、様々なイベントが中止もしくは規模を縮小しての開催となっていますが、息子①が通う幼稚園も例外ではありません。
また、北海道では気温の低下(湿度の低下)に関係があるのか、ここのところ新型コロナウイルス感染症が急拡大し、第3波と言える状態に陥っています。

さて、今のところ在宅勤務や幼稚園閉鎖などの措置が取られる気配は無く、大人も子どもも危機感を強くしながらも日々過ごしている中ではありますが、息子①の通う幼稚園と幼稚園の放課後英語クラスでは今年も仮装大会が行われました。

頑張って準備をしていた嫁さん

昨年のハロウィンは、息子②の誕生後間もないという事もあって市販の着ぐるみで対応しました。今年も準備にそれほど多くの時間が使えない中ではありますが、さすがに昨年と同じというわけにはいかないと、嫁さんが色々考えてくれました。

ただ、放課後英語クラスに関しては、毎年ハロウィンパーティ-が発表会を兼ねているのですが、今年はコロナ禍対応という事で子どもたちだけでの開催となりました。
そのため、放課後英語クラスに対してはそれほど凝った仮装はせず、幼稚園の仮装大会に対してリソースを最大化させる事になりました。

詳しくは後ほど書きますが、嫁さんはメルカリを駆使してベースとなる着ぐるみを安価で購入し、自分の手で息子①用にサイズを調整していました。普段あまり手芸をするタイプではありませんが、こういう時にパッとできるのは本当に頼りになります。

今年の仮装はこちら

簡易的な仮装に留めた放課後英語クラス

新コロナウイルス感染症拡大の影響で、年度初めからしばらくの間休止していた放課後英語クラスですが、再開後は昨年までのメンバーに加えて新たに数名増えたクラスとなり、相変わらず楽しくやっているようです。

ハロウィンパーティは、普段言えでは全く英語を喋ってくれない息子①の英語学習の成果を見ることができる数少ないチャンスですが、今年は残念ながらその機会は無さそうです。
先生の話を聞くと、頑張っているし、それなりにできる方らしいので特に心配しているわけではありませんが、せっかくなら見たいですよね。

さて、そんな放課後英語クラス用の今年の仮装は、モルペコ リバーシブルキャップにしました。仮装というレベルではありませんが、息子①本人はとても気に入っているので良いでしょう。
IMG_4372

楽しそうな子ども達が印象的でした

放課後英語クラスは、終了時間にお迎えが必要です。いつもは嫁さんにお願いをしていますが、ハロウィンパーティの日はたまたま私も近くにいたので、ちょっと覗きに行ってきました。

クラスがやっている間に廊下から少し見学をしましたが、子どもたちが一様に楽しそうに英語を使っているのが印象的でした。私も幼少期に英語を習っていた時期もありましたが、楽しいというフェーズに至ることができず、結局全く身につきませんでした。
今後息子①がどう英語を身につけるか、または身につかないかはわかりませんが、現状で楽しいと感じているのは大きな強みだと感じます。

それにしても、幼稚園の仮装大会を控えていた中なので、何人かは結構気合の入った仮装をしていたのでモルペコ帽子だけの息子①が少し貧相に見えます。本人はかなり気に入っていたので良いのですが、来年こそ気合の入った仮装にしたいと思いました。
IMG_4359

嫁さんの頑張りが光る幼稚園用の仮装

今年の本命となる幼稚園の仮装大会用の仮装は、メルカリに格安で売りに出ていたミュウツーの大人用着ぐるみを、嫁さんが身長約117cmの息子①にフィットするように調整したものです。

昨年はリザードンの子ども用着ぐるみで、今年はミュウツーの着ぐるみと、パッと見ただけだとただ着せるだけの簡易な仮装ですが手間は昨年の比ではありません。
というか、大人用の着ぐるみを子ども用にサイズ調整するという事を、よく思いつくなと思いますし、思いついたとしてもよく実行したなと感心しました。
IMG_4461 IMG_4467
幼稚園の仮装大会は、例年通り非公開で行われたので様子はわかりませんが、本人曰く楽しかったとのこと。

仮装大会の直後に幼稚園のホームページで公開された写真を見ると、息子①は写っていませんでしたが、みんな仮装のクオリティが凄すぎて笑いました。
やはり今年は鬼滅の刃の仮装が大人気だったようですが、毎年奇をてらった仮装を披露する子もいれば、懐かしのキャラクターに扮する子もいるので、写真を見るだけでかなり楽しめます。

今年も無事ハロウィンの仮装を乗り切った我が家ですが、息子②もだいぶ成長して放っておけるようになってきたので、来年のハロウィンはいよいよ本格的に頑張れるかなと思います。
また、来年は息子①にとって幼稚園生活最後の年になるので、そういう意味でも思い出に残る仮装を用意してあげたいと思います。

【追記2011】ハロウィン当日の様子

嫁さんのスマートフォンにある写真をバックアップした際に、幼稚園のハロウィンイベントの時の写真がありました。

コロナ禍で楽しみなイベントが中止または縮小する中、無事開催されることになってハロウィンイベントを楽しみにしていた息子①ですが、当日の朝は意気揚々と幼稚園に向かったようです。息子②も別記事で公開したジェラートピケのハロウィンシリーズを着て、お見送りに出ていました。
IMG_4577 IMG_4591

 
10月の、しかもハロウィンという季節イベントを11月に公開しているあたり、このブロクらしいなと思います。合間合間にブログを書いているので、いつも大抵1ヶ月遅れで記事化している状態です。
さて、嫁さんは息子①が幼稚園終了後、仲の良いお友達数名と共に公園に行ってきたようです。それぞれお気に入りの仮装をしているだけあって、とても楽しそうです。
DSC03731
また、公園遊びの後はこの中の数名とランチに行ったようです。普段バス登園をしている息子①は、放課後にこうやってお友達と遊ぶ機会はそうそう無いので、良かったなと思います。
DSC03750
急速に新型コロナウイルス感染症が拡大している現在では、特に感染が広がる北海道において、こういった機会を作ってあげる事ができないので、ハロウィンイベントはギリギリのタイミングだったと思います。


(Last Editing Date : 2020 / 11 / 20)