疲れてるのか、最近色々な病気にかかる息子です。
【関連記事】息子、りんご病にかかる

ごく普通の1日の終わりに

とある何気ない普通の平日の夜、私が仕事から帰ってから一緒に夕飯を食べ、最近成長期に再突入してグングン身長が伸びている3歳9ヶ月の息子のために、ニトリのカラーボックス カラボを利用したお手軽ハンガーラックをDIYしていました。
IMG_8022 IMG_8025
DIYもある程度進んできた19時半頃、嫁さんはいつもの様に1人で先にお風呂に入り、すでに棚の製作に飽きた息子はいつものようにマットを敷いて逆立ちの練習をしています。

ふと息子の様子を見ると、疲れたのかマットに横になっていました。可愛いなと思いながら再びDIYの続きをしようとドライバーを握った瞬間、息子が盛大にリバース!!!

慌てふためく大人達

直前まで元気だった人間が急に嘔吐するのは、どう考えも異常事態です。すぐに風呂に入っている嫁さんに声をかけ、吐瀉物を掃除し、息子をトイレに連れていきます。
様子を見ていると嘔吐以外は特にコレといった症状はありませんが、なんせ腹いっぱい食べた後なので嘔吐が全く止まりません。

おそらく胃腸炎だとは思いましたが、以前私がノロウイルスに感染した際に一晩我慢して病院に行くと、極度の脱水症状で小さな子どもか老人ならば危なかったレベルだった経験があるため、夜間病院に行って脱水症状にだけはならないような措置をお願いしようと用意を始めます。

私と嫁さんがこれ以上無い速度で準備をしている最中も、息子はトイレ付近で嘔吐を繰り返していますが、いまは掃除をしている暇はありません。

すぐに病院に駆けつけた

ぐったりする息子

息子はある程度吐き出し尽くしたのか、自宅から病院までの5分間の車中では落ち着いた様子で、病院に到着した頃には嘔吐による疲れからかぐったりしていました。
IMG_20190529_213146
いつもお世話になっている夜間病院ですが、この日の待合室には息子と同じ様に嘔吐を繰り返す子や高熱を出して辛そうな子が多く、21時過ぎまで待合室で待機していました。
幼稚園では少し前に違うクラスで胃腸炎が流行ったと聞いていましたが、病院の待合室を見る限り世間一般では胃腸炎がかなり猛威を奮っているようです。

大人しく点滴される息子

IMG_8028
診察はものの数分で終わり、すでに22時を過ぎようかとしている時間ですが、座薬と脱水症状対策のための点滴をすることになりました。かなりの回数吐いていたので、やはり思った通り息子は軽い脱水症状になっていたみたいです。

いつもなら点滴や注射を全力で拒否する息子ですが、最初だけ泣いたものの抵抗する元気も無く、点滴をしている間ずっとベッドに横たわって寝ていました。大人でも嘔吐を繰り返すとかなり体力の消耗を感じますが、3歳児の場合はどれほどの消耗具合なのでしょうか。

帰宅して即就寝する息子と棚を作り上げる父

23時前に点滴が終わり、家に戻るまでずっと抱っこをしていましたが、息子は途中からずっと爆睡し続け、ベッドに置いてもそのまま寝てしまいました。

ただ、寝付いたと思ったら吐きそうになって起きたりはしていたので、家の片付けが終わった嫁さんを見張りとして残し、私はしばらく起きて棚を作りながら待機する事にしました。
1時間くらいして棚の方は出来上がり、寝室からは2人の寝息(イビキ?)が聞こえてきたので、私も一服して就寝です。
DSC_2716
ひょんな事から物凄い長く感じる1日になりましたが、次の日の息子は幼稚園こそお休みしたものの、物凄く元気に回復したのでホッとしました。

また、バタバタしていてマスクもしていなかった私と嫁さんですが、幸いなことに酷い胃腸炎にはならず(軽い胃腸炎にはなった)、無事乗り切ったようです。