4th
昨年は無かった嫁さん渾身の装飾が、今年は復活しました。いつの間にか息子も4歳となりましたが、思い返せばこの1年は、息子の著しい成長がこれまでと異なった意味で嬉しく感じる事が多かったように感じます。

この1年は、それまでの体の成長から頭と心の成長に軸足が移ったように思います。すでに3歳前半のまとめ記事にも表れていましたが、3歳後半はより中身の成長が進んだ印象です。


息子の現状

  • 4歳0ヶ月
  • 身長 : 106.9 cm(夏休み明けの身体測定時)
  • 体重 : 18.6 kg(夏休み明けの身体測定時)
  • 靴のサイズ : 18.0cm
1年前と比較すると、身長約8cm、体重約3kg、靴のサイズが1cm程度大きくなりました。平均の1年先の大きさで成長し続けており、非常に順調なペースだと思います。

ポケモンに囲まれた誕生日

今年も息子の誕生日だからと言って事前に特別なプレゼントを用意する事はしませんでしたが、誕生日当日に少しだけ早く帰宅し、息子をトイザらスに連れて行って好きなものを選ばせました。

今年になって急速にポケモンにハマった息子は、最近YouTubeで知ったというポケモンバトル!実況サウンドスタジアムと言うよくわからない玩具を選びましたが、かなり嬉しそうにしていたので私も大満足です。
DSC00416 DSC00421
せっかくなので前回のまとめ以降の出来事や状況などを、同じテーマで色々な事があった3歳後半をまとめていきます。

「心・技・体・知」の4つのテーマでまとめます

心 : 「4歳の壁」というやつか?

最も大きな成長は、周囲の人に興味関心を持ち、社会性を身につけつつある事でしょう。最も大きな役割を果たしてくれているのは、やはり幼稚園での集団生活にあると思います。



反面、おそらく大脳の発達に起因することですが、自分の感情がうまくコントロールできない場面がかなり多く見受けられるようになりました。

ただ、感情がコントロールできないと言っても、
  • 多少わがままになったり、要求が通らないとふてくされる
  • 聞こえないふり(無視)をする
  • 思い通りにならない泣く
程度の事なので可愛いもんですが、見ていると息子自身のやりたいことができない時、理想と現実のギャップにイライラしている様に思います。

「心」で大きな進化ポイントだと思うは、なんと言っても夜に嫁さんがいなくても我慢できるようになった事です。本当はかなり寂しいと感じているのでしょうが、泣いたり騒いだりせずに過ごせるようになったのは、大人への階段を着実に上がっている証拠でしょう。




もう1つの大きな進化ポイントは、他者との共存が上手になったことです。明確なタイミングがあったわけではありませんが、遊びの中でお友達を尊重する事ができるようになってきました。
IMG_6333
そして、他者への優しさが目に見えて感じられるようにもなりました。お友達に対してのみならず、我が家のペット「ちゅん」の相手をしてあげたり、ポケモン達も寂しくないようにと一緒にYouTubeを観たり、優しい子どもに育って良かったなと感じる場面が多くなっています。
IMG_5690 IMG_8100

技 : 電子機器を積極的に触らせてみた

息子が大きくなる頃には、今以上に電子機器を上手く使えるかどうか、少なくても使い方を知っているか否かは大きな分岐点になっていると思います。
個人的にはプログラミング学習云々よりも、より実践的に日常の中で電子機器を使い倒しておくことは、必ず将来役に立つときが来ると考えています。
そのため、3歳後半ではパソコン、スマートフォン、タブレットの3つをある程度自由に使わせることにしました。

パソコンに関しては、文字が全て読めるようになった事で、WORDを使って簡単な文章を作成する程度のことはできるようになりました。
IMG_20190213_191023
すでにYouTubeの閲覧などでiPadはある程度使いこなせていましたが、スマートフォンについてもフリック入力や音声入力を覚えたため、今ではメールでやり取りすることも可能です。
IMG_6772 image-20190606_175837
また、日常生活する上で必要な工作や色塗りなどスキルについても、ワークブックを積極的に使用して日々練習を重ねています。
ワークブックといっても内容はほぼ遊びなので、息子本人は全く嫌がらずにチャレンジしてくれます。これがもう少し大きくなってきたら、あまり自発的にはやらなくなるのかな?
IMG_7095 IMG_7665

体 : 自転車とサッカーがお気に入り

身長・体重共に、3歳では平均値程度の増加となりましたが、元々ガタイが大きい事もあって、幼稚園の年少クラスではかなり大きい方に分類されているようです。

プール教室では順調に課題をクリアし、帽子の色がピンクから赤色に変わりました。基本的に数ヶ月~1年年上の子ども達と同じ事をやっているのですが、見ているとだいぶ運動能力の差が縮まってきたように感じます。



3歳前半のまとめにも書いていますが、引き続きサッカーはかなりお気に入りのスポーツのようです。冬場に家の中で随分と練習した成果は、夏場に公園などで存分に発揮していました。
IMG_7054 IMG_7174
また、この半年間で確実に大きなステップを踏んだのが、自転車です。今では5月に初めて自転車(補助輪なし)に乗ったとは思えないほど、面白いくらいに自由自在に自転車を操ることができます。
この調子であれば、(実際に許可するかは別として)小学生になったあたりから外で1人で遊ばせても事故る可能性が大きくないでしょう。

 

知 : 理解力の深まり、読みから書きへ

この半年で最も伸びたのは、知能かもしれません。3歳前半のまとめ時点では「ひらがな(読み)」だけでしたが、その後の半年で「カタカナ(読み)」「アルファベット(読み)」を完全にクリアし、ついには自発的に文字を書く段階まで到達しました。
IMG_5956IMG_7090



以前は全く理解ができなかった玩具を、自分なりにしっかり考えて遊べるようになりました。また、すごろく、神経衰弱、ババ抜き、オセロなど古くからある遊びも覚え、遊びに幅が出来てきたのも知能の発達によるところが大きいと思います。



理解力の深まりは、たまに遊ぶLEGOでも発揮され始めました。以前はただ単にピースを重ねていただけでしたが、最近ではタイヤを装着して車にしたり、豊かな想像力を具現化するだけの知能を持つようになったようです。
DSC_0009
また、最近では気づくと1人で進研ゼミの付録で遊んでおり、徐々に一人遊びの楽しさにも気がついてきたようです。4歳ではもう少し想像力(創造力)を養う玩具や環境にしたいと考えており、少しずつ一緒に遊ぶ玩具も吟味していきたいと思います。
IMG_8070

お手伝いが大好きすぎる息子

「心・技・体・知」のうちどれに当てはめるか悩んだ末、4つのポイントを全て動員して行われるお手伝いは、どこにも当て嵌められる故に逆にカテゴライズしづらいので別項としました。

夏休み期間中の息子は、毎日お掃除、茶碗運び、テーブル拭きのお手伝いを(便宜上)課せられていましたが、普段からなんでもやりたがる(褒められるのが嬉しい)ので、別に宿題として課す必要は有りませんでした。
息子はチャレンジ精神が旺盛で、飲み込みも早いので、私も嫁さんも息子がやりたいと言えば何でもやらせるようにしており、その積み重ねによって今ではかなり多くのお手伝いができるようになりました。

現時点での主なお手伝いは、掃除と食事の準備・片付けですが、お願いすれば何でも率先してやってくれるので、意外なほど役に立っています。
IMG_5026 IMG_6055 IMG_5449