1歳手前になり、段々とテレビに映るモノに反応する様になりました。
【関連記事】ベビーゲートを導入しました

順調に成長する息子

息子が誕生して約1年が経過しましたが、身長約80cm・体重約10.5kgと想像より身体的な成長が早くて若干戸惑っています。
もちろん大きい事に越したことはありませんが、身体的成長と内面的な成長はリンクするわけではないですし、着る物全般の買い替えペースが早く毎月の様に補正予算を組んでいる状態です。

ここ最近は、つかまり立ちをかなりしっかりできるようになりました。また、何も掴まなくても数歩程度は歩けるようになり、異常に速いハイハイを駆使して行動範囲を加速度的に拡大しています。

1週間単位で次々と新しい事ができるようになり、段々と自力で動ける範囲も広くなってくる中で色々なモノにより深く興味を持つようになりました

中でも興味を強く持っていそうなものは...

テレビに強く反応する息子

最近はこれまで全く興味を示さなかった様々な物に反応するようになりましたが、特にテレビには強い関心があるようです。
テレビの仕組みを理解できていない息子にとって、おそらくただの不思議なモノと思っている様子ですが、我々が何かを見始めると息子もテレビをじっと見たり、テレビの前に移動するようになりました。

そう言えば、私が小さい頃に飼っていた犬も最初は不思議そうにテレビを見ていましたが、きっとある程度の知能を持つ動物は大体似たような反応を示すのでしょう。

よくよく観察していると、息子自身が持つ知識量(経験値)し非常に限定的であるためか、テレビに映っているモノによって反応の強さが異なることに気づきました。

反応が良いプログラム

今のところ反応が良いプログラムは、私が良く視聴するF1を始めとしたモータースポーツ全般です。私が車好きという事もありますし、車移動がメインなので車に関する息子の知識量は他の1歳よりかなり多いと思います。

また、狩猟本能が働くのか走っている車を捕まえようと手を伸ばして必死に取ろうとしたり、テレビの後ろを見て実物がいないか確認してる素振りをします。
当然テレビの後ろには目的物が無いのでキョトンとした顔をしますが、こういったことの積み重ねで知識量を増やしていくんだなと妙に納得する光景です。
20160730_092909
もう1つ反応が良いプログラムを挙げるとすれば、お腹の中にいる時から聴いているTHE BEATLESのビデオです。

私は新婚旅行でわざわざリヴァプールを入れ込むほどTHE BEATLESが大好きなので、家で流すBGMのほとんどがビートルズですし、ギターで弾くのもビートルズが多いので息子の記憶にも強く残っているのでしょう。
それほど激しい曲でも無いのに息子はなぜか縦ノリをしながら視聴しており、0歳児にしてはリズム感があるので、将来何か楽器をやってくれれば嬉しいのですが.....
20160719_193034

反応が悪いプログラム

反応が良いプログラムがある反面、もちろん反応が悪いプログラムも存在します。総合的に見ると、反応が悪いプログラムは映像の動きが少なく、音楽が好みでは無さそうな感じです。

子ども向けプログラムとして最も一般的であると思われる教育番組やアニメーション作品は、まだ息子の琴線に触れた事がありません。
テレビに興味を持って以降は、実験的に様々な番組を少しずつ見せてはいますが、意外だったのは年齢的にそろそろハマりそうなアンパンマンに全くの無反応だった事です。

バラエティ番組はひな壇のガヤがうるさいプログラムは、自分ですぐにリモコンを操作してチャンネルを変えるという拒否反応を示しています。ニュース番組や比較的静かな番組が多いNHKは、興味は示さないものの拒否反応も起こしません。

反応をして欲しいプログラム

やはり子ども向けの教育番組には興味を持ってもらいたいし、アンパンマンなど一般的なアニメーションも見てほしいと思っています。

成長と共に興味の対象は時々刻々と変化していくと思いますが、テレビは幅広い知識を付けるのに重要なツールですし、これからも積極的に様々なプログラムに触れさせていきたいと考えています。



(Last Editing Date : 2018 / 11 / 29)