子育て支援センター等が併設されている市立の小学校です。

資生館小学校

札幌市中心部(札幌市中央区南3条西7丁目)にある公立小学校である資生館小学校には児童館・子育て支援総合センター・保育所が併設されています。
少なくても私が知る範囲では、このような複合施設は類を見ない施設です。特筆すべきは、子育て支援総合センターの併設により0歳からこの施設を利用できる点です。

とりあえず行こう!と思える場所

資生館小学校に併設されている子育て支援センターは、未就学児童を遊ばせるには最適な場所です。
利用料は無料で年末年始を除き年中無休(AM9:00~PM5:00)なので、週一くらいの頻度で嫁と息子2人で利用し、週末は私も含めて家族全員で利用しています。

10~15台程度の無料駐車場を完備しており、駐車場が満杯でも近隣に有料駐車場が多くあるので遠方からでも訪れる事ができます。無料駐車場の位置は入口横(週末のみ)と入口の反対側にあり、反対側の駐車場からでは歩きはじめの子どもにはやや遠いですが、たいした問題ではありません。

施設の入口前には交番があり入口には常駐警備員がいるので不審者への不安が無く、子育て支援センター内には複数名の保育士やボランティアの方々、そして他の利用者がいるので子どもを自由にさせていても安心できます。

子育て支援センターはとにかく広く、子ども用トイレ等設備類が充実していて、おもちゃも沢山あるので子どもが飽きずに長時間遊ぶことが可能です。息子の場合、2~3時間程度は子育て支援総合センターで遊びます。

土日は「パパと子」が多い

息子と2人で時間を潰そうと思うと、札幌市内では意外と行く場所がありません。特に中途半端に時間を潰す必要がある場合は、資生館小学校以外に適する場所が無いと言って良いでしょう。実際、嫁のリフレッシュ休暇などの理由で子どもを連れてくるパパが結構います。

他施設、例えば大型商業施設では中々「パパと子」が2人で遊んでいる姿を見ることはなく、私も息子と2人で大型商業施設に行くことはありません。
子育て支援総合センターの場合、息子がすでに場慣れしている事は私にとって非常に大きな事です。ビビリな息子も、勝手知ったる場所だとイキイキと遊ぶので場馴れさせる時間と労力が必要ありません。
保育士さんがいるので子どもと2人で遊ぶことに慣れていないパパでも安心ですし、同世代の子を持つパパ同士で喋る機会があるのは良いと思います。

子育て支援センターでの息子の様子

20170122_151230
まだ人見知りが強く残っているのか、ビビって他の子と遊びません。

心配になるくらい他の子と距離を取る息子ですが、特に少し年齢が高い子や積極的にコミュニケーションを取ろうとする子に対しては嫌がります。

一人っ子だからかもしれませんが、もう少し他の子と上手に遊べたら楽しいのになぁと見ていました。