たまに訪れる蕎麦屋さんです。

店舗情報

札幌近郊である恵庭市にある蕎麦屋「手打ちそば 思君楼」は、仕事で近辺を通る際にたまに訪れるお店です。
DSC_0259
恵庭市の蕎麦屋といえばココ!!、というくらいの有名で、食べログによると1919年に創業した老舗だそうです。昔ながらの店舗なので、店舗はそれほど広くはありませんし、特別綺麗というわけではありませんが、とても雰囲気があると思います。

店舗の所在地は少しわかりにくく、クラーク博士通りという恵庭市の市道沿いにあるため、訪れる際は事前に地図をチェックしておく必要があります。
店名:手打ちそば 思君楼
住所:
北海道恵庭市本町53
電話番号:0123-32-3059
営業時間:
[火] 定休 [水~月] 11:00~19:00(19:30) 

わかりづらい駐車場に要注意

思君楼で最も注意するべきは、店舗の場所ではなく、駐車場の位置です。基本的には、店舗横にある数台分の駐車スペースが利用可能ですが、コンパクトカー以上の大きさがある車の場合は、その駐車スペースを利用するのはかなり勇気が必要です。

そのため、第2駐車場が存在するのですが、その存在は全く目立っておらず、初見で見つけるのは至難の業と言って良いでしょう。ちなみに、私のアルファードは一瞬も考えることなくこの第2駐車場に停めざるを得ません。

第2駐車場は、店舗の斜め向かいにある自動車整備工場(?)の横の敷地ですが、現地には特に案内があるわけでもないので、店舗入口にある地図(下画像)を確認してください。
DSC_0260

豊富なメニュ-から何を選べば良いのか

思君楼は、昼から夜までずっと開いている珍しいタイプの蕎麦屋なので、遅めのランチにも対応できるばかりか、アルコール類が提供されているので夕方前から飲んでいる方々も散見されます。

通常メニュ-としては、温かいものと冷たいものがそれぞれ結構な種類ラインナップされていますが、ヒントとなる様な画像は皆無であるため、最初は店員さんにオススメを聞くのが無難かもしれません。
DSC_0262

DSC_0261

スペシャルそばを頼んでみました

これまで幾つかのメニュ-を食べましたが、量が丁度よいという理由から、最近はもっぱらスペシャルそばを注文する事が多いと思います。ちなみに、人気メニューは天ぷらを船の桶に盛り付けた天ざるだったと記憶しています。
DSC_0023
麺は極太で、かなり食べごたえがあります。かなり太い田舎そばは、つゆとの相性もかなり良いと感じます。田舎そばにありがちなモソモソ感がないので、意外にも食べやすいと感じました。

麺については好みが分かれるかもしれませんが、先入観を抜きにして食べて貰えれば、万人にとはいかなくても多くの方に受け入れられると思います。