Samsung Galaxy S6(SC-05G)は、ツムツムをやると2回目で動作が極端に遅くなります。
【関連記事】Samsung Galaxy S6 (SC-05G)

ツムツムで動作が遅くならない為に

現行機種の中でもハイスペックモデルであるはずのSamsung Galaxy S6が、たとえゲームの動作であろえと1世代前のスマ-トフォンより劣る事は許容できません。このような挙動では、ツムツムで最高点を狙えないばかりか競っている嫁に負けてしまうので大問題です。

というわけで、Android 5.0以降に問題となっているメモリーリーク問題の事はとりあえず置いておいて、ユーザー側で対処できる範囲はしてみようと色々弄ってみました。

※以下、記事作成時点のAndroidのバージョンに準じた説明となっています。

① アプリの整理と動作の制限

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアからスマ-トフォンを購入すると、漏れ無く不必要なアプリがこれでもかという程にインストールされています。
物によっては容量を圧迫するばかりか、バックグラウンドで動作することでスマ-トフォンの動作を遅くしてしまう要因にもなっています。

そこで、必要の無いアプリはアンインストールするか動作を無効化します。Androidでは『「設定」▶「アプリケーション」▶「アプリケーション管理」』にてアプリの無効化が可能です。

続いて、バックグラウンドで動作するアプリを絞ります。S6の場合「スマートマネージャー」というプリインストールアプリから動作を制限する事が可能です。
通知が欲しいアプリはバックグラウンドでの動作が必要ですが、それ以外については全てバックグラウンドでの動作を停止させました。

今回、前々からインターネット上でスマ-トフォンの動作が重たくなる原因の1つと指摘されていたFacebookアプリもアンインストールしました。Facebookアプリはバックグラウンドでの動作が多く、使用するメモリも多そうなので効果が期待できます。

ところが、ツムツムに関してはマレフィセントや同様のスキルを持つツムでは改善効果を感じられず、アプリを起動して1回のみ快適にプレイが出来る状況は変わりませんでした。2回目は動きが極端に遅くなり、CPUが急激に発熱するので結果は惨敗と言って良いでしょう。

② 開発者向けオプションで設定を変更

※追記によりこの項目は必須ではなくなりました。

結論から言うと、現状ではこれが最も効果がある対策です。まずは、『「設定」▶「端末情報」▶「ビルド番号を7回タップ」』で開発者向けオプションを表示します。

「設定」▶「開発者向けオプション」を開き、
  1. GPUレンダリングを使用にチェック
  2. HWオーバーレイを無効にチェック
  3. ウィンドウアニメをアニメーションスケール0.5xにする
  4. トランジションアニメをアニメーションスケール0.5xにする
  5. Animator再生時間をアニメーションスケール0.5xにする
この設定を施すと、ツムツムの動作は明らかに早くなりますが、初心者だとやり辛いと感じると思います。ただ、極端に遅くなる事に対抗するには、この方法しかありません。

③ ツムツムプレイ時のみの設定変更

ツムツムをプレイする度に本体の設定を変更することは非常に面倒ですが、少しでもプレイできる時間を伸ばす為に藁にもすがる思いでやってみました。

プレイ前にタスクキラー系のアプリ(ex. シンプルタスクキラー)でメモリを開放し、位置情報・画面の輝度自動調整・Bluetoothを全てOFFにします。
メモリを開放した事で当然全体的な動きが軽くなり、バッテリーの持ちも少し伸びます。肝心の「ツムツム」の動作はややマシになる程度の効果ですが、プレイ回数を重ねるとどうしても動作が重たくなります。

やはり問題は解消しきれないのか

独自のSoCを搭載するS6は、Snapdragonを搭載する機体に対して絶対数が少ないので発熱に関してあまり大きく取り上げられている印象がありません。
ただ、しばらく使っている中で正直CPUの発熱はかなり気になります。ただ、発熱が気になってBattery Mixを見ても35℃以下なので、筐体の材質によって熱がより気になるのかもしれません。

S6は絶対性能的にはツムツムの動作に苦戦するスペックでは無く、むしろサクサク動き続けられるだけのモノがあるはずです。

そう考えると、やはりこの問題の根幹的な部分は、Andriod OSバージョン5.0の特有の問題であるメモリーリークにあるのかと疑わざるを得ません。
先日Android 6.0を搭載したS6がWiFi Allianceを通過し、確実にアップデートは近づいているのでアップデート後にツムツムがどう動作するかかなり期待をしています。
また、OS側が完璧なら、次は本体側の問題という事になるのでOSのアップデートを首を長くして待っています。

【追記】完全なる解決策

3月11日に「まるさん」から頂いたコメントにある「Game Tuner」を試してみたところ、劇的に動作が改善をいたました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

私は、このSamsung謹製の「Game Tuner」というアプリの存在を全く知りませんでした。多分、多くの方もこのアプリは知らないだろうと思いますので、画像付きでご紹介したいと思います。
この方法が現状でベストの方法です。開発者ツールを使用すると通常使用の場面で弊害が発生する可能性も指摘されていますが、この方法を適用すると開発者ツールをOFFにしても、マレフィセントで5回連続ゲームをしても動作が重くなる事はありませんでした。

①「Game Tuner」をインストール

(Play Store)Game Tuner (無料アプリ)

②「Game Tuner」を起動.....その前に

どうやら「Game Tuner」を使用する為には、「GameService」をダウンロードし、インストールしなければならないようです。(画像左)のGo to Galaxy Appsをタップすると、(画像中央)が出てくるのでインストールをタップし、インストールが成功すると(画像右)のように「Game Tuner」を起動する事ができますので、右下のAGREE TO ALLをタップします。

Screenshot_2016-03-14-08-30-40 Screenshot_2016-03-14-08-30-47 Screenshot_2016-03-14-08-31-30

③ カスタムモードで設定する

出てきた画面の右下をタップすると、(画像左)のようにCustomの項目で表示されるので、CONFIGUREをタップします。すると、(画像右)のように本体にインストールされているゲームが表示されますので、ツムツムをタップします。
Screenshot_2016-03-14-08-45-56 Screenshot_2016-03-14-08-46-11

④「ツムツム」の設定

(画像左)の様に設定画面が出てくるので、Resolution RatioをE.LOW(標準はMID)に下げます。そのままゲームを起動する時は、右下のLAUNCH GAMEをタップします。
他のゲームアプリでも動作が重たいなどの症状が出ている場合は、同様の設定(画像右)を行います。
Screenshot_2016-03-14-09-03-22 Screenshot_2016-03-14-08-46-34
これでSamsung Galaxy S6でもツムツムが快適にできるようになりました。他のSamsung製スマ-トフォンでも同様の現象があれば応用が効くかもしれません。


(Last Editing Date : 2018 / 08 / 17)