チャイルドシートの積み替えが面倒なので、嫁車用に1つ購入しました。

嫁車ラパン専用のチャイルドシートを買う

日本においては2000年4月以降、6歳未満の子どもが車に乗る時にはチャイルドシートを使用する事が義務付けられています。
【チャイルドシートについて】
チャイルドシートの必要性はわざわざ記す必要もない事ですが、ネット上で安価に売られている製品ではなく国土交通省の安全基準をクリアした製品を使用していただきたいと思います。
詳しくは、国土交通省のHP並びにチャイルドシートアセスメント(国土交通省)をご参照ください。

チャイルドシートの積替えは面倒

チャイルドシートには大きくわけて「乳・幼児用」「ジュニアシート」「各年齢兼用タイプ」があります。実際に赤ちゃん本舗などに行くと様々な種類があり、どれが良いか本気で悩んだ方も少ながらずいらっしゃると思います。

生後すぐ病院から自宅に来る時点でチャイルドシートは必要ですから、新生児から7歳程度まで使用できると記載されている「RECARO start 07」を息子が生まれる前に購入しました。
1441265686759 DSC_0084
(左)1ヶ月検診の時の写真  (右)割と最近の写真

ご覧の様に各年齢兼用タイプのチャイルドシートはかなり大きいモノですが、嫁車ラパンですら開口部が狭いためにやや気を使う程度で、チャイルドシートを取り付けるにあたってスペース的な問題はありません。
20160605_164020
問題なのは、必要に応じて2台間を行き来させる事です。取り付け自体はそれほど面倒なものではないとは言え、週末の度に載せ替える作業は非常に面倒だと言わざるを得ません。

そんなわけで、載せ替えが本当に面倒になったのでもう1つ嫁車専用に購入する事にしました。

RECARO start J1

追加購入したチャイルドシートは、チャイルドシートモード・ジュニアモード・ブースターモードと3つの形態に変化でき1歳~12歳程度まで使用できるRECARO start J1にしました。
DSC_0123
嫁の強い希望によりトイザらス専売品である茶色にしましたが、本来の製品と比較するとカップホルダーが1つ少ないなど廉価版という位置づけになります。

実際に装着した画像ではやたらと息子が大きく見えるかと思いますが、これはチャイルドシート背もたれの部分を下げて形状を適正化している為です。

新生児を載せることを考えていない分、start 07と比較すると各部が簡略化され少し余裕のある設計になっているようで、息子はstart 07よりstart J1の方が乗っているのが楽な様子です。
DSC_0133
1歳半ともなると自分で水筒をカップホルダーに出し入れする事ができるため、カップホルダーの意義はとても大きいと思います。
start 07の場合、カップホルダーを設置する適切な位置を見出すことはかなり難しいので、現在でもカップホルダーは取り付けていません。

チャイルドシートを選定するにあたりRECAROにした理由は私が好きだからというだけですが、ISO FIXではなくシートベルト固定式なので、より安全と簡便さを求めるならば他メーカーの製品を検討すると良いと思います。