オムツ替え(大便時)が苦手なパパに贈る記事です。

キツイ臭いが物凄く苦手

自分自身が育メンかと問われると、決してそうではないと答えざるを得ません。家にいる時間が短いので、必然的に育児に関わる機会も限定的となってしまうのですが、その中でできる事はやる程度です。
最近の最も重要なミッションは、夕飯前後に息子と遊ぶ、風呂に入れて着替えさせる、寝る時に動画や本を見せて寝かしつけるの3つです。

今回のメインはオムツ替えですが、平日は風呂上がりと就寝前の2回、休日はそれに朝の1回が最低限プラスされます。
息子が大便を排泄するタイミングは大抵昼~夕方にかけてであり、幸運なことに基本的に小便オムツを交換するだけとなっています。たまに夕飯後に大便オムツを交換する必要がありますが、嫁さんがやってくれるので私が自ら作業する事はありません。

理由としては、やや過敏な程に人間の排泄物の臭い(及びそれを連想させるもの)が苦手だからです。

苦手、というか実際に吐いた事もあるので苦手以上なのですが、息子が排泄したものだから大丈夫というわけにはいきません。しかし、最悪な事に私と息子が2人の時に大便をする事も当然発生します。

息子から出た排泄物でもダメなモノはダメ

思えば離乳食期前半までは臭いもそれほどキツくなかったので、私もよく大便オムツを交換していました。視覚的にキツイとは言え、嗅覚が刺激されなければ我慢することもできるようになりました。
ところが、息子が大人と同じ物を食べるようになってからは臭いが増し、オムツ替え以前に漏れ出る臭いですら吐きそうになるほどです。

とある調査では、
  • オムツ替えを押し付けがちなパパに対し、76%のママがイライラしている
  • 35.5%のパパは、子どもが大便をしても気づかぬふりをした事がある
  • 約50%のパパは、大便オムツの交換を苦手だと感じる
  • 約50%のパパは、大便の臭いが苦手
だとの結果が出ていました。

半数のパパが苦手だと感じているなら少し声を大にして言いますが、ダメなモノはダメなのです。子どもだからとか、仕方ないとかそういった理由で我慢できる範疇にはないのです。

どうしたらオムツ替えが苦じゃなくなるか

ダメなモノはダメと言っても、息子と2人の時はオムツ替えは絶対にやらなければいけません。それがどんなに臭かろうがオムツから漏れていようが、大便オムツを交換しないという選択肢はありませんし、どうやったらできるかを考えるのは大人の勤めです。

臭いを軽減する以外に方法は無い

これまでも我が家では臭い対策として、



を家と実家にそれぞれ配備し、更に家でもお出かけの際も


を常備しています。前者は息子が生まれてからずっと使用していますし、後者は臭い対策として一定の効果をあげています。

それでも私が息子の大便オムツを交換する際は、
  • オムツ交換手順
    ▶息子を寝かせ、オムツ・おしり拭き・消臭袋を準備する
    ▶ズボンを脱がす
    後ろを向いて思いっきり息を吸い込んで止める
    ▶なるべく排泄物を直視しないようにオムツを取る
    ▶間髪入れずおしり拭きを大量に使いおしりを拭く
    ▶大便オムツを消臭袋に入れ、封をし、ゴミ箱に捨てる
    息を止めすぎると死んでしまうので息をする
    ▶息子にオムツを履かせ、ズボンを履かせる
メインの部分でずっと息を止めていないとミッションを完遂できません。要は根本的な解決には至っていない状況なので、もう少し積極的に問題の解決に向けて動きました。

プロユースの消臭剤はやっぱ凄かった!!

ある時ネットを見ていると医療や介護向けのプロユース消臭剤「nioff」が目に止まりました。介護の現場でも使用されているガチのプロ用製品である上に、肌に優しい材料のみが使用されているとの事なので、思い切って手を出してみることにしました。
DSC_0772
ネットで検索しても提灯記事が主で実際に育児で使用したという情報があまりないのですが、介護の方面では一定の効果があるとの口コミが多く期待していました。

結論から言うと「すっっっっごく効果がある」製品でした。

製品自体がオフィシャルサイトまたはAmazonでしか購入できないので使用者が少ないのだと思いますが、なぜ皆これを使わないのだろうと不思議に思うくらい効果があります。

どのくらいの変化があったかと言うと、
  • (NEW!)オムツ交換手順
    ▶息子を寝かせ、オムツ・おしり拭き・消臭袋・nioffを準備する
    ▶ズボンを脱がす
    ▶後ろを向いて思いっきり息を吸い込んで止める
    ▶なるべく排泄物を直視しないようにオムツを取る
    ▶排泄物にnioffを噴射する
    間髪入れずおしり拭きを大量に使い余裕を持っておしりを拭く
    ▶大便オムツを消臭袋に入れ、封をし、ゴミ箱に捨てる
    ▶息を止めすぎると死んでしまうので息をする
    ▶息子にオムツを履かせ、ズボンを履かせる
というくらいの激変ぶりです。nioffを噴射しほんの数秒後には全く臭いが気にならなくなり、心にゆとりを持ってオムツ替えができるようになりました。

なぜこの製品に今まで出会っていなかったのかと後悔するほどの効果があり、今では絶対に手放せないアイテムとなりました。2歳4ヶ月の息子のオムツが取れるまであとどの程度の期間かわかりませんが、最後の最後までこの製品にお世話になろうと思います。