とても厳しい北海道の冬に向け、息子用のアウターを購入しました。

冬期に息子を外に連れていくために

人口100万人以上の都市では最も積雪量が多い街である札幌は、確かに交通が麻痺するほどのドカ雪が降ったりするなど過酷な冬がやって来る事もありますが、そんな中でも子どもを外に連れて行かなければならない時があります。

そんな切羽詰まった状況はさて置き、道産子としては「どこでも雪が積もっている状況」を楽しめるようにならなければ、北海道で暮らすことはできないでしょう。
昨年の冬、息子はまだ寝返りを打っていた時期なので北海道の冬は未だ経験していないと言え、今年の冬が第一歩となります。

防寒対策は万全を期す必要がある

私が幼少期の頃は雪がそれほど多くない地域に住んでおり、ロクに対策もせず外で遊んでいた記憶があります。少ない雪をなんとか掻き集めて滑り台などを作ったり、小山からソリで滑り降りたり、とにかく雪遊びは楽しい思い出ばかりです。

さて、少なくても息子の背丈以上の積雪が約束されている札幌において、息子が外で雪遊びをするためにはそれなりの対策が必要です。
少なくても息子が雪の中に身を投じる為にはつなぎタイプのアウターは必需品でしょう。それも耐久性・撥水性に少しも疑問が出ない製品を選ぶ必要があります。

信頼のアウトドアブランド「mont-bell」製品

mont-bell パウダーベビーカバーオール

1歳児が着用できるつなぎタイプのアウタ-を販売しているアウトドアブランドは幾つかありますが、その中でもmont-bellは私や嫁さんも愛用しており、製品に確かに信頼感があるので息子用アウターも自然とmont-bell製品となりました。
20161103_123740 20161103_124132
そんなわけで、今年の冬用(1歳3ヶ月~1歳7ヶ月の間を想定)に90サイズのパウダーベビーカバーオールを購入しました。
息子は成長曲線適正エリア上限ギリギリを突き進んでおり、1歳7ヶ月時点での想定身長は約87cmらしいので、たった数ヶ月の為に約1万円の買い物になりますが仕方ありません。

脱ぎ着は簡単、確実な防寒に期待

購入時にmont-bellで試着した際も感じましたが、このパウダーベビーカバーオールの脱ぎ着はかなり楽な方だと思います。
何より襟元から両裾までジッパーがあるので、床上にパウダーベビーカバーオールをフルオープンして敷き、その上に息子を寝かせて足と腕を入れてあげれば、ものの1分で着させることが可能です。
仮に床などが無い場合でも、半分くらい開けて上から息子をスポッと入れ、腕を通せば同じ様に簡単に着させる事ができます。

手首や足首部がギュッと窄まっているので、雪や冷たい空気が容易に入り込むことはありません。このような加工がされていれば、息子が雪に突っ込んでも安心して見ていられます。

大人用顔負けの高機能製品

パウダーベビーカバーオールの色合いは、雪の中でも目立ち息子を見失なわない蛍光色が採用されています。道路標識を見るまでもなく、雪の中では暗い色合いは目立たないので良い配慮だと感じます。

表地には雪遊びに最適で、防水性と透湿性が高いレベルでバランスされているドライテックが採用されており、思いっきり雪遊びをして汗を書いても蒸れる心配はあまりありません。

さらに20回以上洗濯しても撥水性能があまり落ちない加工もされているため、かなりハードに使って汚れてもわざわざクリーニングに出さず自宅で洗えるのは嬉しいです。

【追記1612】例年より強烈な冬

20161225_103603
今年の冬はここ最近の冬と比べて驚くほど強烈で、各所で降雪による障害や事故も発生してしまいましたが、思っていたより早く息子人生初の雪遊びのチャンスが訪れました。

早速mont-bell パウダーベビーカバーオールと共にmont-bell パウダーブーツを試す時が来たわけですが、意気揚々とアウターを着せて靴を履かせようとすると、なんと11月購入時点で普通に履けた13cmがキツキツで履かせる事ができませんでした。

また、息子はアウターは喜んで着てくれたものの、帽子や手袋の着用は何故か全力で拒否し、ソリに乗せると置物のように固まってしまったため、ほとんど雪遊びをせず10分程度で家の中に戻りました。

いざ使う時のために慣れさせる事をしなかったための失敗ですが、息子は雪遊びにネガティブな印象を持ってしまったらしく、前途多難な雰囲気です。

【追記1801】順当にサイズアップ

DSC_0891
予定通り昨冬で90サイズを使い切り、息子の順調な成長ぶりにより今冬用に1サイズアップしたパウダーカバーオール Kid's 100を購入しました。

90サイズまでと少し仕様が異なり、急激な成長に対応するためのインナーサスペンダーが付いたり、股下が大きく開くことで全てを脱ぐこと無くトイレを済ませる工夫がされています。
ecinfo_002_07112

今年は本人のマックイーンみたいだから格好良いという希望も取り入れ、赤色を購入しました。本人が納得して購入したので、全く嫌がらず喜んで着てくれるのは本当に助かります。

インナーサスペンダーがあるので大きめサイズを購入する選択肢もありましたが、結構大きめの作りなので100サイズでも次の冬も行ける可能性に賭けました。
雪遊びの際にあまりダブダブだと遊びづらいですし、仮に次の冬に買い換える事になってもそれだけ成長したという事なので仕方ありません。

ただ、明らかな事だったとは言え、ほぼ全ての衣類を毎シーズン刷新していくのは、金銭的にかなりハードルが高いと感じます。頑張るしかないですね。


(Last Editing Date : 2019 / 05 / 22)