とても厳しい北海道の冬に向け、息子用のアウターを購入しました。

冬でも子どもを外で遊ばせたい

人口100万人以上の都市では最も積雪量が多い街に居住しているのですが、そんな割と過酷な冬でも子どもを外に連れて行かなければならない場合があります。
逆にどこでも雪が積もっているという状況を楽しめるようにならなければ、道産子としてこの先やっていけないとすら思います。

とは言え、雪の中に身を投じる為にはつなぎタイプのアウターは必需品です。実際に使用していないので真偽は不明ですが、イオンなどで売っている商品を見ると耐久性や撥水性に問題がある(と商品を見た思った)と感じましたし、息子と嫁を連れてスキー場に行きたい(私がスノボをしたい)ので信頼できるアウトドアブランドの物が安心です。

mont-bell パウダーベビーカバーオール

1歳児が着用できるつなぎタイプのアウタ-を販売しているアウトドアブランドは幾つかありますが、その中でもmont-bellはイオンなど様々な場所に店舗があるので実際に触れる機会が多く、私と嫁も同社製品を愛用しているので息子用のアウターも自然とmont-bell製品となりました。
20161103_124132
今冬用に90サイズ(1歳3ヶ月)を購入しましたが、実際に試してみると、襟元からすそまで両開きのジッパーが付いているので思っていたよりも簡単に着脱する事ができました。

表地が防水透湿性素材なので雪遊びには最適ですし、色合いは雪の中でも目立ち息子を見失なわない蛍光色が採用されています。道路標識を見るまでもなく、雪の中では暗い色合いは目立たないので良い配慮だと感じます。

【追記】例年より強烈な冬がやってきた

今年の冬はびっくりするくらい強烈ですが、道産子にとって雪は害であると共に遊び相手でもあり、息子にとって初めて迎える雪遊びのチャンスでもあります。
各所で交通が麻痺したり、事故が発生したり、雪かきが大変だったり、あまり良いことが無いのが雪ですが、好んで北海道に住んでいる以上雪とは良い関係を築かなければなりません。

そんな中、いよいよmont-bell パウダーベビーカバーオールと共にmont-bell パウダーブーツを試す時がきました。
しかし、意気込んで息子にアウターを着せるまでは良かったのですが、ベビーブーツは11月購入時点でスポッと入った13cmがなんとキツキツで履かせる事を断念。急遽別の靴を購入しました。
20161225_103603
実際に遊ばせようとすると、アウターを着せて靴を履かせるまでは問題が無かったものの、帽子と手袋の装着は全力で拒否されました。

凍傷になるほど長い時間外にいるつもりは無かったのでとりあえず写真の状態で遊んでみましたが、
ソリに乗せるとまるで置物の様に固まり、雪に全く興味を示さないどころか早く家に入りたいと泣いてしまいました。要は全く雪遊びできず、外にいたのは10分程度です。

(追記 2018年01月26日)

【追記】順当にサイズアップ

昨冬は90サイズを着せていましたが、息子の順調な成長ぶりにより今冬用に1サイズアップしたものを購入しました。
DSC_0891
昨年と同じ色だと管理上良くないと思い、今冬は赤色にしました。本人はマックイーンみたいと喜んでおり、すんなりと着てくれるのでカーズ様々です。

サイズ的には来冬も見越して110にしようか迷いがありましたが、雪遊びの際にあまり邪魔にならない方が良いだろうとの事でピッタリサイズとしました。
わかっていた事とは言え、衣類を毎シーズンほぼ刷新していくのは金銭的にかなりハードルが高いと感じます。頑張るしかないですね。