とある理由により、MVNOを利用する事にしました。

MVNO

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)と言っても一般的には馴染みが薄いと思いますが、自前の設備を一切保有せずキャリアから回線を借りてサービスを提供する事業者です。

ざっくりと言えば、キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)に対して回線の使用料を払い、顧客に対して通信サービスを行います。MVNOは、キャリアの料金と比較すると格段に安い事が特徴です。

MVNOに加入してやりたいこと

単刀直入に言えば携帯電話に支払う金額をグッと下げたいのですが、事情によりドコモを解約できないので、通信のみMVNOとしDual SIMのスマートフォンを使用する事が目的です。
つまり、通話用SIMは現在のドコモのまま(カケ・ホーダイ)で通信用SIMをMVNOにしてトータルの料金を下げたいのです。

日本ではまだ馴染みのないDual SIMですが、海外では割と普及していますので将来的には日本国内でも1つの選択肢になるのではないでしょうか。

たくさんありすぎるMVNOから選ぶ

MVNOに加入するにあたり色々と調べたところ、現在30社以上のMVNOがあり競争が激しく多くの格安プランが存在するものの、3GBのプラン(データ通信のみ)は大体900円前後が相場で横並び状態なので、細かなサービスの違いと実効速度の違いで選ぶしかありません。

よくおすすめされるMVNOとしては、「mineo」が挙げられます。
mineoの特徴は、直近3日間における通信量による通信速度制限がなく、最低利用期間と解約清算金が無い事にあります。肝心の通信速度は他社と比較しても割と速い(らしい)ので、普通に使う分には全く問題ないでしょう。
Amazon Musicアプリを利用して通勤している私にとっては、特に直近3日間における通信量による通信速度制限が無いということは非常に魅力的です。

約30社のプランを全て比較検討するのは時間がかかり難しいので、友人やネットの評判をアテにして数社に絞り込みましたが、
  • UQ mobileは、実効速度は魅力であるもののauの回線網なのでOUT
  • 楽天モバイルは、楽天市場をあまり利用しない為魅力に欠ける
  • エキサイトモバイルの従量制課金もありだが、通信速度制限に引っかかりやすい
など決め手に欠ける状態だったので、最終的にはmineoにすることにしました。

mineo

サービスの詳細については公式HPをご確認いただくとして、私がmineoにした要因は以下です。
  • 数多いMVNO事業者の中でもサービスの面でバランスが良く評判も良い
  • ドコモ回線を利用している(Dプラン)
  • 直近3日間における通信量による通信速度制限がない
基本的にWiFiを利用している私にとって通信の実効速度はあまり気になりませんし、その点については評判も上々なので安心しています。
私の場合、通信の多くは低速(200kbps)でも充分な程度のものですが、通勤などではAmazon Musicを使用しっぱなしだったりと量的には多い為、3日間の通信量による通信速度制限が無いというのは魅力的に感じます。
ちなみに、月額料金ではどのMVNO事業者も横並びで比較にならないので、料金を重視している方でもどのサービスが自分に合っているかという目で見たほうが良いと思います。

mineoへの加入はとても簡単で、
 ① http://mineo.jp/にアクセスし右上の「お申込みはこちら!」をクリック
 ② 新規申込の場合、中段左側の「お申込み手続きへ」をクリック
 ③ STEP1~5の5ステップで所要時間は約10分程度
  ▶ Amazonなどから購入すると事務手数料(3,240円)が実質無料

私は、ドコモ回線網を使用する「Dプラン」、データ通信のみの「シングルタイプ」、既存SIMにSMS機能があるため「SMSは無し」、通信量は「3GB」、端末は別途用意するため「SIMカードのみ」(SIMカードの形状は現行機種ならnanoSIMがほとんど) といった具合です。

オプションで様々なサービスが用意されているので、必要に応じて加入が必要です。但し、私の様な使い方ですとオプションを選択する必要はありません。

STEP5から進むと仮申込みの受付が完了し、URLが記載されたメールが届きますのでクリックするとサービスの申し込みが完了します。

SIMの到着ので1週間程度らしいので楽しみです。これでDual SIM機で使用する通信SIMの確保ができました。