意外に早く訪れたキックボード購入の時。
【関連記事】ルイガノのバランスバイク LGS-GKB を買ってみた

前々から購入の検討はしていたが…

キックボードの購入を検討し始めたのは、息子がまだ赤ちゃんだった頃にどこかのイオンでミニ・マイクロ・キックスリーという製品を見た時でした。この時は実機を見てカタログを貰ってきただけでしたが、追々息子もキックボードを欲しがる時期が来るだろうなと想像していました。
ただ、キックボードと言えば2輪のイメージですが、展示してあった製品やカタログを見る限り3輪(フロント2輪、リア1輪)である為、子どもでも乗りやすそうだと思った記憶があります。

また、関連記事に記載しているバランスバイクを購入したのと同時期に、キックボードについても色々と調べていた時期があります。
確かこの時はミニ・トゥー・ゴー・デラックスとバランスバイクの脳内比較をしていたのですが、当時は結果的にバランスバイクの方がより安全で先に使いこなせる年齢になると判断したため、以降キックボードの事は忘れていました。

キックボードとの急な出会い

息子が赤ちゃんの時以来、ミニ・マイクロ・キックスリーミニ・トゥー・ゴー・デラックスが置いてあるお店に遭遇した事がありませんでした。

しかし、キックボードの事など完全に忘れていた今年の4月、イオンモール札幌発寒店にあるムラサキスポーツで突然の再開を果たしました。
IMG_5777

「mini」か「maxi」か

ここまででも幾つか紹介している通り、マイクロ・モビリティー・システムズの製品はキックボードだけでも豊富な種類が存在します。

1.5歳~5歳用

どの製品を利用しても最終的にはキックボードとして使用される事が前提となりますが、それまでの過程の違いによって大きく3種類に分類され、それぞれ通常版と上位版が存在します。

5歳~小学生・大人まで(3輪タイプ)

3輪タイプの最上位機種は、合計3種類です。と言っても耐荷重や折りたたみ機構の有無などの違い程度で、ほぼ同じ製品と考えて良さそうです。

この他、子ども用2輪タイプや大人用キックボードまで販売されています。とは言え、目の前で販売されているのは「Mini Micro Deluxe」と「Maxi Micro Deluxe」の2製品なので、購入時点では2択問題でした。

「Mini」と「Micro」の違い

どちらも外見はほぼ同じで、一見してわかる違いは大きさ程度です。そこで店員の話やパンフレットから両者の違いを見比べたところ、一見してわからないところで結構な違いがありました。

子どもが使用することを考えると、両者の違いで大きなポイントが幾つかあります。
  1. 重量
    Mini : 1.99kg、Maxi : 2.5kg
  2. 耐荷重
    Mini : 35km、Maxi : 70kg(Deluxe)
  3. ハンドルの高さ
    Miniの最高値=Maxiの最低値
  4. ブレーキ
    Miniの方がより小さな力で効くような設計になっている
公式サイトでは身長110cm未満の場合は「Mini」と記載されていますが、実際はどうでしょうか。

とりあえず試乗させてもらった

パンフレットの説明や店頭のポップを見る限り2歳8ヶ月(購入時点)の息子に選択肢は無いよう見えますが、すでに身長が95cm弱程度と標準身長で言えば3歳半くらいだったので、両方試乗させてもらうことにしました。
息子の性格上試乗はしないだろうなと思っていましたが、ムラサキ・スポーツの女性店員の方(スケートボード担当?)が非常に優しく接客をしてくれ、息子のやる気を引き出して試乗を成功させてくれました。
最初に「Mini」を試乗したところ、ハンドル位置を結構上げた状態で丁度よい感じだったので驚きました。息子も数回試しただけで乗れるようになり、怖いとも思わないそうです。
次に「Maxi」に試乗したところ、ハンドル位置は最下部で丁度良く、筐体の大きさや重さも全く気にならない感じで、スイスイと乗りこなしていました。

息子は多分どちらでも良いのですが、適正年齢を考えると「Mini」、後々のことを考えると長く使える「Maxi」と非常に悩む2択となりました。

悩んだ結果「maxi」にしました

息子が「Maxi」で悩む私の周りをスイスイ周る姿を見て、「maxi」の購入を決断しました。店員も一緒に考えてくれましたが、乗りこなしているので問題ないと思いますとの事でした。
また、「Maxi」のハンドルバーはやや高いかなと思いますが、普通に乗れているので息子にとっては大きな問題にならないようです。
DSC_1477
息子が「絶対にパープルじゃなきゃダメ」と言い張るので、ちょっとオネェ系っぽい配色のモノを購入してきました。ただ、箱で見るより実物は落ち着いた発色で、私はとても良い色合いだと思います。

家に帰り、早速家の中をグルグルと乗る息子を見て本当に買って良かったと思いましたし、何ならもっと早く出会っていればと思いました。
IMG_20180414_220108_226
1日目はさすがに曲げるのにやや苦労していましたが、数日練習すると体重移動で曲げる感覚を身に着け、家の中・外で存分に遊んでいます。
IMG_6664 IMG_6667
まだ2歳ですので、外と言っても公園や人通りの無い道路(嫁と私の2人監視体制)という限られた場所でしか乗せていませんが、きっとそう遠くない将来にはコレに乗って1人でどっかに遊びに行くのでしょう。
道路交通法では公道におけるキックボードの走行について明確な規定はないものの、第76条の内容から「交通が頻繁ではない道路において使用可能」だと解釈が可能です。
しかし、当然ながら公道での使用は非常に危険が多く、写真の様に北海道の田舎ですら2人監視体制での走行が適当だと思います。