ゲームセンターの魅力がまた1つ増えたようです。

ゲームセンターと言えば.....

我が家にとってゲームセンターと言えば、クレーンゲームです。特に息子がポケモンにハマって以降、クレーンゲームの景品ポケモンをゲットするため、ラウンド1やイオンなどのゲームセンターに行く頻度が上がりました。

以前はゲームセンターはコスパが悪い印象がありましたが、下手にポケモンセンターに連れて行って小さい人形を2~3個買わされる事を考えると、1,000円もあれば大きな人形が取れる事が多いクレーンゲームのコスパは意外に悪くありません。

私も過去にはアーケード版のセガラリーやデイトナUSAにハマり、現在でもたまにSEGA World Drivers Championship(SWDC)をプレイするためにゲームセンターに行きますが、何歳になっても楽しみが見つけられ、自制心さえあれば数百円程度でしばらく楽しめるのがゲームセンターの良いところです。

息子が目をつけたアーケードゲーム

ゲームセンターに行く機会が増えると共に、息子が気になるゲームも多くなってきました。どうしてもやりたい騒ぐことはしませんが、何がやりたいか聞くと必ず言うのは「マリオカート アーケードグランプリ デラックス」です。

ポケモンブームが燃え上がり続けている息子ですが、おそらくYouTubeの影響で最近ではマリオに登場するキャラクターにも詳しくなってきました。
そういった中にあって、ゲームセンターにお馴染みのマリオが付いていて、しかも元々好きな車のゲームっぽいのですから、目をつけたのは自然な流れなのかもしれません。

しかし、いくら対象年齢が低いであろうマリオカートでも、4歳児がアーケードの車ゲームをプレイできるとは思わないので、これまでは適当にはぐらかして来ましたが.....

実際にプレイさせてみました

マリオカートをプレイできるのか

ダメでも一度体験させればしばらく黙るだろうと、早速筐体に乗せて100円を投入。そして、椅子を一番前に出してみると、なんとアクセルとブレーキに足が届くようです。
MVIMG_20190816_171959
さすがにマリオカートの筐体は小さい子ども向けに設計されているのか、ハンドルもやや大きいと感じる程度で、操作もハンドル・アクセル・ブレーキの他はアイテムボタンしかないので、これなら4歳児の理解力でも問題にならなそうです。

いざとなれば私の膝の上に乗せてハンドルだけ操作させようと思っていましたが、なんとなく行ける気がしたので、そのままレース開始。かなり楽しそう。
IMG_0181
息子が小さい頃は私の車の運転席に乗せて(当然停止中に)みたりして遊んでいましたが、こうやって運転している姿を見るとここまで大きくなったかと驚きました。

最初なので一番簡単そうなコース、一番難易度の低い設定でのレースでしたが、コンピューターの具合もかなりちょうど良く、白熱したレースが展開されました。
結果、息子は初めてのマリオカートで望外の1位を獲得し、晴れて彼のお気に入りのゲームになりました。
MVIMG_20190816_172349

何でもやらせてみると面白い

息子も段々と成長していくにつれ、最近はきっと避けては通れないテレビゲームについてインターネットでよく調べるようになりましたが、現代社会では小さい子どもにゲームをプレイさせることについてあまり肯定的な意見はありません。

確かに私自身を振り返ってみても、セガサターンやプレイステーションを手にした中学時代は夜中までゲームばかりしていた時期もあります。そういう世代が親になると、ゲームの弊害を実感しているだけに、子どもには厳しくしがちなのかもしれません。
また、アーケードゲームの場合は、たった数分間の為に100~200円かかる事への意見も幾つかありました。

ただ、ゲームにはゲームの良さもありますし、親がきちんとマネジメントできるかだと感じます。また、個人的にはある種の疑似体験が据え置き型ゲームだろうとアーケードゲームだろうと、一定の金額で出来ることはむしろお得ではないでしょうか。

ゲームのやり過ぎは様々な問題を引き起こしますが、何でも過ぎたるは及ばざるが如しですから、今後も上手く管理しながら何事もやらせてみたいなと、マリオカートをプレイする息子を見て再度強く思いました。

もう1つの最近の流行り

私と息子のゲームセンターでの流行りをもう一つ。ゲームセンターに行ってクレーンゲームしかしないのも何なので、最近はどこに行っても置いてあるエアホッケーをプレイする事が増えました。
IMG_0187
最初は空振りばかりで失点ぱかりしていた息子ですが、最近ではかなり良いシュートを打ってくるようになりました。本気でやると大差で勝ってしまうので、相当な加減は必要ですが、必死になって私に勝とうとしている姿は本当に可愛いと感じます。
IMG_0190