幼少期からのビードルズファンがポールの武道館ライブに参戦してきました。

1枚10万円という超高価チケット代が話題となった武道館のアリーナ席に私と妊娠中の嫁の2人+0.5人で参戦してきました。チケット代で20万円は普通の感覚だと絶対に出さない金額ですが、小さい頃からビードルズを聞いて育った私にとっては武道館の舞台に立つポールを生で見れるだけでもこの上ない喜びです。

ライブ本番前に東京小旅行

なんとか有給が取得できたことで5連休となり、ライブ前日にANA058便にて東京入りしました。あまり飛行機に乗る機会の無い嫁にとっては初めてのB787となり、電子カーテンなど最新設備に驚いていました。
サービス面では「さすがはANA!!」と言いたくなるほど機内では妊婦に対する様々な気遣いがあり、手書きメッセージなどもいただきました。
IMG_20150427_113434
昼過ぎに羽田に到着し、すぐに嫁の希望だったお台場にあるbillsでパンケーキを食べました。billsはフワフワ・モチモチ系のパンケーキで、嫁が好きな円山パンケーキと比較して適度な生感がありつつ粉っぽさがなく断然美味いので気に入りました。
 IMG_20150427_144644
予想以上にbillsのパンケーキが美味しく大満足の後は、今回利用するホテルヴィラフォンテーヌ東京神保町にチェックインしました。

妊婦同伴なのでホテルで少しゆっくりしてから、夕飯は嫁の食べたいものランキング堂々No.1である浅草の大黒屋天麩羅を訪れました。店員が妊婦に気を使って奥のテーブル席を開放してくれたので、とてもゆったりと食事ができました。
IMG_20150427_173754
最近はあまり東京に来ることが無く、来ても観光をする事はありませんでした。今回はこのように久々に東京で観光を楽しむ事ができ、やはりなんでもある東京は良いな~と思いました。

大黒屋で美味しい天丼を食べた後は、大人しくホテルに戻り翌日の本番に備えます。

いよいよポールの日本武道館公演当日

朝、ホテルの部屋で何気なくテレビを見ていると武道館限定グッツがあるとの情報をゲットしたので、すぐさま支度をし日本武道館にAM10:00に到着(PM1:00から販売開始)した頃にはすでに100人くらいは並んでいました。

こんなに並んでいるとは思っておらず、嫁をホテルに置いてくれば良かったなと思いながら2人で待機列の一員となります。
待機列は日陰でしたが、グッツの販売開始まで3時間も並ぶので嫁の体調をずっと心配していました。反面、武道館のチケットは取れなかったけどグッツだけを買いに来た人がかなり多く、LINEで友達から限定グッツを頼まれまくってる人もいたので、早く来て良かったとも思いました。

人生の中で最悪だと感じた物販

PM1:00になって炎天下にあるグッツ販売所横に列が移動されましたが、何故かそこから15分も待機させられました。見ていると、販売開始時間になってからバイトに金額や販売の仕方の説明が始まっており、手際の悪さが目立ちました。
連れてきた私も悪いのですが、こっちは妊婦がいるので炎天下で長時間待たせる行為は信じられないと思いました。高齢者の方もそれなりにいた事もあり、待機列の数名からブーイングが自然に発生していましたが、売り場にいる誰一人気にすること無く淡々とブリーフィングを行っていました。

私はなんとか限定グッツを購入できたものの、待機列に並んでいる間もグッツ売り場で何を売っているかという情報が皆無だったので、いざ売り場に行ってから随分の悩む人がいて相当時間がかかっていたりと本当に手際が悪い物販でした。

実際売り場で対応していたバイトは一生懸命やっていましたが、それを監督する立場の人間の対応が本当に最悪でした。
おそらく予想以上の反響だった事もあり、ものの30分程度で限定グッツが販売終了となってしまったようですが、その後限定グッツが予約販売となる意味不明な対応もありました。
ちなみに、その場で予約販売を了承した人は送料まで取られたらしく、需要を了承読み間違えたことによるグッツ発注量のミスとプレミア感を喪失しても良しとする商魂によって、我々の様な普通のファンは非常に嫌な思いをしました。

ただ、限定グッツが速攻でヤフオクに出てたのは民度が低い証拠だと思うので、いっそ会場限定グッツなど止めてしまえば良いと思います。

チケットのデザインがなまら格好良い

本チケットは会場で渡される事になっていましたが、席番号がくじ引きで決定される方法だったので運頼みでした。そもそもくじの中に良い座席が入っていたかも疑わしいですが、我々は残念ながらアリーナの後方でした。

我々の前後もほぼアリーナの中央から後方だったので、時間帯でおおよそのエリアを分けていた可能性も考えられますが、一見公平と思える抽選制もこの主催者がやると操作しているのではと懐疑的にならざるを得ません。

ただ、チケットのデザインは、49年前のTHE BEATLES武道館公演時のそれで見た瞬間に鼻血が出そうになりました。
IMG_20150428_140146

開演までしばらく時間を潰す

イライラしながらもなんとかグッツを購入した我々は、開場まで時間が空いているので一度ホテルに戻って休憩することにしました。
小一時間休憩した後は、購入した限定シャツを早速着て、ライブ前の腹ごしらえのため嫁が希望したクアアイナ丸ビル店に行ってきました。
IMG_20150428_135825 IMG_20150428_150757
お腹も満たされ機嫌が戻った我々は、忙しなく人が行き交う丸ビルから会場である武道館まで移動しました。武道館に到着するとちょうどポールの会場入り!! に遭遇し、残念ながら姿はチラッとしか目視できなかったものの、いよいよ始まるのかと思いました。
DSCF1306
開場はPM5:30なので会場周辺で適当に時間を潰して待機しているつもりでしたが、最近のイベントの常識に逆行する用意の無さが再び露呈し、休憩できる場所が皆無というお粗末ぶりでした。

こちらは妊婦がいますからあまりウロウロできませんが、停めてあるトラックを見たり、座って休憩したりしていました。トラックが停めてある駐車場に仮設テントでも並べてくれれば有難かったのですが、そういった配慮をする気もないでしょう。
DSCF1300
そうこうしている内に、いよいよ開場時間が近づいて来たので入場列に並ぶことにしました。列に並び始めたのがPM5:00過ぎ、ポールがリハをしている音を聴きながらずっ-と待機していましたが、最終的に入場できたのが開演時間もとうに過ぎたPM6:45頃でした。

入場列に並んでいる間に気になったのは、傍らではスタッフがギリギリまで当日販売チケットを捌いており、ショーの進行に関しては急いだり慌てたりする様子が見られなかった事です。
並んでいる人に対しての説明は無く、説明を求めてもわからないの一点張りでしたが、主催者の不手際だったと認めてほしいというのが正直なところです。

少なくても開演時間が大幅に過ぎている状況は、入場列に並んでいる人々に説明する義務があると思いました。理由がわからずただ立っているのに比べれば、わかって待っている方が良いとは思わないのでしょうか?

入場したらそこは天国だった

多くの人が忍耐のギリギリまで我慢してようやく入場できましたが、入場した途端にライブの世界観に入り、ただただ感動しました。
実は武道館に入るのは人生初なので、ここで数々のバンドが伝説に残るライブをやってきた歴史を感じずにはいられませんでした。

入場後は、入場前とは打って変わってDJが色々な曲をRemixして流しており、待ってる時間もかなり楽しめました。
DSCF1313
結局入場してから更に1時間も待機した事により、開演はなんとPM8:00前となりました。一時はこのまま始まらないのかもしれないと思うほどでしたので、ライブ自体がキャンセルにならず安堵しました。

但し、私は日本武道館がPM10時で閉まる事、つまりライブは2時間に限定されることを知っていました。我々としてはそれをただ受け入れることしかできませんが、非常に残念な気持ちになります。

 開  演 
DSCF1331
イライラしてたのなんて完全に忘れてしまうほど、ほんと幸せな時間でした。

セットリスト
 1. Can't Buy Me Love THE BEATLES、ベース)
 2. Save Us (ソロ、ベース)
 3. All My LovingTHE BEATLES、ベース)
 4. One After 909THE BEATLES、ベース)
 5. Let Me Roll It ~ Foxy Lady (Wings、ギター)
 6. Paperback WriterTHE BEATLES、ギター)
 7. My Valentine (ソロ、ピアノ)
 8. 1985 (Wings、ピアノ)
 9. Maybe I'm Amazed (ソロ、ピアノ)
 10. I've Just Seen a FaceTHE BEATLES、アコギ)
 11. Another Day (ソロ、アコギ)
 12. Dance Tonight (ソロ、マンドリン)
 13. We Can Work It OutTHE BEATLES、アコギ)
 14. And I Love HerTHE BEATLES、アコギ)
 15. BlackbirdTHE BEATLES、アコギ)
 16. New (ソロ、ピアノ)
 17. Lady MadonnaTHE BEATLES、ピアノ)
 18. Another GirlTHE BEATLES、ベース)
 19. Got to Get You Into My LifeTHE BEATLES、ベース)
 20. Being for the Benefit of Mr.Kite!THE BEATLES、ベース)
 21. Ob-La-Di Ob-La-Da THE BEATLES、ベース)
 22. Back in the U.S.S.RTHE BEATLES、ベース)
 23. Let it BeTHE BEATLES、ピアノ)
 24. Live and Let Die (WIngs、ピアノ)
 25. Hey JudeTHE BEATLES、ピアノ)
 ~アンコール~
 26. YesterdayTHE BEATLES、ギター)
 27. BirthdayTHE BEATLES、ベース)
 28. Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The endTHE BEATLES、ピアノ / ギター)

初っ端のCan't Buy Me LoveでテンションがMAXを振り切り、Blackbirdで泣き、Let it Beくらいになると記憶がありません。セットリスト書いてて思いましたが、28曲(漏れが無ければ)もやっていたんですね。2時間でギュッと28曲も聞けば満足します。

中盤から終盤にかけて、ポールに対する光の演出のサプライズがありました。
私はほぼ100%これが開演が遅れた真犯人だと思っています。なぜなら、私が入場したPM6:45の時点でこのリストバンドが配られ終わってなかったから。演出自体は凄く良かっただけに、これの準備のために遅れたならば、本当に本当に残念です。本当になぜ遅れたのか真実が知りたいです。
DSCF1334
ライブ自体は凄く良かったです。アンコールが1回だけだったり、ジョージやリンゴへのオマージュが無かったり、色々と無いものづくしだったけれど、だからこそ1曲1曲ポールの思いが伝わってきたように思いました。
ポールにとって日本武道館など数あるライブ会場の1つに過ぎないでしょうし、明確な記憶なんて無いでしょう。リップサービスとして特別な場所とか言うかもしれないけど、現実的にはそうだと思うのです。
しかし、日本人にとって日本武道館でのライブというのは、THE BEATLESが初めて日本武道館でライブをやったその日から特別な場所となりました。その特殊性をポールは良く理解しているんだな、と。


ライブが終わり、友人と合流し軽く飯を食べて就寝。疲れてぐっすりでした。


(Last Editing Date : 2018 / 06 / 14)