憧れのB'zのライブに初参戦です。

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-

DSC_2005
B'zに出会ったのは(多分)中学生時代後半と、20年以上前の話です。当時はギタ-を始めた頃で、スピッツやTHE BEATLESを弾いたり、バンドでGLAYやL'Arc~en~Cielのコピーをしていた時期でした。そんな中、多分テレビ番組だと思いますが、松本さんのギタ-プレイに目を奪われたのを覚えています。

高校生となり、それなりにギタ-が弾ける様になって購入したのがEpiphone LesPaulと完全に松本さんの影響を受けました。以来、B'zの曲は定期的に練習し、ほぼ全曲譜面に近い感じで弾ける状態を維持しています。

そんな私ですが、実はB'zのライブに行ったことがありませんでした。学生時代まではチケットの価格が大きな壁や人混みが苦手といった問題があり、海外居住時代以降はなんとなく音楽全体から距離が離れていった事が理由です。
ところが、ここ数年はSIMACなどのライブに行く機会が多く、段々と音楽との距離が縮まりつつあり、たまたま今回B'zのライブチケットが取れたので参戦する事となりました。

さすがは大メジャ-B'z。混雑ぶりが凄かった。

これまでの人生で大メジャ-クラスのライブは数える程しか行ったことがありませんが、毎回思うのは本当に混雑ぶりが酷いという事です。
DSC_1993
この日(8月22日)はど平日であったにも関わらず、なんとか仕事から抜けて札幌ドームに辿り着くと、すでにかなりのお客さんが集まっていました。
DSC_1994
ライブ前に幾つかのグッツを購入する為に早く会場に行ったのですが、オフィシャルグッツ購入待機列はJOIN ALIVEのそれを軽く上回るほどの人で溢れていました。

公式サイトで事前にグッツを選択して合計金額も計算してくれるのですが、そこまで効率化が進んでいてもこれだけ混雑している現実を理解する事が難しかったです。
DSC_1996
グッツは5,000円以上購入するとラバーバンドが貰えるので、きっちり5,000円になるように小物を中心に買ってきました。ツアートラックのミニカーは息子用に買い、直後に嫁に写真をメールをすると息子が喜んでるとの返信を貰い、一人でニヤニヤしていました。
DSC_2007
札幌ドームの駐車場側にはツアートラック(本物)がドンと停められており、各々思い思いに記念撮影などを楽しんでいました。そう言えば、客層は私と同じかそれ以上が大半で、あまり若い人がいないので人が多くても変なテンションの奴らはあまり見かけませんでした。
DSC_1998

座席は最後方。それでもかなり楽しめました。

ファンクラブに入らないと近くに寄れない上、そもそもチケットを取るのがかなり遅かったので覚悟していましたが、やはり座席はほぼ最後方となりました。
DSC_2000
それにしても最上段から見る札幌ドームは、いつもより広く感じました。左隣の座席には知的障害者(開演直前にトイレに連れていくイベント付き)、右隣の座席には仕方なく彼女に付いてきた男と最悪のポジションだったものの、まぁそれらも含めて楽しむことができました。
DSC_2003
B'zのPleasureツア-は懐かしい曲を中心に演奏するそうですが、今回も本当に懐かしい曲ばかりで楽しかったあの頃を思い出すことが出来ました。

初めてのB'zのライブでしたが、全く事前に予習する事無く参戦したので、お約束のほとんどがわからず何度か困りました。今度から誰のライブに行くとときでも、きちんと予習をして行かなければ100%は楽しめないなと感じましたが、曲が始まればあまり関係の無いことでもあります。

個人的な趣向からほぼ松本さんを見ていたのですが、思ったより多くの種類のギタ-を使用しており驚きました。イメージとしては、ほぼレスポール ゴールドトップで押すのかなと思っていたのですが、新旧それぞれのGibson シグネイチャーや過去に使用していたミュージックマンも登場するなど、ライブ初参戦の私としては大きな衝撃でした。

今回の席では音響がかなり悪かったので、MCや細かい音はほぼ聞こえず、ギタ-の音も物凄く加工されている様に感じましたが、それでも演者と同じ空間にいるという高揚感が色々なネガティブを吹き飛ばす威力があります。まぁ、次回はもうちょっと良い席で見たいものですが.....

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- at 札幌 セットリスト

 01. ultra soul
 02. BLOWIN'
 03. ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
 04. 裸足の女神
 05. Wonderful Opportunity
 06. 光芒
 07. 月光
 08. 恋心 (KOI-GOKORO)
 09. OH! GIRL
 10. イチブトゼンブ
 11. ねがい
 12. 星の願いを(松本さん)
 13. ALONE
 14. LOVE PHANTOM~HINOTORI
 15. Real Thing Shakes
 16. juice
 17. BAD COMMUNICATION
 18. Pleasure 2018~人生の快楽~
 19. Brotherhood
 20. ギリギリchop
 21. RUN