ホンダの新春初売りに行ってきました。

息子の琴線に触れた初ホンダのチラシ

ホンダの場合、年明け直後に開催する「初ホンダ」や「Enjoy Honda」「ハーベスト・ホンダ」など年に2~3回のペースで大きなイベントが主にアクセスサッポロにて開催されます。
私は18歳からホンダ車に乗り続けており、通常整備などもディーラーに出していることもあって、販社が開催するイベントのチラシは必ず郵送されてきますが、郵便チェック係の息子がチラシを見つけた瞬間に行きたいと言ったのが「初ホンダ 2019」でした。
img
行きたいと言った理由は、新型CR-Vを見たいからというわけでは無く、仮面ライダージオウとルパパトのショーを見たいからでした。

年明け2~4日にわざわざ出かけるのも面倒ではありますが、息子がどうしても見たいというので行くしかありません。特に仮面ライダージオウは、以前姿を見る事しかできなかったですし、他のイベントと比較して観戦に対する競争があまり無さそうなので、重い腰を上げてアクセスサッポロに向かいました。

実は初めての初ホンダへGO!

初ホンダ 2019

私のCR-V(DBA-RM4)は総走行距離が13万km目前と一般的な視点では過走行に分類されますが、現在までのところ深刻なダメージを負ったことは無く、前の車が28万kmを超えるところまで乗っていたので、現時点で車を積極的に買い換えるスタンスではありません。
加えて、仮に今この瞬間に車を買い換える必要が生まれても、いくらホンダ好きとは言え魅力が乏しい割に価格だけは高いホンダ車を優先して考える事はないでしょう。

そんなこともあってメインである新車の展示には目もくれず、予想通りそれほど混雑していないショー会場に向かいます。
待機している間、初ホンダ会場内で販売されていたポップコーン(美味しかった!!)や輪投げゲームなどをしていましたが、子どもが楽しめる仕掛けをすると親も長時間滞在せざるを得えず、結果的にホンダ車を見て回る事になるので、上手いよなぁと思いながらもオデッセイをまじまじと見つめていました。
MVIMG_20190102_133713

仮面ライダー ジオウの登場

仮面ライダージオウは、平成以降の仮面ライダーからライドウォッチというアイテムを受け取り、その力を使ってアナザーライダーを倒す内容(ショー時点までの概要)であるが故に、このようなショーではどういったシナリオで来るのか疑問に思っていました。
結果的に全く異なる敵が出てきた事で一件落着しましたが、大人の事情を知らない3歳児にとっては、なぜアナザーライダーが出てこないのか最後までモヤモヤしていたようです。

それでも、ジオウやゲイツが一生懸命的と戦う姿に、息子は「頑張れ~~!!」と大声援を送ります。
MVIMG_20190102_141133
大人目線でもかなり格好良いと思えるジオウですが、ショーで見るとよりカッコよく見えます。ショーの内容も頑張って考えられており、理解できる大人が見ればそれはそれで楽しめるモノだったので、私も嫁さんも実はかなり満足しました。
MVIMG_20190102_141937
最後には希望者全員がジオウやゲイツと握手ができ、姿を見るだけだった前回とは息子の満足度も全く違いました。大人も子どもも憧れの存在に会うときは一緒だな、と妙に納得。
MVIMG_20190102_144709

2日後、ルパパトが登場

2日後の4日、再び初ホンダ訪れました。私自身は仕事があり行けませんでしたが、嫁さんと息子はかなり楽しんできたそうです。
IMG_4576
シアターGロッソで見た素顔の戦士公演用に嫁さんが作ったパトレンXの服を着ていったため、結構注目を浴びたようです。嫁さんは周囲の反応にかなりご満悦だったらしく、無事承認欲求を満たせてきたので家庭の平和の為にも非常に大切なイベントとなりました。
IMG_4578