明けましておめでとうございます。

「2020年」という節目の年

2020年と見聞きすると、遥か未来に到達した様に感じます。2010年代は、皆様にとってどのような10年間だったでしょうか。

今年から始まった2020年代という新しい10年、社会的変化と身の回りの環境変化がどうなるかは全く予測がつかない状況ですが、平穏無事に過ごせれば最高だなと思います。

思っていた様な「2020年」なのか

現時点の自分の人生は、周囲の支えもあってかなり恵まれた環境の中にあります。普通に仕事をし、結婚した子どもがおり、持ち家に住んで車を所有している家庭を築けている事実は、私自身をこれ以上ないほどに勇気づけています。

しかし、先程も書きましたが、2020年と見聞きすると遥か未来に到達した様に感じるものの、社会全体の実態としては2010年とそれほど大きく変わっていないようにも感じます。

我々は2010年前後に普及機に入ったスマートフォンという物体を相変わらず持ち歩いていますし、車はしっかりと4つのタイヤが地面につきっぱなしですし、FAXすらまだまだ現役で頑張っています。
そういった意味で、2020年になっても思ったほど革新的な世界にはなっていないし、きっと2030年もそうなのでしょう。

また、2010年代の日本は、2011年の東日本大震災を皮切りに多くの自然災害に悩まされ続けた10年と言えると思います。各所で復旧・復興活動が行われていますが、環境変化などを含めて2020年代も(少なくても日本は)自然災害との戦いを繰り返していくでしょう。

対して、この10年で生活に関わる部分で大きく発展したのは、SNSでしょう。日本では、スマートフォンの普及と東日本大震災の発生を契機に爆発的に広がり、特にTwitterに関しては一つのライフラインとして活用できるほどになったと感じます。

ただ、総じて1990年代や2000年代に思い描いていた「2020年」と、実際の「2020年」には大きな隔たりがあり、考えていたような未来に自分がいる感覚はありません。

「2020年」という節目の年の私

私自身の2010年代は、海外居住、就労、結婚、子ども達の誕生など私の人生にとって本当に大きな変化が起こりまくった10年となりました。

その瞬間瞬間を慌ただしく過ごしてきたこの10年は、私にとって大きなポイントとなる10年でもありました。そして、今年からの10年もまた大きなポイントとなる予感がしています。

卒なく過ごせれば良いですが、果たして10年後の2030年になったとき、ここに何を書く事になるのか楽しみでもあり不安でもあります。

「2020年」の当ブログ

当ブログは2014年6月からスタートしており、2010年代に起きた主な出来事の半分はココに記載してある事になります。

思い返せば、2014年にブログをスタートした当初は、比較的自分の時間を多く確保できていた時期で、数多い趣味もそれなりにこなしていました。
ところが、歳を重ねるに従って段々と時間がなくなっていき、特に昨年秋頃からは本業がこれ以上無いほど多忙となった事もあり、当ブログないしTwitterにログインすらしない日々が多くなっています。



とは言え、実は少しずつではありますが、その裏で溜まりに溜まったネタを遅まきながら公開していく作業は続けています。また、これは個人的な事ですが、元々当ブログは個人用の備忘録として活用しており、後々見返した際に混乱が生じないように日付適正化作業も同時に進めています。

今年は、しばらくの間は昨年秋頃からの本業の多忙が尾を引く予定ですが、一段落すれば昨年11月以降に溜まっているネタの公開や、2017年~2018年に公開した記事の日付適正化作業をスピード感を持って進めて行きます。