久々にクラウドファンディングサイトで投資?をしました。
【関連記事】我が家に来た 東芝 dynabook AB75/RGSD

GPD Pocket2

昨年、アメリカの大手クラウドファンディングサイトであるIndiegogoを通じて、「GPD Pocket」という名前の通りポケットに収まるほどの超小型サイズのPCがリリースされました。
実は私も「GPD Pocket」を真剣に検討はしていたものの、その時点ではまだSONY VAIO Tap11が稼働中だったので見送っています。

ところが、今年に入ってTap11が不慮の事故により逝ってしまったため、関連記事に記載した様に「私専用モバイルノートPC」を新たに探す必要を感じていました。

そして、ちょうど関連記事を作成しているタイミングで見つけたのが、「GPD Pocket2」です。私は下記の理由から私にピッタリなPCだと感じ、即購入を決断しました。
ちなみに、現時点では製品化は確定したもののまだクラウドファンディングの最中で、おそらく今年中には手元に届くことになるかと思いますが、具体的な日付はわかりません。
a4hbhsuu4ycvwoalpavd

GPD Pocket2を「買い」と思った理由

すでに我が家にはデスクトップPCと15.6インチノートPCはあるものの、性能自体は多少低くても持ち運びが容易な仕事でも使える「私専用モバイルノートPC」を欲していた私には、「GPD Pocket2」はこれ以上ないほど完璧な存在だと思いました。

① 圧倒的な価格優位性

私が購入した「GPD Pocket2」は高性能な メモリ8GBタイプですが、先行予約販売時点で購入した事により599ドル(現在は609ドル)でした。
日本国内代理店では、通常価格8万5450円で販売されるとのことなので、かなり安いと言えます。但し、なにか問題が発生した場合には、こちらも英語で対応することになります。

② 圧倒的なコンパクトさと必要十分な性能

画面が7インチ(マルチタッチ、1900×1200、IPS)とスマートフォンより少し大きい程度とパソコンとしてはかなり小さいサイズなので、筐体自体も手のひらサイズ(181×113mm)と言って過言ではないサイズを実現しており、重量は500g以下となっています。
画面サイズが小さいので「GPD Pocket2」単体で細かい作業を行うのは非現実的ですが、ほぼそのような作業か発生することはないでしょう。

超コンパクトな筐体には、Intel Core m3-7Y30、8GBメモリ、128GBストレージとゲームさえしなければ実用上全く問題の無いスペックが入っています。
また、排熱に関しては俗にいうファンレスではなく、きちんとした冷却性能がいるとのことなので長時間使用してもパフォーマンスダウンが最小限に抑えられています。
prxi0fvjrfx6yoff3k01
(出典 : Indiegogo GPD Pocket2

③ ビジネスシーンに最適な構成

GPD Pocket2」を購入するに当たって、最も重視したのはWindows10が搭載されている点です。これがAndroidを始めとした別のOSであれば、絶対に購入しなかったでしょう。

コンパクトな筐体であるが故に、電池持ちに関してはおそらく3~4時間程度(公称6~8時間)でしょうが、プレゼンや会議を1本こなすには問題ありません。また、モバイルバッテリーからの充電に対応しているので、ACアダプタを持ち歩かずとも電池持ちで苦労する事は無いはずです。

拡張性に関しては、USB Type-C、USB Type-A×2基、microSDXCカードスロットが搭載されているので、直接的なデータのやり取りで困ることはなく、USBメモリなど保有している資産を有効に活用できます。
fyv0rsgpsep3ybrv4q1p
(出典 : Indiegogo GPD Pocket2

④ 安心感を生むType-Cの存在

コンパクトな筐体なので全ての端子を搭載することは不可能ですが、USB-TypeCにハブを介せば、HDMIなど様々な機器を接続する事が可能です。私としてはモバイルノートだけでプレゼンが可能である事が絶対条件だったので、この拡張性の高さは安心に繋がります。
se0tumfruz6na5a3pgvd
(出典 : Indiegogo GPD Pocket2

GPD Pocket2 更新情報 ※随時更新

7月末に購入して以降、GPDからかなりの回数に渡って更新情報が届いています。Indiegogo GPD Pocket2内にあるUPDATESに記載されている内容ですが、更新され次第順次以下に追記していきます。

UPDATE#1_180801

外部モニタに接続する方法と規格が更新されました。USB-TypeCにハブを接続すると、HDMI(4096×2304、24Hz)かDisplayPort(3840×2160、60Hz)で接続が可能になります。

UPDATE#2・3_180806

Windows10を搭載しているGPD Pocket2ですが、Linuxを動かすことも可能だそうで、その紹介動画が更新情報として届きました。

UPDATE#4_180810

最新のファームウェアのダウンロードが可能になりました。

UPDATE#5_180813

Windowsの自動アップデートを接続ブロックするソフトウェアの紹介が届きました。

UPDATE#6_180814

GPD Pocket2に封入される電源についてのお知らせです。日本を含むアジア圏は、US Plugが封入されるようです。GPD側は、送り先の国によってフラグを選択するため、心配は無いとのことです。
これは、ここ数日で掲示板にプラグに関する問い合わせが殺到した事への対応だと思われますが、私も日本では2ピンのUS Plugだという情報を送付しました。

UPDATE#7_180814

紹介IDを含めたURLからGPD Pocket2のページへ飛び、1つ売れればバッグ、10個売れれば256GB Micro SDXCが貰えるキャンペーンの情報です。SNS等で広めてくれという事でしょう。

UPDATE#8_180820

幾つかの日本のメディアで取り上げられたようです。
① ITmedia、② excite、③ impress、④ グノシー

UPDATE#9・10_180820

日本語でGPD Pocket2の詳細情報を見られるようになりました。私が見た限り、機械翻訳で精度はかなり甘いですが、言いたい事はほぼ理解できます。日本からのオーダーがかなり多いようですね。

UPDATE#11_180822

キーボードを組み立てている動画の紹介です。きちんと製造を開始しているというアピールでしょうが、GPDは実績があるのでそこはあまり心配がいらないと思います。

UPDATE#12_180825

大量生産を目前にして、製造ラインのテストを行っているようです。また、GPD Pocket2における3D描画テストをしている動画が公開されました。

UPDATE#13_180828

クラウドファンディングが残り16日となりました。というお知らせが届きました。

UPDATE#14_180829

GPD Pocket2のレビュー動画が公開されました。

UPDATE#15_180831

香港国内向けの製品は、すでに配送を開始するところだそうです。日本を含む海外向けは、クラウドファンディングが終了後に配送が開始されるとのことです。

UPDATE#16_180904

クラウドファンディングが残り9日となりました。というお知らせが届きました。

UPDATE#17_180907

クラウドファンディングが残り6日となりました。というお知らせが届きました。

UPDATE#18_180907

最新のファームウェアとドライバ-パッケージが公開されました。

UPDATE#19_180908

ドライバ-パッケージが更新されました。

UPDATE#Ending Soon_180909

クラウドファンディングがもうすぐ終了するので、ご興味のある方は是非GPD Pocket2をゲットしてください。

UPDATE#20_180911

クラウドファンディングが残り2日となりました。というお知らせが届きました。

UPDATE#21_180913

クラウドファンディングが残り6時間となりました。というお知らせが届きました。

UPDATE#22_180917

logistics informationについて、DHLで確認して下さいというお知らせが届きました。
但し、現時点で私の筐体のトラッキングNoは不明で、おそらく配送された後にIndiegogoから別途メールが届くようです。今回のお知らせはかなり情報不足でした。

Following up on your contribution_180919

GPD Pocket2は、トータルで$1,893,500 USD の資金を集め(目標額対比1893%)、延べ3153人が支援をしたそうです。

UPDATE#23_180921

レザーケース(約30ドル)の宣伝が届きました。

UPDATE#24_180930

ファームウェアやドライバーがGoogle Online Diskに置いてあるようです。

UPDATE#25_180930

中国の祝日により、10月8日迄休業となるとの事です。日本向けについては、TELEC認証がまだ降りていないので、10月中旬以降に配送が開始されるようです。

UPDATE#26_181012

Windows10 v1809 versionをインストールすると、オーディオドライバが消失する問題が発生したようです。

UPDATE#27_181013

タッチパネル関連で問題が発生した場合、ドライバを再インストールするように案内が来ました。ドライバ関係で幾つかの問題が出ているようです。

UPDATE#28_181017

いよいよ日本向けの出荷が始まったようです。

UPDATE#29_181019

GPD Pocket2はLinuxを動かす事ができますが、Ubuntu MATE teamがGPD Pocket用にカスタマイズしたモノも存在するようです。

UPDATE#30_181025

10月26日より日本向けの出荷が始まるようです。おそらくコントリビューションナンバー順に送付されると思うので、私のはいつになるでしょうか。

Indiegogo shipment for GPD Pocket2_181026

私の筐体が出荷されたようです。(10/30現在ではTracking Detailsが確認できません。)

UPDATE#31_181029

ZMI(Xiaomi)製モバイルバッテリ-の購入リンクが届きました。特にこれを買う意味は無いと思います。

GPD Pocket2 到着_181031

GPD Pocket2が我が家に届きました。使用感を含めて、後日(1ヶ月後くらい?)に記事を書きたいと思います。

UPDATE#32_181113

GPD Pocket2がオフィシャルストアで購入できるようになりました。



(Last Editing Date : 2018 / 11 / 16)