見たことが無いステッカーを貼っている車が停まっていました。

外国の方が運転しています

aa
明らかにレンタカーを外国人が運転していることを示す非常にわかりやすいステッカーですが、私は初見でした。

観光産業が旺盛な北海道では昔から外国人がレンタカーで旅行をする光景を見ることがありましたが、近年ではより多くの方がレンタカーで旅行をしていると感じます。
これまでレンタカーの利用は欧米系の方々が中心でしたが、ここ1・2年はアジア圏の方々の利用もよく見かけるようになりました。レンタカーで観光される方が増えるのはとても喜ばしい事です。

データ的にも、昨年度(2015年度)の外国人観光客のレンタカー利用は約4万1000台(北海道)と平成24年度のおよそ4倍と実感を裏付けています。

私自身は外国人の運転を危険だなと感じたことはあまりありませんが、不慣れから来る事故は起こりえることです。データ的にも、2015年の外国人が運転する車の事故率は2.5%(日本人の約3倍)と残念ながら利用者の増加に比例して事故も増加しています。

そのため、日本人運転者の外国人運転者に対する配慮を促し交通ルールの違いなどからくる交通事故の防止につなげていく取り組みの1つとして、北海道がマグネット式ステッカー2500枚を作製し道内レンタカー会社に配布したものが今回見たものです。
この取組はインバウンドが多い沖縄で先行し北海道でも導入されたらしいのですが、先日初めて見た時につい写真を撮るくらい利用が少なく、現時点では効果は限定的であると思います。

雪国の特殊事情というやっかいな存在

ステッカーが周知されていない事によって効果が限定的である事より、実はステッカーの有無に関係のない「冬の北海道」という部分が最も注意するべきポイントです。

冬というキーワードは、同様の取組みをしている沖縄と決定的に違う点です。道民でも積雪や路面凍結などが酷ければ運転をためらう季節になると、地元ドライバーは初心者マークと「わ」「れ」ナンバーに近づかないのが鉄則になります。

雪を見たことが無い雪道運転の素人が冬の北海道をレンタカーで運転するのですから事故るのは必然と言えますし、これは決して北海道だけの問題ではなく東北や関東などでも将来的には懸念事項となるでしょう。

巻き込まれない為にステッカーを貼らせる事に意味はあると思いますが、根本的な問題の解決にはなっておらず、外国人運転者自身が事故ってしまう事には変わりありません。

効果を最大化するには

私が知る限り海外ではこのようなステッカーは存在しません。実際、レンタカーを借りる際も道路事情などの説明は一切ありませんでしたし、いきなり乗り慣れない左ハンドルのマニュアルを運転しなければなりませんでした。
つまり、海外ではこの類のステッカーが無いので利用者も馴染みが無いのだと思いますが、ステッカーを装着させるならその義務化と周知は必要です。

また、根本的に外国人に事故らせないようにする対策として外国人運転者に対する日本の交通ルールの周知徹底、及び冬期にレンタカーを利用する場合に基本的な実技訓練の義務化は検討するべきだと思います。レンタカー会社によっては冬期に外国人に貸し出す場合に簡単な講習をしているところもあるそうで、一定の効果は期待できるでしょう。

日本の道路事情は欧米と比較しても特殊ですし、アジア圏から来た観光客にとってもおそらくそうでしょう。北海道の場合は信号も少なく道路も広いため、夏期においてはそれほど心配をする必要はないと思いますがやはり冬期にはそれなりの対応が必要だと思います。