【随時更新】
新型コロナウイルス感染症の蔓延により、F1 2020年シーズンは当初の予定から大幅に変更されて開催される事となりました。
3月の時点で確定していた日程からガラリと変わってしまった事、また後日当初予定との比較が可能である様に、例外的ではありますが下記リンクの記事は残した状態で、再度2020年シーズンについての記事を作成する事にしました。

▼F1 2020年シーズン 当初予定(コロナ関連の追記有)▼


【関連記事】F1 2019 コースガイドF1 2019F1 2020 新車発表

F1 2020年シーズン 全XXGP一覧

【一覧】
※以下、文中で触れている各データの数値は、F1公式ホームページを参考にしています。
※公式アナウンスに沿って情報を追加していきます。
※Rd.1~Rd.8(2020年6月2日発表)については、無観客での開催となります。
※Rd.1~Rd.8に関する詳細は、公式サイト(英語)をご参照ください。

Formula 1 Rolex Grosser Preis von Osterreich

rusterrreich
(出典 : Formula 1Austria
開催日程 : 2020年07月03日~05日
開催場所 : オーストリア シュピールベルグ
コース名 : Red Bull Ring
走行距離 : 4.318 km ✕ 71 周 = 306.452 km
見た目は4本のストレートを繋いだだけで非常に簡単そうなサーキットですが、高低差が大きく路面には凹凸があるので実際の印象は難しいようです。
PUの性能差が大きく影響する上に、高速コーナーが多いので高い空力性能とスタビリティも求められるサーキットです。

オーバーテイクポイントは、3コーナーと9コーナーです。DRSが3本のストレートで使用できるため、かなりエキサイティングなオーバーテイクが見られるでしょう。

Formula 1 Pirelli Grosser Preis der Steiermark

rusterrreich
(出典 : Formula 1Austria
開催日程 : 2020年07月10日~12日(日本時間23日00:10レーススタート)
開催場所 : オーストリア シュピールベルグ
コース名 : Red Bull Ring
走行距離 : 4.318 km ✕ 71 周 = 306.452 km
第1戦と同じくレッドブルリンクで開催される第2戦は、第1戦から得られたデータを基に、各チームがいかにマシンを適正化させてきたかが見どころです。

Formula 1 Aramco Magyar Nagydij

hungaroring
(出典 : Formula 1Hungary
開催日程 : 2020年07月17日~19日
開催場所 : ハンガリ- ブタペスト
コース名 : Hungaroring
走行距離 : 4.381 km ✕ 70 周 = 306.630 km
よく壁のないモナコと形容されるようにコーナー多いレイアウトにも関わらずコース幅が狭いため、1・2コーナーを除いてオーバーテイクがほぼ不可能であり、退屈な展開が多い印象です。
オーバーテイクが難しいだけにセーフティカーやVSC導入後のリスタート時に勝負をかけるドライバーもいますが、ほとんどの場合成功する事はありません。

このサーキットは何よりも予選順位とトラックポジションが大切で、上位勢にとってはトラフィックの処理が問題となります。特に予選でトラフィックにハマると、上位勢でもかなり下位に沈むことがしばじは起こります。

ストレートが短いこともあってダウンフォースを多めにセッティングし、単純にコーナーが多いためにタイヤに関しては特に横方向の負荷が高くなります。

Formula 1 Pirelli British Grand Prix

briten
(出典 : Formula 1Great Britain
開催日程 : 2020年07月31日~08月02日
開催場所 : イギリス ノーサンプトンシャー、バッキンガムシャー
コース名 : Silverstone Circuit
走行距離 : 5.891 km ✕ 52 周 = 306.198 km
1950年にF1世界選手権が誕生し、その開幕の地として選ばれたのがシルバーストンです。高速コーナーが多いためにタイヤへの負荷が高く、このサーキットを代表するマゴッツ、ベケッツ、チャペルと続く高速コーナーを速く走るにはエアロダイナミクスが重要です。
ただ、ターン1・2、先に書いたマゴッツ~チャペルを含むターン7~13は、現代F1にとってコーナーというよりほぼ全開区間なので、高速コーナーという表現はそのうち消えるかもしれません。

長い間F1が開催されているサーキットだけに、全てのチームがかなりのデータを含む揃えており、何が起こる可能性は極端に低いグランプリです。

Emirates Formula 1 70th Anniversary Grand Prix

briten
(出典 : Formula 1Great Britain
開催日程 : 2020年08月07日~09日
開催場所 : イギリス ノーサンプトンシャー、バッキンガムシャー
コース名 : Silverstone Circuit
走行距離 : 5.891 km ✕ 52 周 = 306.198 km
第1戦・第2戦のレッドブルリンク連戦と同様、第4戦と第5戦はシルバーストンでの連戦となります。ここシルバーストンにおいては、すでに豊富な知見を基にセッティングされたマシンですが、連戦によってそれが更に研ぎ澄まされる事を期待しています。

Formula 1 Aramco Gran Premio de Espana

r5
(出典 : Formula 1Spain
開催日程 : 2020年08月14日~16日
開催場所 : スペイン バルセロナ
コース名 : Circuit de Barcelona-Catalunya
走行距離 : 4.655 km ✕ 66 周 = 307.104 km
例年シーズン前テストでも使用され、ほぼ全てのチームが1回目の大規模なアップデートを持ち込むサーキットですが、今年はその様相が一変しました。

タイヤへの負担も大きく、PUの性能も重要であるため総合力が試されるサーキットです。セクター1~2は空力が重要で、ダウンフォース発生量が多いセッティングとなっています。個人的に、毎年高いメカニカルグリップが求められるセクター3のタイムを見てドライバーの力量や車の性能などを推し量っています。

スタートから1コーナーまでが長く、決勝スタート時の順位変動が大きい傾向にあるのでそこに注目しても面白いかもしれません。

Formula 1 Rolex Belgian Grand Prix

belgian
(出典 : Formula 1Belgium
開催日程 : 2020年08月28日~30日
開催場所 : ベルギ- スパ、フランコルシャン
コース名 : Circuit de Spa-Francorchamps
走行距離 : 7.004 km ✕ 44 周 = 308.052 km
現代F1では突出して長い1周7kmのコースは、このサーキットの特徴の1つである「スパ・ウェザー」と呼ばれる急変する天候の影響によって、サーキットの一部だけが濡れていても他の部分ではドライといった事がしばしば発生し、タイヤ選択によるドラマが生まれやすい場所です。

現代F1では、全開率が約8割と驚異的な割合となり、平均時速は240km/hという超高速サーキットです。よって、何よりもパワーが出ていることが絶対条件となります。
また、高低差が非常に大きく、低速~高速まであらゆるタイプのコーナーがあるので、マシンの総合力も試されます。

オーバーテイクポイントは、ターン5・6・18となります。昔とは違いオー・ルージュをはじめ幾つかのコーナーは全開で駆け抜けるので、タイヤへの負荷も高くなります。

Formula 1 Gran Premio Heineken d'Italia


italy
(出典 : Formula 1Italy
開催日程 : 2020年09月04日~06日
開催場所 : イタリア モンツァ
コース名 : Autodromo Nazionale Monza
走行距離 : 6.003 km ✕ 51 周 = 306.049 km5.793 km ✕ 53 周 = 306.720 km
今年は見ることが出来ませんが、フェラーリの地元という事もあり、毎年ティフォシ(フェラーリの熱狂的なファン)が大挙して押し寄せるサーキットです。

4本のストレ-トをつなげた形からもわかるように、スパに続いてカレンダ-の中でも屈指の高速サーキットです。各チームは、モンツァ専用のエアロダイナミクスを開発・搭載してくるので、とても楽しみです。

オーバーテイクポイントは1コーナーで、とても見ごたえがあります。但し、ポールポジションから優勝する確率がかなり高いサーキットでもあり、実はオーバーテイクはほぼ1コーナーのみなので予選順位とトラックポジションが重要となります。

超レスダウンフォースとなるためタイヤへの負担が大きく、ダウンフォースに頼らないメカニカルグリップの優劣がハッキリと現れます。さらに、ストップ&ゴーの繰り返しとなるため、PUの性能差も如実に出てきます。

Rd.9 TBA

TBA
(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.10 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.11 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.12 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.13 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.14 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.15 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.16 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.17 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.18 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.19 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.20 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.21 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

Rd.22 TBA


(出典 : Formula 1、TBA)
開催日程 : TBA
開催場所 : TBA
コース名 : TBA
走行距離 : TBA
TBA

(Last Editing Date : ---- / -- / --)