昨年はマクラーレン・ホンダの惨状を見るのが耐えられず、あまり熱心にF1を見ていませんでした。今年は新参戦のチームなど見どころもあり、楽しいシーズンになる事を期待して新車を見てみます。
【関連記事】F1 2015 新車発表F1 2015

※以下、文中で触れている各データの数値は、F1公式HPを使用しています。

Renault Sport Formula 1 Team

言い訳はできないワークス体制。だが、初年度はコンサバな仕様で戦うしかない。

新車発表の寸前までドライバーラインナップでドタバタがありましたが、なんとか戦える状態で今年を迎えられそうなのが新生ルノー。新車発表時のカラーリングは、所謂ショーカーとして2015年型のロータスE23が塗り直されたでした。

おそらく、新生ルノーの2016年シーズンは2017年シーズンの為の開発期間として使われるでしょうから、成績等々にあまり期待はできないのかなと思います。

バルセロナ・テストでは暫定カラーリングのままではありますが、2016年型マシンが公開されました。やはり、2015年型をベースとした小改良程度でさらに言えばメルセデスパワーユニットからルノーパワーユニットへの変更がギリギリのタイミングだった事もあり、かなり妥協していると思われます。

2016年型の違いは、①コクピット周辺がレギュレーション変更に対応したこと、②ルノーパワーユニットへの変更に起因するリア周りの変更、程度でしょうか。

Red Bull Racing

孤高のコーナーリングマシンでカスタマー仕様のPUの差を覆せるか

昨シーズン、パワーユニットに関する騒動が最も注目された感のあるレットブルですが、それが開発にも影響したのは確実でしょう。

新車発表では2015年マシンに新しいカラーリングを施したショーカーが出てましたし、2016年シーズンはパワーユニットがタグホイヤー(!?)という斬新さです。
カラーリングは個人的にはかなり好みですし、かなりファンキーです。パワーユニットはルノー製という事に落ち着きましたが、中身がどういうスペックなのかが気になります。

正式な2016年型マシンであるRB12は、サイドポットや特にエンジンルーム周りがコンパクトとなり、サイズ・ゼロコンセプトのようになっています。
リア周り以外のコンセプトは、基本的に2015年型から変更はありません。ここ数年は一貫したデザインポリシーを持っており、空力的な性能では1・2を争う競争力を持っていると思います。

Williams Martini Racing

苦手の中低速域をどこまで克服してきたのか。古豪の完全復活を担うマシン 

ちゃんと2016年用マシンを発表したウィリアムズですが、当然テストから開幕に向けてのアップデートはやってくるようです。ここ2年で競争力を取り戻した古豪は、勢いに乗って頂点に挑めるかが焦点となるでしょう。
2016年マシンであるFW38は、昨年型FW37の弱点を解消した仕様になっているようですが、ダウンフォース不足をどこまで克服できているのでしょうか。

レギュレーション変更に適合した以外は、サイドポットの形状が今期型のメルセデスパワーユニットの要求によって変更されている点が主だった変更に見えます。
また、近年は慢性的な資金不足に悩まされており、シーズン後半に向けてアップデートが適時入れられるかがキーとなります。

Scuderia Ferrari

 脱アロンソ。コンセプトを大幅に変えたニューマシンでメルセデスに挑む

20年ぶりに赤と白のカラーリングとなったフェラーリ。昨シーズンは3度優勝しグランプリを盛り上げましたが、今年はそれをさらに進化させ、サスペンション形式の変更などかなりコンセプトを変えて挑む2016年はどこまでメルセデスの牙城を崩せるかが期待されます。

マクラーレン・ホンダとは違った形でサイズ・ゼロコンセプトを載せてきたと噂させるパワーユニットですが、全体的にシャープな印象のマシンは見た目ではかなり良さそうに思います。
吸気口周辺の形状が特徴的なものになっていますが、パワーユニットのコンセプトが変更されたために車体後部はかなり変更があったのでしょう。

ノーズ周辺は、2015年型のザウバーに似ている印象があります。

Mercedes AMG Petronas Formula One Team

3連覇を狙う正当進化マシンで死角なし 

向かう所敵なしといった状態が続くメルセデスですが、シルバーストンでシェイクダウンを行い動画を公開するという自信を見せつけています。また、ハミルトンが2016年型マシンW07を紹介する動画が公開されています。

昨年は弱点を露呈したGPもあったメルセデスですが、今年はそのネガを潰した車にしてきたとのことで、当然ですが競争力は保持したままでしょう。

デザイン的には、一昨年のW05から正常進化を続けているといった印象です。2連覇をしている事もあり、一貫したポリシーのもと開発が進んでいるようです。
ヘルメット上の吸気口が大きい分、サイドポットはかなり絞られています。クーラーの配置の問題ですが、これはトヨタTF110から続き、昨年トロ・ロッソが昇華をさせたトレンドの一つとなっています。

McLaren Honda Formula 1 Team

 目標はQ3の常連となること。マクラーレン・ホンダの名前は、これ以上汚せない

失意の2015年シーズンを過ごしたマクラーレン・ホンダですが、起死回生の2016年シーズンとなるかが見どころです。特に、ホンダが製造するパワーユニットの問題が大きくクローズアップされ、ファンを失望させたホンダにとっては今年は勝負の年となるでしょう。

まず目を引くのがフロント・サスペンションの設計が思い切っている点です。現在の主流は、一昨年のメルセデスが採用した結合型のロアウィッシュボーンですが、2016年型のマクラーレン・ホンダはこの部分で独自色を出しています。リアは、サイズ・ゼロコンセプトのおかげで著しく絞られた形状になっています。

パワーユニットに関しては、昨年より200馬力向上したとも伝えられていますが、テストを見ているとようやく他のメーカーとほぼ同等無いしやや落ちる程度までは行けたと感じます。

車体側では去年はブレブレだったコンセプトを一本化し、バルセロナ・テストでも1回目と2回目で異なるボディワークを試すなど、開発力と資金力は問題が無さそうです。あとはマクラーレンとホンダが一体となり、サイズゼロをどこまで手懐けられるかでしょう。

Haas F1 Team

資金力、開発力、経験に問題は無し。近年稀に見る有望な新チーム。

2016年シーズンから新規参入を果たしたハースですが、フェラーリのセカンドか?と噂されるだけあって、競争力がありそうな雰囲気を持っています。

まず、フロントウイングはほぼ同じだろ!と言いたくなります。ノーズこそ違いますが、ウイングやダクトのデザインは同一のコンセプトと見て良いでしょう。
また、リア周りは構造からパワーユニット、トランスミッションまで同一のものを使用するため、必然的に似たものになります。

ただ、全てがコピーというわけではなく、細部には独自のエッセンスが効いているマシンですので、フェラーリとの違いを見るのも楽しみの一つになります。

Manor Racing MRT

メルセデスPUの力を借り、テールエンダーからの脱却を図る 

2016年型マシンをバルセロナ・テストで公開しました。パワーユニットをフェラーリからメルセデスに変更し、飛躍の年となるでしょうか。
全体的には、MNR1の延長線上にあるデザインとなっている印象ですし、細部ではここ数年のトレンドを入れたようなイメージでしょうか。このマシンでどこまで行けるのかはわかりませんが、断トツ遅いというわけでもないと思います。

Scuderia Toro Rosso

爆発力のある若いドライバーとフェラーリ製PUで先頭集団に挑む 

2016年型マシンをバルセロナ・テストで公開しました。パワーユニットをルノーからフェラーリに変更した効果がどの程度なのか。また、毎年堅実な成績となっていますが、ドライバーの活きが良いだけにマシンが良ければ化けると思います。

パワーユニットは、2015年使用のフェラーリだと言われていますが、昨年のルノーと比較すればかなりマシでしょう。また、パワーユニットの変更に伴いリア周りは大幅に刷新されています。

デザインの方向性はメルセデスとかなり似ている印象ですが、フロント周りなんかは注目に値する処理をしていると思います。また、ヘルメット上の吸気口は昨年より進化を遂げ、3分割になっているようです。

Sahara Force India F1 Team

  侮れない開発力。前半戦の台風の目となりそうな予感。

2016年型マシンをバルセロナ・テストで公開しました。2015年型マシンからは、サイドポットの形状など細かい変更が見られます。
といっても、2015年型のBスペックがベースとなっており、そのポテンシャルを引き出すための変更で充分に戦える競争力を持っているでしょう。

資金的にはかなり厳しいと噂されていますが、2017年を見据え今年は中盤戦くらいまで頑張るのでしょうか。

Sauber F1 Team

危機的な資金難でも要所を抑える事ができる開発力

2016年仕様は画像での発表だけで詳細まではわかりませんが、大きな変更は無いかと思われます。