無線LANの安定は精神の安定だと思います。

年々増す無線LANへの依存度

今年初めに現在の住居へ引越しをして以降、電子機器に関しては「できる事は全て無線で!!」がキーワードとなりました。

電子機器の無線接続に拘る理由は、子どもが生まれた時にゴチャゴチャしたケーブルがリスクの1つとなり得る事と、新たにテレビ台(YRS-2100)を購入した関係で有線接続だとほぼ全てのケーブルを更新する必要があったためです。

引越し当初から現在まで、1LDKのアパートに居住していた頃から使用しているBUFFALO WZR-300HPを継続利用していましたが、BDレコーダー・PS4・テレビなど有線接続していた機器を無線接続に切り替えたことにより計12台の機器が1つの無線LAN親機にぶら下がっている状態でした。

WZR-300HPを導入した頃は、無線LANを利用して通信する機器はノートパソコンとスマートフォン程度でしたが、年々様々な機器で利便性や機能向上の為にインターネットへの接続を求めるようになりました。
今後この流れは加速すると見られており、数年内に冷蔵庫や洗たく機などにも通信機能が付加されて外出先からの操作などが可能になってくるでしょうから、益々無線LANへの依存度は高くなっていくと予想されます。

深刻化する無線LANの不調

現在12台もの機器のインターネット接続を一手に管理する無線LANは、我が家にとって電気・ガス・灯油・水道に並んで重要なインフラの1つと言っても過言ではありません。

しかし、すでに購入から数年が経過し引越し前からトラブルが出始めていたBUFFALO WZR-300HPは、最近になって全く通信できなくなる事態が頻発して再起動してもまたすぐに電波が途切れるようになりました。

実はインターネットに接続できなくて本当に困るのはパソコンやタブレット端末だけで、あとの機器は付加機能を利用するためのインターネット接続なので使えなくても何とかなります。
ただ、BDレコはインターネット接続をする事で外出先から録画予約が可能になったりと、その付加機能が非常に便利なので今更後戻りはできません。

無線LANの不調で様々な支障が出てきた事に併せ、1LDKから4LDKと住居もかなり大きくなった事などもあり無線LAN親機の買い替えは喫緊の課題となりました。

各社のハイスペックモデルを比較検討した結果

BUFFALO WXR-1900DHP

be1fb99d
今回の機材の選定に当たり、これまで無線LAN親機はずっとBUFFALO社製を使用していたものの同社製はトラブルも多く違うメーカーにしようかと真剣に検討しました。
しかし、設定方法などが全く変わるのは非常に面倒に感じたので、結局は慣れ親しんだBUFFALO社製の中からBUFFALO WXR-1900DHPを選定しました。

無線LAN親機を選定するに当たり、最大速度(理論値)はあくまで目安にしかなりません。当然速いに越した事はありませんが、記載通りの速度が出る環境はまず無いと言えます。
ただ、基本的に速い機械ほど高価ではあるものの多くの機器を接続したときの安定性が高い傾向にあり、選定する上での参考の1つになります。
ちなみに、BUFFALOの場合だと「記載の利用人数×3台」が無線LAN親機に接続して快適に使用できる機器の台数となるので、例えば我が家の様に12台の機器を接続する場合は利用人数が4人以上のモデルが必要です。

今後は無線LANを利用して付加価値を高めた機器が急速に増加してくると予想されることから、益々無線LAN親機の性能は重要になり、特に最大で何台常時接続させて捌けるかは今後もっと大きなトピックになっていくと思います。

BUFFALO WXR-1900DHPの使用感

いいねヽ(=´▽`=)ノ
  • スタイリッシュな本体
  •  約100m3全体をアクセスポイント無しでギリギリカバー可能
  • 過去の同社製品より安定性が高い
  • SSIDごと環境を移行できるので、同社製品からの乗り換えが非常に楽
う~ん(´・ω・`)
  • 通信速度がほぼ上がらない(WZR-300HP対比)
  • 電波強度に大きな差はない(WZR-300HP対比)
  • 特定の動作において、通信がダウンする(10枚以上の連続印刷など)
  • 本体サイズがやや大きいので、設置箇所が限定される
深刻なダメージがあったWZR-300HPからの買い替えなので、動作は非常に快適になりました。但し、無線LAN親機の設置場所などの関係もあるとは思いますが、引越し直後に以前の機械で測定した速度や強度にあまり変化が無かったのは残念です。

無線LAN親機は、民生用であれば大体どのメーカーのどの製品でも3~5年で劣化が酷くなると聞きますが、私の経験では2年を過ぎたあたりから不具合が発生してきます。
BUFFALO社製がそうなのか、例えばNEC社製は快適なのか、その辺を見たいと思ってますが結局は環境を移行させる手間を考えると、ずっとBUFFALO社製になりそうな気もします。

【追記1706】ネットに繋がらない

導入から1年半程度は大きな問題も無く快適に使用できていましたが、先日から週に1回程度の割合でインターネットが切断されてしまう症状が出てきました。
WXR-1900DHPは当時のほぼフラッグシップモデルですが、約1年半程度で不具合が発生した事は非常に残念でなりません。

現在は自宅全体をTP Link社製の無線LAN親機でカバーしているのでWXR-1900DHPはリビング設置して接続する機器の数を分散させ、無線接続だった機器の幾つかを動作の安定性を重視した結果有線接続としたので無線接続は常時3台(MAX6台程度)と負荷はかなり減少していると思います。

現状ではWXR-1900DHPを再起動させるだけでインターネットへの接続が回復するので、100%この機械が原因であると思いますが、しばらく様子を見たいと思います。
【関連記事】TP Link AC1200 Archer C55

(Last Editing Date : 2018 / 07 / 19)